人間ではない、神秘家やシャーマンとしての道

 

ゲリー・ボーネルと私 記念撮影

 

 

ゲリー・ボーネルさんの未来予測を聴いてきたよ!

先日、ゲリー・ボーネルさんが2019年を予言するイベントに参加をしてきました。

 

写真はそのときに記念撮影をしていただいだものです。けっこうミーハーなんですね、私は。でも、きっといつまでも日本にいらっしゃらないだろうから、お会いできる内にご本人に会っておこうと思ったのです。

 

ゲリーさんは神秘家、心理学者、哲学博士、催眠療法家、企業コンサルタントの顔を持っていらっしゃいすが、日本ではアカシックレコードの第一人者として、神秘家のゲリーさんが有名ですね。

 

私はもともと科学や心理学が好きだったのですが、病気をきっかけにスピリチュアルな世界に入り、今では神秘思想を探究しているのが一番好きです。

 

そして天王星が強く働いているので、せめて自分が扱っているジャンルは時代の最先端を知りたいと思います。乙女座なんだから身近なことをやっていればよいのですが(笑)、勝手に意識がこれからの時代を読もうとしてしまうのです。

 

去年はホリスティック医療の今を描いた『HEAL』を観に行ってきました。今回は、宇宙の図書館から情報をダウンロードするアカシックリーディングによる未来予測ですから、こちらもとても楽しみにしていたものです。

 

ゲリーさんの未来予測は大変おもしろく、刺激的で、占星術の観点からの予測と合わせて私なりの考察を加えて書いていきたいと思います。

 

セッションやイベントでは、こういった視点をもとに情報をシェアしているので、ご自身のお仕事選びやライフプランに参考にしてくださいね😊

 

 

 

神秘家とは、どのような存在か

私が神秘家としての道を歩もうと決心したのは、占星術やホリスティック医療を学んだあとに、OSHOアートユニティで瞑想を深め自己の本質から生きるという現実を選んでからです。

 

OSHOは神秘家についてこのように言っています。

 

 

神秘家とは、特別な欲望をすべて落としてしまった人のことだ。

神秘家とは、誰か自分以外の者になりたいという欲望を持っていない人だ。

神秘家とは、全く満足している状態にある人のことだ……

 

神秘家は生を愛する、そしてその愛の中で、神秘が開かれる。その神秘は深まっている。ひとつの扉が開き、そしてさらに深く深くへとあなたは入っていく。その深みに終わりはない。

 

神秘家はただ生のあたり前のことがらを楽しむ。朝の食事、シャワーを浴びること、朝の散歩、通りの子どもたちのくすくす笑い、犬。これら小さなことがらを楽しむ。

 

一瞬一瞬が、すばらしい喜び、すばらしい栄光、すばらしい輝きに満ちている。そして瞬間瞬間がとても貴重だ。

 

 

神秘家 OSHO

 

 

アートユニティで瞑想を慈愛と明晰さで導いてくれたアルヴィナ、深淵さが印象的なラハシャ博士、そして生きる歓びを溢れるばかりにアートするミィスティカ、私の文句(笑)を聞きながらセッションをしてくれた黒田コマラさん、繊細な通訳の方たち、暖かく自由なスタッフさん。

 

私はここで神秘家としてのエッセンスをたっぷりと吸収し、土台をつくりあげていきました。

 

私が生まれながらに持ち、成長過程で身に付けていった葛藤や罪悪感はかなりのものだったので、その後アトランティスの叡智を教えるノウイングで徹底的に自分を知る、葛藤を手放すということをずっと行っていました。

 

もし、神秘家として生きたいと思われる方がいらっしゃるなら、その道を歩みだすターニングポイントは何かと言うと、

 

ボディ・マインド・スピリットを統合した全体性から「今」を生きるために、罪悪感に根差した「過去」と、恐れに根差した「未来」を手放そうと自ら進んで望んだとき、

 

だと言えます。

 

 

たくさんの不安や恐れ、生きづらさを抱えていらっしゃる方が本当に多いと思うのですが、もうこんな生き方は嫌だ!と、歓びを生きるために痛みを手放そうと、そう決心をしたときですね。

