Profile

プロフィール

東京都出身。ヒーラー、ソウルプラン・プラクショナー、アカシックリーダー。
大学卒業後、撮影業に携わる。自らも写真作品を作成するなどクリエィティブな活動に従事。
10代の頃に発症した精神病、身体面の持病が悪化、家庭環境の困難などが重なり退職。その後はベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンを知ったことにより、ヒーラーとしてのキャリアをスタートさせる。
代替療法、瞑想、心理占星術、古代の叡智について多くの師について学び、やがて祈りのもつ力に惹かれ、自らの日常とヒーリングワークに活かすようになる。
目に見えない存在と共同創造をするヒーリングを取得。
人が多次元的な存在であることを思い出し、人間観や世界観を新しい時代に向けてシフトさせ、ひとりひとりが自らの光を生きるよう魂の覚醒を促すサポートをしている。
人類の癒しと意識進化を援助する光の存在で構成されたメッセンジャー・オブ・ライトという意識集団をチャネリングする。
精神世界を探求し、とくに宇宙の魂を持つがゆえに道に迷い、困難を抱えている人たちを自らの根源とつなげる仲介役としても活動している。

OSHOの教えを受けたマスターたちから、瞑想により内なる真理が目覚めるよう体験を導いてもらう。
サニヤスとして生きる道へ。サニヤス名はBODHI SITARA(意識は星を超える)
・ ディヴァイン・ヒーリング・マスターキープラクショナー
・ ソウルプランプラン プラクショナー
・ ソウルトランスフォーメーション セラピスト
・ ソウルホログラム プロミィキシティヒーラー
・ オーラクレンズ プラクショナー
・ ミィスティカラヴィングタッチ ギバー

OSHOの考えるサニヤスについて
「サニヤスとは、何にも増して勇気を意味する。
なぜなら、それは、あなたが個人であるという宣言、自由の宣言、もはやあなたは群集の狂気、群集心理の一部にはならないという宣言だからだ。
それは、あなたは普遍的になるという宣言だ。そしてあなたは、どんな国家にも、どんな教会にも、どんな人種にも、どんな宗教にも属さなくなる」
Osho, Fingers Pointing to the Moon, Number 7

PAGE TOP