スピリチュアルな清浄さを保つためのプログラム

あなたは今、はてしない、永遠の、広大な入り口に立っています

本当の願いを見出せない痛み

スピリチュアリティを育むことを、真の自我、より大きな自分に新しく神性を加えていくことだと考えてみてください。神性とは愛や奉仕、思いやりや慈悲、信頼やゆだねること、勇気や情熱といった人間のハートの庭で育つ美しい質のことをいいます。

地上生活そのものの目的は、居眠りしている魂が目覚め、どうしても果たしたい人生のテーマや生きることです。いまだ切実になれず、自分が何のために生まれて今生きているのか……そのことに気づけないことこそが本当の痛みなのです。

霊的な真実に目覚める道を歩みだすと、多くの挫折を経験することがあります。人間は脆さや弱さ、見栄や偏見、頑迷さや信念を多くもっているからです。真理を守るために一歩を踏み出したなら、かつて自分を支えてくれた世界から突っぱねられるのを覚悟しなくてはならないでしょう。

自らの真実を生きるとき、今でも愛し、尊敬している人のもとを去らなくてはならないこともあります。スピリチュアルな求道者は古い生活のパターンを捨てて、真の魂の願いを生きるよう選択をせまられる道の分岐点と必ず出会います。勇気の源に、自分の歩む道が善であるという力強い確信が必要です。

このページでは、「スピリチュアルな清浄さを保つためのプログラム」として行うとよいと思われるものを紹介しています。ただし、ルールではありませんのでこのプログラムを行わなければいけない決まりは何もありません。道に迷う方に参考になれば幸いに存じます。

魂が促すものに従う歓びは何にも代えがたいものです。導きとなる声を聞くことができるようになることは最も賢明なパートナーと出会ったことと同じです。清浄さを保つためにプログラムは一つの指針ですが、私にとって何が正しくて間違っているのか、私たちが間違ったとしても責めることなく道を示し続ける、幸せだけを願ってくれている最も賢明なるパーナーの声を聞くことを助けてくれるでしょう。

このような方にオススメです

・心身の不快な症状が軽減され、スムーズにプロセスを進めることができる
・起こった出来事に感情や思考が振り回されることなく、穏やかにすべてを受け入れることができる
・集中力が増し、今なすべきことをすることができるようになる
・意識の壁を超えることができるようになる
・明晰性がもたらされ、判断や選択ができるようになる
・アストラル次元より高次元での明晰夢を見たり、宇宙とのコンタクトが行えるようになる
・自らの内に確信が宿り、落ち付いて行動ができるようになる
・サイキック能力や多次元的知覚が開く
・人生の主役に自らを取り戻すことができる
・スピリットとのつながりが深まり、魂の導きにうながされるようになる

次元について

次元というのは意識の粒子のことです。私たちの意識レベルが高くなるほど、多くの次元にアクセスすることができるようになります。肉体を含め物質は光が密集してできていますから、意識レベルがあがるにつれて光を多く受け取るようになります。

これはとてもエキサイティングな体験ですが、プロセスの途中で不快感や、大きな不調、苦痛を体験することも少なくありません。スピリットが成長し魂と一体になろうとすると、変化を嫌う肉体の意識が抵抗をするからです。これは古くから人間の意識やエーテル体に組み込まれた上昇への抵抗、高次波動や光の受容をブロックする構造のために起こります。

この構造を除去することで、覚醒のプロセスで起こる症状を軽減し、より明晰な思考やサイキックな知覚をもたらし、神性とのつながりが深まるようになります。多次元にアクセスしていく過程をできるだけスムーズに行えるように、日常生活における浄化のプログラムや、オーラクレンズ、カルマクリアを行うことをおすすめします。

自分が変わっていくとき、濃密さや古い現実の映像、苦労や抵抗、疲労、時代遅れの遺伝的な符号などを解消し、平和やスピリットとのつながり、信頼、ゆだねること、恩寵といった今必要なものを注入します。

オーラクレンズ、カルマクリアなどについては「永続するヒーリングを可能にするために」(※リンクを貼ります)のページもご覧ください。クリアリングやエネルギー注入に関するコマンドコードは、セッションや必要なときにお伝えしております。

体について

意識は魂だけではなく肉体にもあります。多くの人間が身体をいたわることを忘れ、傷つけるような生き方をしてきましたが、身体を大切にしないことこそがカルマ的な限界を体験させています。身体が欲しがっているものを食べなかったり、休みたがっているのに無理して働いたり、身体そのものを否定するような関係を築きがちです。