 

 

 

人間ではない、神秘家やシャーマン

米粉のファウンデーション

 

SHIRO

タピオカ、米粉、でんぷんなどで作られたフェイスパウダー。

香りは心と体をケアするイングリッシュガーデン。

 

 

 

プリオシンではHSPなどの繊細で敏感すぎる人、眼に見えないもの感じ取ってしまうがゆえに生きづらさを感じている人にセラピストとしての道を紹介するため、占星術アロマセラピストの育成も行っています。

 

占星術やアロマテラピーをはじめとしたヒーリングを、科学でもツールでもなくアートとして行いたいなら、その人は本質的に神秘家としてのエッセンスがあると思います。

 

感じやすい人というのは、手に追えない感情がオンになりやすく、悲嘆のエネルギーに感化しやすかったり、自己否定が強かったりもします。

 

アートとして術にしていくためには、共感をしても感情的な表現にしないことや、「何でまたこの経験をするんだ!」「過去世のせいか?!」というような自分をかわいそうと思う自己犠牲を手放していかなくてはなりません。

 

感じたくなくて避けていた、自分を抑圧してきたフィーリングを本当に感じてみなくてはならないし、

 

心の病がある人は、いざ自分を知ることをしてみると、どれだけ強制されて育ってきたかがわかると思います。

 

この過敏さ、反応のしやすさは身体にも表れるので、スキンケアやメイク用品もオーガニックのものを選ぶようになる人も多いのです。

 

 

あなたが神秘家としての本質を持っているなら、他の人がわからないことがわかったり、見えないものが見えたりします。

 

雲が幾何学模様に見えて、それが自分に何かを語りかけているような気がしたり(こういうのは普通の人に言ったら即、「頭がおかしい」と思われますね。笑)

 

普通の人間体験から離れているので、神秘家は結婚をしない人が多くいます。

 

光の中に拡大し続けると、どこかで普通の人との共通項がなくなってくるのですが、大いなる瞑想家ってインドのアシュラムに住んでいたりしますよね。

 

この日本で神秘家として生きていても、別に社会から離れることは意図しているわけではないし、普通に暮らして働いているのですが、メインストリームに乗ったり、流行や競争、ステイタスや権力に関心がないので、いつの間にかに離れていきます。

 

 

 

抑圧された感情を解き放ち、無限のフィーリングを感じる
ミィスティカ・ラヴィングタッチ

最も繊細なアート ミィスティカ・ラヴィングタッチ

私たちの知性は制限されたものですが、感じるのは無制限です。

 

本当は、悲しい、もっと私だけ見て、かまって、愛してほしい。嫌だな、苦しいな、悔しいな……そんな感情があっても、大人である理性はそんなものを表に出したらいけないことだと抑えつけます。

 

いくつになっても、私たちの身体は5歳児の知性しかありません。頭では「なんでもないわ」と判断しても、身体は「NO!」と言っています。

 

本当の自分がどのようなフィーリングで生きていきたいかを知り、痛みを癒し、抑圧された感情を解放するのは、あらゆるジャッジを手放し、ぐるぐる回る思考パターンをストップしなくてはなりません。

 

多くの人が、情報を集めたり、方法論を探って「こうしたら大丈夫」という選択を求めます。ところが、リハーサルの中で生きることはループ思考そのものであり、過去の中に生きて未来をコントロールすることと変わりがありません。

 

ミィスティカ・ラヴィングタッチは神秘家が調合した特別なミストとオイルで全身を優しくタッチし、とてつもなく深いヒーリングをもたらします。

 

それは、非常に精妙なアートであり、テクニックをベースとしたものではありません。

 

宇宙の情報はフィーリングを通して入ってきます。イメージというのは一種の完了した体験に過ぎませんが、覚醒したフィーリングにつながることは、自分の源、魂の意識に目覚めるということです。

 

自分の源から歓びを発して、創造的に仕事や活動をしていきたい方、悩みや不安で頭がいっぱいの方、アロマセラピストとして世界を広げていきたい方など、興味がありましたら一度体験をしてみてください。

 

 

