Roaming Sheep
故郷はもうないのだと知って泣く、天使の涙で船を出す

カルマ・ヨーガ①あなたの仕事がみんなを幸せにする

カルマ・ヨーガ①あなたの仕事がみんなを幸せにする

カルマ・ヨーガ①あなたの仕事がみんなを幸せにする

 

時代が変わり、もう今までのやり方では通用しないのだということに多くの人が気づき始めています。大企業に勤めれば安泰だと言われていたのも過去の話で、今の時代では大きな会社といえどもどうなるかはわかりません。

自分の歩みに自身が持てなくなる時、情熱や身体的な生命力が満たされないために困難にチャレンジしていくことができないとき。無理をしながら続けている人間関係や、生活のためだけにしている仕事。いつしか心が違和感を覚えて、「こんなんでいいのか」と、ひとつの疑問が次の疑問を読んで膨らみ続け、これから何をやっていけばいいいのか?自分を未来へと繋げていってくれるものは何なのか?そのようなことを考えだすかもしれません。

「私の魂の目的をどのように成就したらよいですか?」

そう尋ねる方はたくさんいらっしゃいます。自分の才能は?適職は何なのか?何をするために生まれてきたのかを知りたいという衝動、内なる神性さから質問をされるのですね。

今回は、5000年前の聖典「バガヴァッド・ギーター」のカルマ・ヨーガの教えから、「わたしの仕事でみんなを幸せにする」というテーマでお話をします。

 

 

魂としての人生の目的

魂の目的にはたくさんの側面がありますが、一番基本的なことは「存在する」ということです。神、あるいはソース(源)は、自分自身をそれぞれの存在へと複製し、自分を断片化していきました。それはあらゆる体験をするためです。

自分の夢を叶えるというとき、ほとんどの人が夢を叶える「自分」を勘違いしています。肉体や自己イメージ、日本人だとか妻だとかいう肩書や役割、揺れ動く心、すべてこれらは偽りの自分です。肩書は肉体に属し、移り変わる心は永遠ではないためやはり肉体と同じ物質とするのがバガヴァッド・ギーターの世界観です。この世界で生きていくために必要ではありますが、物質は永遠ではありません。

本当の自分は、永遠なる存在である魂という意識です。言い換えればそれは命というエネルギー。だから、肉体から意識がなくなれば死体となります。

この魂の望みをかなえる、魂のニーズを満たす、そのために仕事をすることをカルマ・ヨーガといい、わかりやすく言うと「あなたの仕事でみんなを幸せにする」ということなんです。あなたが働くことでみんなを幸せにすることがあなたの魂を幸せにする、それは「みんな」の部分を深く洞察していくと、自分の仕事を神との関係で理解をする、ということにつながっていきます。

この理解があれば、周囲からの反応が自分の期待するものでなくても、結果が得られなくても、試練のようなことが起こっても、「根本的な私の在り方」ができているので、足元がふらつくことはありません。情熱と冷静さを併せ持って、仕事をしていくことができるでしょう。

 

 

「みんな」を幸せにすること

第10節
創造の初めに造物主は人類と神々をつくり
各自にヴィシュヌへのささげ物(ヤグニャ:ここでは義務の意)をつけてこの世に送り出し
こう言って祝福した『汝らこのヤグニャによって幸いなり
これを達成すれば望むもの全部授けられ解脱に達する』

 

普通、「みんなが幸せになる」と言ったとき、それはあくまで人間社会のことを指しています。ですが、魂のベースで仕事を考えるようになると、自然界や神々まで含めた「みんな」が幸せになり、勝たせることができるようになると教典は教えています。

美味しいものは人と分かちあった方がより美味しく感じませんか?もちろんその前には自分がそれを美味しい!と喜びを体験していることが必要なのですが、分かち合う方が歓びが高い。歓びを分かちあうことこそ、魂のニーズである「愛する」ということであり、魂は本質的に動的なものですから、愛するというのはまさに魂のドライブなのです。

 

あなたは仕事をしていて幸せを感じていますか?
その仕事で家族を幸せにしていますか?
地域や社会、国や世界を私の仕事で幸せにしていると思いますか?

 

魂は永遠なので、地球や宇宙、このレベルまで歓びをシェアしてみんなを幸せにすることができるほど、キャパシティが広いのです。カルマ・ヨーガが教える「みんな」とは、人間社会の上にある自然界(神々・人間・動物・植物)、さらにその上の至高主をも含む「みんな」です。

現代社会の問題は、人間の利益だけ考えて築いてきてしまったことで、自己啓発や成功セミナーでも主に人間社会だけを対象にしたアイディアです。自然界や神に対して無知なので、無私をしています。これでは人間がいいように楽しむ、今での社会とそれほど変わりません。快適な暮らしを過剰に求め、結局は人間が苦しんでいる、それが現代社会です。

水をお金を出して買うなんて、昔の人が知ったら驚きますよね。水を汚してしまったから浄水器を、空気を汚してしまったから空気清浄機を買わなくてはいけなくなってしまいました。人間社会と自然界の間はカルマでつながっているので、自分がしたことが返ってくる、カルマの法則が働いたのです。

 

 