エーテルレベルで見たときに、皮膚から5㎝ほど離れたところに「エーテル性青写真」と呼んでいる身体があります。この身体は7次元、6次元、5次元、4次元の構造を持っていますが、これらの身体の中にカルマ・パターンのほとんどが蓄積されているのです。そこでは、人間にカルマ的な体験をもたらす各エネルギー体への働きかけが準備されています。また、肉体が「光」を吸収できる量を制限して、DNAがいつでも活動できるようにしているのです。

5次元

ライトボディと呼ばれる構造が不活性の状態でありますが、この中にある「エーテル性クリスタル」はエネルギーの流れをブロックすることで、肉体が活性化しないように防いでいます。この分離のゲームの中で私たちのオーバーセルフや他の星の人々との直接的な連結から切り離すよう作用していました。これにより人間に脳の萎縮や死、老化がもたらされたのだといいます。これらのシステムにエネルギーが循環し、活性化することで、血液、リンパ、内分泌腺、神経系が「聖なるテンプレート」である「アダム・カドモン」(人間の原型。人間が本来もっている完全体をつくるためのテンプレートで、6次元に存在する)に再編成されるようになります。

6次元

物質やライトボディを形成するように整えるテンプレートあるいはパターンがあり、全DNAの符号が蓄えられています。つまり、あなたのDNAが何であり、どんな肉体形態をとるのかを決定するテンプレートがあるということです。

7次元

「神性さ」の体現のためのものです。肉体、またはアストラル体と、その聖なる青写真とのあいだの接点として働きます。

不足や損失、失敗を恐れての行動はカルマ・パターンによってもたらされるものですが、これらの行動を終わらせたとき、地上の豊かさは最初に意図された通り十分に現れます。カルマによってもたらされる独創性も生きがいもない人生のパターンで委縮していたら、いつまでも満たされることはないのです。

スピリチュアルな純粋さを保ち、カルマやオーラをクリアにするのは、本当の自分に気づき、今を十分に生き、生きたいと思うあらゆることのために生きるためです。それだけが、私たちを真の意味で支え、育み、癒します。自分の才能と豊かさを認めたとき、個人の目的と発展は人類、そして世界の目的と発展になります。

エンティティの解放

つまらない思考や考え、不安や制限も私たちが自ら生み出したものではなく、エンティティ(霊的存在)の影響の場合があります。

人間のエネルギー場は、アストラル界からのエンティティ(霊的存在)によって侵入されることがあります。本人が意識していてもいなくても、恐怖や必要にかられた瞬間に同意して受け入れてしまうのです。エンティティは多くの場合、私たちを身代わりに使って生きることの見返りとして、何かしら気が楽になるようなことを約束してくれます。アルコールや食べ物、タバコなどに嗜癖している場合、彼らの影響が考えられます。エンティティたちは分離と歪みに影響されているので、このような取引はまったく価値がありません。

中には怒りと暴力を本当に楽しむエンティティもいます。このような存在は言い争いやカルマ的な状況からエネルギーを吸い上げ、カルマをさらに強固にします。いざこざの絶えない人間関係が、憑りついたエンティティ同士の関係だったりすることもあるのです。

エンティティの解放は私たち自身をその影響から自由にし、次の進化の段階へ移ることを可能にします。ディヴァイン・ヒーリング、ソウル・トランスフォーメーションセラピー、オーラクレンズ、カルマクリアなど多くのセッションでクリアリングを行っています。

カルマ、カルマ的な刷り込みとは?

カルマはハイヤーセルフに反した選択をするとき、カルマ的刷り込み、ねじれたエネルギーパターンとして生じます。過去において神性の正しい秩序と異なる選択をしたことで生成された、ねじれたエネルギーパターンです。

カルマ的な刷り込みはあらゆる病の源とされていますが、それは人間のエネルギー循環システムの自然な流れを阻害してしまうからです。カルマはチャクラ、オーラ場に滞留し、身体的・感情的・精神的な病を誘発します。

私たちができる選択は、ハイヤーセルフに沿った選択か、沿っていない選択かのいずれかしかありません。沿った選択をすれば自分自身の意識の場へさらなる光を統合することができます。反する選択をすれば、カルマ的な刷り込み=ねじれたエネルギーパターンが生じます。

オーラクレンズ、カルマクリア

私たちが真の性質を抱擁し、光の多次元存在として生きることを妨げるものをすべて手放すために、神性なるブループリントを生きるために妨害となるものを手放すために、オーラクレンズとカルマクリアを行っています。

RINで行うワークはDNAを活性化させるものが多くありますが、活性化させる前にオーラの浄化とカルマの除去をしっかり行わないと、活性化したDNAに不純物が付着してしまい、光が入ってきません。そして、せっかく新たにDNAを活性化してもカルマのループを繰り返してしまいます。