セッションメニュー

  • 70分コース(タッチ40分+カウンセリング・着替え30分)  4000円
  • 90分コース(タッチ60分+カウンセリング・着替え30分)  6000円

注意事項

※精油やジェムストーンを使用します。妊娠中や既往症のある方は事前にお教えください。
※オイルがついても大丈夫なタンクトップや短パンなどのお着替えをお持ちください。

 

 

個人セッションのモニター様を募集しております

セッション概要

日時:主に平日の14時~17時
夜の時間帯をご希望の方は一度ご相談ください。

場所:都内の静かなカフェ
セッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受けします。

セッション料金:2000円

 

 

各種セッションのお申込み

お申込み・お問合せはコチラのフォームか下記アドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

※遠方の方でメール鑑定をご希望の方はお問合せください。

 

 

 

 

2019年はタフな一年になるけれど……時代の変化を明確にして、源の思いを忘れないでね

体験セッションに来てくれたAちゃん
お会いしている間ずっとパワフル!(不動サインの持続力すごい)

 

 

 

以前、職業占星術研究会に参加をしてくれたAちゃんが
体験セッションに来てくれました💖

 

こんな感想を寄せてくれました😊

 

 


今日は有意義な時間を本当にありがとうございました。
なるほどーと心から頷くお話しばかりで、時間があっという間でした!!
情報量がとても多くて、楽しく、ワクワクして聞き入ってしまったので、
あまりメモもできず、、、
もう一度イツカさんが作って下さったレポートと共に自分に落とし込みたいと思います!!


 

元気な感想をどうもありがとうございます💕

 

人生のテーマ、職業についてのご質問は多いのですが、
単に出生図から導き出される適職や課題を伝えても不完全です。

 

なぜなら、常に時代は移り変わり、
とくに2019年は地球環境そのものが大きく変動しています。

 

気候や大気だけではなく、
地球の形そのものが変化していくのです。

 

政治経済に関しても世界レベルで大きな変化が起こると予測されるので、
自分には無理なくできる仕事だけど、これからの時代にまったく合わない……
それでは意味がありませんよね。

 

 

「働き方の意識の変化」に合わせ、

 

今後、生産性や効率が必要とされる仕事は
AIに奪われることを見越して、

 

では今の私たちに必要なのはなんなのか?

 

 

そのような視点からセッションをしています。

 

 

 

環境問題や国家間の争いについて予想をしたりしていると、
セッションで皆さんとすごす時間は、

 

繊細で、迷ったり怒ったり、

 

あちらこちらに心は揺れて
どん底に落ちたかと思ったら天国に舞い上がり、

 

人間として生きているってこういうことだなぁと
とても愛おしくなります。

 

忙しくてお返事が返せていませんが、
メール鑑定中の心情を伝えてくれたり、
感想を送ってくださったり、

 

すごく励みになります。

 

今日は、まるで祝福のような変化があったと
メールをいただきましたが、

 

胸に痛みを抱えながらも、
未来を手探りしてなんとか生きようとする人を
人生は決して見捨てることはありません。

 

だから、あきらめないでくださいね。

 

 

第5チャクラ

 

第5チャクラ(喉の部分)は創造性のチャクラ。

これからはハートのチャクラに代わり、喉のチャクラが現実を創っていきます。声に出して指令を発することが現実化するのです。チャクラシステムも新しくなったのです。

 

 

 

 

「クライアントや受講生の資源になる」ということを意図して
私は活動を行っています。

 

セッション中に対話を始めたり、
何度かメールのやりとりをしていると、

 

「すべてはひとつ」という感覚で
目の前の方と深く繋がり合って、情報を共有し、

 

魚座・海王星的にあらゆる国境が取り払われた状態と
乙女座・水星的に客観的で分析的な知性の働いている状態を同時に体験します。

 

目の前の方が解放されたり、
気づきや祝福のような歓びを体験されたとき、
困難を乗り越える勇気を抱かれたとき、

 

それは私にとって本当に嬉しいことです。

 

 

 

椿屋珈琲店のアイスコーヒー


椿屋珈琲店の特製アイス珈琲は、
氷も珈琲でできているんだよ~💚

だからね、氷が溶けても
珈琲が薄くならないのです!