供養と天気の話

第11節
供養を受けて神々は喜び
神々もまた人を喜ばせよう
かくして互いに養いあって
世界はあまねく繁栄しよう

 

カルマ・ヨーガで大切なのが「供養(ヤグニャ)」です。私たちは自然界に養われているので、バガヴァッド・ギーターでは至高主まで含めて「みんな」といいます。人間社会・自然界・至高主は分かちがたく結びついているので、人間が至高主を喜ばせる仕事をすれば、至高主は雨を降らせ、雨によって穀物は育ち、すべての生物は穀物によって生きることができます。このように循環したエコシステムを古代はもっていたのですね。

バガヴァッド・ギーターの時代、人々はヤグニャをきちんと行っていたので、雨は夜に降り、朝になれば仕事をしていました。現代では雨が昼でも降るのが普通ですし、降りすぎたり、自然災害が続いたりしています。不自然な環境をつくり、その中で生きてきたので、自然を忘れてしまっていますが、自然は人間を忘れません。写真家の星野道夫さんが、風や木や、そういう自然の方が人間をずっと見ている、というようなことを言っていましたが、これは本当のことなのだと思います。

教皇フランシスコが長崎に来られた時、朝から雨が降り雷まで鳴っていましたが、ミサが始まるときには午前中とは打って変わって青空となり、虹まで出たそうです。世界の平和のために活動をする者は、ヤグニャにより神を喜ばせています。ヤグニャにより望むものはすべて叶えられ、とありますが、聖書にも「まず、神の国と神の儀を求めよ。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」という言葉があります。

私たちは寝ているときの仕事をしているときに大半の時間を使っています。それなのに、お金を稼いで、食べて、身体を維持して、年をとり、死んでいく……本当にそれだけなのでしょうか?もし自分が夢中になれることでみんなを幸せにできたら、仕事はあなたにとってどのようなものになるでしょうか?

たくさんの時間を費やしている仕事をヤグニャに使わない手はありません。「みんな」との関係性を理解して、自然や動物たちと共生できるようなこと、人々を喜ばせたり、励ましたり勇気づけたりすること、それを毎日の仕事で行うことで、神々は喜びます。

私たちの命を支える地球、そして至高主への感謝と喜びの恩返しとして、毎日の仕事を行うこと。これがカルマ・ヨーガがいうヤグニャであり、このヤグニャによって幸福な人生を歩むことができるのだと説いています。

この意識で魂が存在をしたとき、肉体はその体験を記録します。肉体の意識が魂の意識に近づいていきます(アセンション)。神を喜ばせるという意識で今この瞬間に存在すればするほど、私たちが神・ソース(源)に情報を送るというもっとも本質的な魂の目的を成就することになるのです。

 

 

みんなが喜ぶ仕事の秘訣

自分の仕事の結果を神に供える、そういう意識で働くことで、どうやったら最高の奉仕ができるかを考えることができます。分離の意識にあるときは不安です。自分が怖れていることが現実にならないかと心配し、だから頑張ります。もっと頑張らなきゃと、常に外からの動機付けで働き続け、やがて枯れてしまいます。

常に内なる動機、つまり魂の動機=神の動機で働けば、神に供えているのだから、それだけで満足です。反省も、ネガティブな感情抜きで行うことができます。自分の充実感、魂の歓びのために仕事をし、神に喜んでもらうことを原則としているので、利害関係に束縛されることもありません。神を信頼する、必ず必要なものを与えてくれる、そうすると、心が平和になります。

余談ですが、SOSというのは「えばうなる」の略だとか……。

 

大切なのは、仕事をして幸せになるのではなく、幸せだから仕事をする。

この意識をもって、改めてこれから自分がどう生きていくのか、どう在りたいのか、何を仕事にして、何を表現していきたいのか。そしてそれを現実にするにはどうしたらいいのかに、真剣に向き合ってみましょう。まだ大丈夫、まだ大丈夫、と思っているうちに時間はどんどん過ぎていってしまいます……

深刻になるのは違いますが、真摯に、自分に向き合ってください。

 

次回はカルマ・ヨーガ②として、「自分の道を突き進む」ことをお話しします。

 

 

オーラクレンズ、カルマクリアー、ディヴァイン・ヒーリングなどの個人セッションを行っています。

セッションをお申し込みくださるときは、悩んでいることや起こった出来事、持病や最近の心身の状態など、気になる事をご自由にご相談ください。ご相談の内容に合わせて、セッションをカスタマイズして、ゆったりとヒーリングを受けられるように準備を致します。

★個人セッションについてはこちらのページをご覧ください。

★オーラクレンズ、カルマクリアーに関する説明はこちらをご覧ください。
「永続するヒーリングを可能にするために」

★天使、大天使、アバター、ハイヤーセルフなど高次の存在とともに行う多次元的なヒーリングは以下のページをご覧ください。
「ディヴァイン・ヒーリング・マスターキー」

★お問合せ、お申し込みはこちらのページからお願い致します。

 

 

関連記事一覧

  1. 本当に天使が触れたときはね……
  2. セルフマスタリー①この世界に私を表現する最高位の魔法
  3. 麦わらいの高きびサンドセット
PAGE TOP