オーラクレンズ、カルマクリア、オーラの付着物については「永続するヒーリングを可能にするために」のページで説明をしておりますので、ここでは簡単に説明をします。

オーラクレンズは、オーラ場に付着している、オキュパント、ポータル、憑依、ワームホールなどを、オーラ場や脳の神経回路網より量子レベルで取り除くことをいいます。不要なものが取り除かれることで、新しい周波数と共鳴する人々や場所、時間、出来事を引き寄せ、現実が変容していくでしょう。

カルマクリアの目的はカルマ的な刷り込みをクリアにすることです。私たちが輪廻転生をするのは自分自身のカルマを生きているからですが、受胎時にDNAを通して両親および祖先から遺伝的に受け継いだ、人間関係、仕事、お金、健康など、人生の様々な側面に影響を及ぼしている低レベルのエネルギー状態や、閉塞状態、自滅行動の原因、魂の分裂、カルマのループを除去します。

すべての妨害をもたらす付着物と、残骸エネルギーを浄化し取り除くことで、クライアント様のエネルギー場が安定し、安全であるために必要な修正をもたらします。浄化を維持し、魂のグランディングされた状態を保つために、すべてのボディの波動を最大限に恩恵をもたらす周波数へと上昇させます。

現実をつくるエネルギーの周波数

人生に現れているものは、自身の内部のエネルギー場から生じています。エネルギー場が特定の周波数をもたらし、同一の人、場所、時間、出来事を自分にもたらしています。

過去の感情的な体験がつくりあげたカルマ的刷り込みは、その体験の周波数を維持する形でエネルギーフィールドに維持されます。同じ問題が何度も繰り返されるカルマのループに陥る原因です。過去世や並行宇宙で起こったトラウマ体験であったならば、自分は問題の原因を思い出すことさえできません。

ヒーリングやクリアリングでは、カルマ的刷り込みのある多くの層を取り除いていきます。ねじれたエネルギーパターンと真逆の周波数をもたらします。ブロックの層が取り除かれていくにつれ、明晰さが増し、魂の意識と同調するようになるでしょう。

脱水症状、入浴

人体の80%は水分でできているので、脱水症状は多くの人の人士絵の中で問題となる事のひとつです。アルコールや珈琲、紅茶も脱水を引き起こしますし、身体をあまり動かさないライフスタイルは喉の渇きを感じさせにくくします。

自分にとって甘く感じる良質の水を摂りましょう。水道管を通った水は極性を失いエネルギーのない状態になっています。お風呂に入るときは天然の粗塩をお湯の中に入れて、変異の紫の炎とグレースのシルバー光線を注入し、美しい真珠色に輝く紫をイメージすると効果的です。

脱水症状、水分過多、水質問題を解決することで、気づきのすべてのレベルに大きな影響をもたらすことができます。

身体のデトックス

近年、デトックスという言葉も定着し気軽に行えるようになりました。人間の内臓はほとんどが消化と浄化のための器官です。食べ物を消化吸収し、排泄するということはとても大きなエネルギーを使う大変な作業です。食事をしたあとに眠くなったり、頭がぼんやりするのは、消化・解毒のためにエネルギーの多くが注がれているからです。

また、現代では食品添加物や薬、化粧品に含まれる合成成分の蓄積も見られます。とくに重金属の害は日本は先進国でもだんとつです。

デトックスは奥の深い治療です。ホメオパシーでは、かなり昔から水銀中毒に対するレメディーも用意されています。ただ、エネルギー的な療法なので実際に重金属が身体の外に出ているかはわかりません。エネルギー的なデトックスと同時に、物理的に外に出すデトックスも大切です。

デトックスは気軽にはじめられそうですが、慎重さを要するプログラムでもあります。ホメオパシー、ファスティング、断食など、正しい知識と経験のある人のサポートを求めたり、あわてずプロセスを楽しみながらゆっくりと進めていくことが大切だと思います。条件が整っていない人が行うと、具合が悪くなってしまうケースも見られます。

たくさんの健康法がありますが、現代に健康な人がそれほど増えたようにも思えません。自分に合うライフスタイルも健康法もひとりひとり異なります。あれを食べてはいけない、これをしてはいけないと制限だらけになり、楽しみがなくなってしまうのなら、それは健康とはいえません。

誠実に情報を発信している人の意見を参考に、自分に合わなくても否定せず、身体の声を聞きながら自分だけの健康法をつくってください。

部屋の掃除/場の浄化

静けさと清々しさに満ちた
部屋を清めれば
喜びを生きる力が湧いてくる
(『今このとき、すばらしいこのとき』/ティク・ナット・ハン・島田啓介訳)