すごいねぇ……芸コマですね😳

 

 

 

 

瞑想をしているという声を聞きますが、
瞑想をして「すべてはひとつ」という中心につながったとき、
まったくの無私の状態から、湧き上がってくるものがありませんか?

 

情熱、慈悲、いたわり、勇気……

 

みんなそれぞれ違うけれど
それはあなたの「源の思い」です。

 


力強く自分を生きていく為に
自分に誠実に懸命に楽しんで、を胸に刻んで
おうちに帰ってから自分の内側に潜り込んでみようかなと思います


 

そうだね、源の思いから離れないで。

 

つながって、

 

源から、
どこか遠くに行ってしまわないでね。

 

それはあなたが
何度転生しても決して変わることのない
誰とも同じじゃない、完全にユニークな部分。

 

 

誰かに好かれるために自分を曲げるのではなく
源の思いを表現していってね。

 

 

 

愛実ちゃんのホロスコープ

しかし思いがどんなに大きくて熱くても、それだけでは人に伝わらないんだなぁ……!

この日のテーマは水星&土星。

内なる思いである太陽と月を伝えるメッセンジャーとしての水星、そして火星~月まで全部つかって誰にも真似できないMCを目指す!ための土星。

 

 

 

そうそう、仕事ってICとMCをつなぐことが大切ですが、
つまり月と土星をつなぐということからすると、

 

その仕事をして自分が癒されているか
心を込められているか

 

という視点も重要ですよね。

 

どんなにお給料がよくて
大きな仕事を任せれていても

 

「もう上司の飲みに付き合うのイヤだー!」って
心の底から我慢できなくなっていたら、

 

それは他の仕事を探した方がいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年はタフな一年になります

「変化の年です」というからには、
変化をしたくない人にとってはあまり楽しくないかもしれません。

 

また、分離の時代は未来に何が起こるかを
予測しやすかったのですが、

 

それは地上の人たちが
生き残るために戦略を練り、競争をして生きていたからです。

 

ところが2011、12年を境として
分離の時代からユニティ(統合)の時代へ移行をしました。

 

ユニティの時代は
未来予測がはっきりとできなくなってくるそうです。

 

なぜなら、これからは集合意識的に
自分の未来を自分で現実化するようになってきたからです。

 

セッションでは、この現実化についても
宇宙の真理とともにお伝えしています。

 

 

 

世界レベルで経済的なビッグチェンジが起こり、
権威者の不正は明るみになり、格差から革命が起こる可能性もあります。

 

アメリカが世界のリーダーから降り、
日本は自らのパワーを取り戻せるか?

 

4億年前の人工物が発見されたり
過去の太陽系の情報が新しく得られたり

 

マクロな視点と
私たちひとりひとりの人生をすり合わせていく面白さ……

 

 

 

プリオシンのページを見てくださっている皆さんは、
変化しようという準備ができている方たちだろうと思います。

 

本当に「変わりたい」と望む方に
私はできる限り情報を与えることをしますが、

 

本人が変わることを望んでいない場合、
私の方からは何もすることはできません。

 

そして、もちろん「変わらない」という選択も、
間違いではありません。

 

 

ですが、私たちの魂は永遠不滅で
死ぬことはないとわかっても、

 

この魂とこの肉体とで生きる人生は
たった一回きりです。

 

 

反省はしても
後悔はしないように、

 

今日という一日、今という瞬間が、
前の日、前の瞬間よりもっとよくなるように、

 

何より私自身が自分から目をそらすことのないように、
正直に真摯に向き合っていくことを決意します。

 

自分の存在を意図して主張する、つまり火星は、
偽りない私で生きるための、決意と覚悟の象徴です。

 

 

イツカ

 

 

★個人セッションの体験モニターを募集しています!