優柔不断で決断をすることが苦手、いつも漠然とした不安を感じ、悩みに心が重たくなりがちな方はぜひ部屋の掃除をしてみてください。部屋は私たちの意識を映す鏡です。意識を整理したければ、部屋をまず整理することです。部屋の隅にたまった埃は無意識の表れだといいますが、実際に掃除をしてみると心と頭が澄んできます。

空間をエネルギー的に正常にしておくのは極めて重要なことです。部屋が片付くことで力と調和の波動がそこに集まり、部屋にいる人に明晰さをもたらし、神の秩序で祝福します。このような秩序はスピリチュアルな実践を積むのに支えとなるでしょう。その日、心が重くなるようなことがあっても、爽やかで静まった部屋の祝福は「今ここ」に帰るための気づきをもたらしてくれます。どうぞくつろぎながら掃除をしてください。

私たちは少なくとも半径約800メートル強にわたる範囲でエネルギー的な影響を受けています。セッションでは、クライアント様の生活環境や仕事環境、車中などのエネルギーを安定させるよう高次存在に特定の機能を依頼しています。

マンションやアパート、仕事場で、憎しみや暴力、敵対パターンや欠乏、苦難、希望のなさ、競争やストレス、他人のカルマ、隠蔽、コミュニケーションの不和などをはじき飛ばし、正直さや完全性、ヴィジョンや満足感、主権性や調和、ユーモアなど必要としているエネルギーを注入します。

これらの場の浄化に関して、人をあやつるためには使用できないことを留意してください。環境に特定のエネルギーが侵入するのを防ぎ、より高い可能性のためにほかのエネルギーを入りやすくするために行います。

意図と決断

オーラやカルマをクリアにするのは、意図や決断がより明晰性をもって発揮できるようにするためでもあります。決断を下すということは、神の意志を直接、行動に移すということです。人生の問題の多くは間違った選択をした結果ではなく、選択しなかったために起こります。はっきりと意図し、選択した結果に基づいて行動することで望む人生を創っていけます。

あらゆるレベルで決断し、正確に行動をするのがスピリチュアルなマスターたちです。瞑想とは明晰さの表れですが、日常が瞑想になれば、明晰な決断を反映し、人生は本格的に変わります。

決断にはリスクが伴うと思われているので、決断の仕方が大切です。確信し、決意して選択したことにコミットしていけば、望んだとおりのものが得られます。優柔不断で踏み出さないほど、人は力を失ってしまうのです。本当に人生を変えたいのなら、ひとつのビジョンの方向に確かな一歩を踏み出さなくてはなりません。間違った選択をして何かを失うのではないかと、望まない出来事を招くのではないかという恐れが決断の邪魔をします。それでも間違った選択でさえ学びです。人は間違うことで、本当に求める方向がわかるからです。

選ぶべきものがわからない場合は、最も理想と調和する行動をしてください。愛や奉仕、善意に基いた行動であれば、それは神の質を生きているということですから、間違った決断を下すことはありえません。最も純粋な目的を思い出し、それを行動に移してください。間違ったときは、その体験に感謝し、前に進みましょう。後悔は時間の無駄だからです。

場合によっては待つことが決断の場合もあります。心を静め、内なる声を聞く時間をもつことが大切です。内なる導きを聞くならば、待つことは弱さではなく、知恵の行動です。

決断することに慣れていない場合は、一週間、決断する練習をしてみることをおすすめします。質問にこたえ、どのように在りたいかを日常で誠実に実践してみます。あやふやな態度や優柔不断は生命力を奪ってしまいます。

他の誰も、あなたの変わりに決断をすることはできません。自分はどう生きたいか?何を人生に望んでいるのでしょうか?望んだ出来事はどのように人生に現れて欲しいでしょう……それを意図して行動したとき、宇宙のエネルギーはただちに整列し、その決断を形に表そうとします。

人生は下した決断を反映しているので、決断が対立や混乱であったならば、それが人生に現れます。決断したことを宣言することが大切です。思考・感情・言葉に気を付けてください。造物主の意志による共同作業での創造を、邪魔する恐れや不安を手放してください。

私たちを今日までずっと導いてくれた目に見えない存在たちが、私たちの見捨てることはありません。霊たちの背後には決して裏切ることのない神の力が控えています。すべての瞬間に対して自分自身にやさしく、おだやかに接してください。

どのような結果をもたらそうとも、決断と行動をした人生は自分が選んだ生き方です。私たちにはこの地上で成すべき仕事があります。自分が選んだ人生には喜びがあります。

PAGE TOP