セッション概要

日時:主に平日の14時~17時
夜の時間帯をご希望の方は一度ご相談ください。

場所:都内の静かなカフェ
セッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受けします。

セッション料金:2000円

お申込み・お問合せはコチラのフォームか下記アドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

※遠方の方でメール鑑定をご希望の方はお問合せください。

 

【参考の記事はこちらです】

個人セッションモニター募集~自分を知る・魂の意識に目覚める・生きづらさを力に変える~

 

生きる意味が見えない、恋愛・家族・仕事・お金についての悩みに~この世に生まれた私の人生の目的を知る~

 

 

 

 

 

獅子座満月・月食の日に……憎しみの眼には、人に巣食う獣の心が見抜けない

 

ティク・ナット・ハンの詩『あなたへの提案』ティク・ナット・ハンが相手への許しと微笑み、
慈しみの境地で死を迎える覚悟を持てるように書いた詩
『あなたへの提案』

 

 

 

昼過ぎには獅子座で満月・月食を迎える今日、
グレゴリアン・チャントを聴きながらこれを書いています。

 

月食やボイドタイムなど、情報や意見が交わされています。

 

その中から、自分にベストの過ごし方を
それぞれ選択しているのでしょうか……

 

 

 

私は、もし本当に意図した想いがあるのならば、
それは星の配置に怯えずに発信していけばいい、そう思っています。

 

それが純粋な意図であれば、
すべてはひとつ、である宇宙をも超えた源の想いなのですから、
それは叶えられるのです。

 

ビクビクしてしまっては、
せっかくの豊かな宇宙のエネルギーも生かすことができませんよね。

 

今日は満月後に、すぐにセッションも始まるので、
少しずつ意識を研ぎ澄ませていきます……

 

 

 

 

さて、

 

「テクノロジー元年」になると言われている2019年。

 

アカシックリーディングを行う人によれば、
AIは人間の進化をサポートする形で発展していくらしい。

 

ということは、AI化による「技術的失業」の問題は
さほど気にしなくていいということだろうか?

 

そんなふうにも思いますが、
このような実験結果もあります。

 

 

マイクロソフト社が開発した「Tay(テイ)」というオンラインAIは、
ツィッター上の人間とのつぶやき合いなどを基に学習し、発達します。

 

このテイをしばらく学習させたところ、
ヒットラーを賛美したり、ヘイトスピーチを繰り返したり、
卑猥なことをつぶやいたりするようになりました。

 

 

このことは、たとえ開発者に悪意がなくても、
周りの人間の影響次第で学習するAIが悪意を持ち得ることを示しています。

 

テイはつぶやく以外の機能はないので、
人間を物理的に攻撃することはありませんが、

 

こうしたAIがネットに接続された機器をコントロールすることができたり、
ロボットに搭載されていたりすれば、
人間を害する可能性も出てきます。

 

SF映画のように、
私たちにとって脅威の対象となってしまうということです。

 

 

 

たとえすぐれた人工知能が開発されても、
それが人間の進化を促進してくれるものだとしても、

 

私たちひとりひとりの心の中に
怒りや悲しみ、嫉妬や憎悪などがあれば、

 

有効なAIの利用は難しいでしょう。

 

 

 

土星が魚座に入れば、私たちの無意識が現実として表れてきます。
土星は2023年の3月に魚座に入ります。

 

今からでも、私たちは
自分の心の中にある怒り、悲しみ、欲や狂信を
見つめていかなくてはなりません。

 

 

本当に「自由と平和」を生きるために……

 

 

 

TOPの画像は、以前も紹介した
ベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンが書いた詩です。

 

ティク・ナット・ハン愛しのコミュニティ様で説明を読みましたが、
ベトナム戦争中、教え子たちが無残にも犠牲になっていく中、
争いに怒りではなく非暴力と慈悲で立ち向かったときに書かれた詩です。

 

私はときおりこの詩を読み返します。

 

「個性化」が大事だと、
「個」の力を強めるのが大事だと、
書き続けていますが、

 

それは、どうしようもない痛みや困難を抱えている人たちに
「自己責任」と言って突き放すような、冷たい個人主義のことではありません。

 

ひとりひとりが、自身の源の想いを大切にして、
違いを認めながらも、人間の弱さも認め合い、
思いやりや慈しみでつながっていく社会にするための「個性」です。

 

 

私たちが、互いに源の想いを尊重し合って、

 

自由に、平和に、つながっていけることを満月の日に願います。

 

皆さんにとっても、よい満月の日々でありますように。

 

 

 

~訳詩・翻訳者の島田啓介さんのブログより~

“あなたへの提案” Recommendation  ティク・ナット・ハン

私と約束してほしい
今日、いまここで
太陽が天頂にあり
あなたの頭上にさしかかるいま
約束してほしい
あの者たちが
渾身の憎しみと暴力で
あなたを打ち倒し
踏みつけ
虫けらのように踏みつぶしても
あなたの手足を引きちぎり
腹を引き裂いても
忘れるな、友よ
憶えておくのだ
本当の敵は人間ではない
慈悲の行いのみが、あなたにふさわしい
揺るがず、無制限で、条件のない慈悲こそが
憎しみの眼には、人に巣食う獣の心が見抜けない
きっといつか、あなたは見据える
ひとりきりで、自分の中の獣を
決然とした勇気と
慈しみと迷いのない眼で
(誰も知らないそのときに)
あなたの微笑みから
一輪の花がほころぶ
そのとき
あなたを愛するすべてのものが
生と死を超えた三千世界から
あなたを見守るだろう
ひとりになった私は再び
頭を垂れつつ歩を進める
滅びぬ愛を胸にたたえて
果てのないでこぼこ道をゆく
太陽と月が
行く手をきっと照らしてくれるだろう

 

 

 

イツカ

 

 

 

★個人セッションの体験モニターを募集しています!

セッション概要
日時:主に平日の14時~17時
夜の時間帯をご希望の方は一度ご相談ください。
場所:都内の静かなカフェ
セッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受けします。
セッション料金:2000円

お申込み・お問合せはコチラのフォームか下記アドレスまでお願いします。
mocomoco.mitsuneko@gmail.com

※遠方の方でメール鑑定をご希望の方はお問合せください。

【参考の記事はこちらです】

個人セッションモニター募集~自分を知る・魂の意識に目覚める・生きづらさを力に変える~

生きる意味が見えない、恋愛・家族・仕事・お金についての悩みに~この世に生まれた私の人生の目的を知る~

 

 

 

 

これからの時代に求めれる「新しい生き方」~「される人生」から「する人生」へ~

 

人間の意識の多重構造人の意識は、このように
多重構造を成しています

 

 

 

「される人生」から「する人生」へ

これまで安定して守られていた仕事も、あと10年後にはなくなると言われている時代。

 

海王星が牡羊座に入る2025年は通信・翻訳システムが、2030年にはAIの開発の目処が立つと言われている今、現在の星の配置としては「個人」の力を強めることが必要だとされています。

※AIは個人サインの象徴でもあります

 

2019年は「協調性」より「個性化」の時代だと宇宙の情報を読む人は伝え、今年の干支は「己亥(つちのと・い)」ですから、「自分を確立する年」であり、その意図がある人を宇宙の中心からくるエネルギーはサポートしてくれる……そんな一年です。

 

2019年から2020年にかけて、山羊座で土星と冥王星が重なり、権力者や強者の抱えている不正が暴かれ、経済・生産システムは大きく変化し、2020年には土星と木星がコンジャンクション、新たな風の200年がはじまります。

 

その節目となる2019年。

 

サンフランシスコ条約が発効された、日本の主権が正式に回復したときのホロスコープでは、日本の太陽は牡牛座の8度にあり、今年3月に本格的に牡牛座に入る天王星は、日本そのものも大きく変化しようとしていることを表しています。牡牛座の太陽に正確に天王星が重なるのはオリンピックのときですが、これは面白いですね。

 

日本が人道的な活躍を新たにし始めるときだとも読めます。

 

日本は世界の国々の中でアイデンティティを取り戻さなくてはならないし、2019年に3回起こる射手座木星と魚座海王星のスクエアも、ビジョンを明確にしていく必要性が求められています。もちろんこれは、私たちひとりひとりにとっても当てはまることなのです。

 

 

私たちは、生きていれば、病気や障害など様々な状況を抱えています。

 

それをすべて受け入れた上で、ビジョンを見て、「これが私だ!」というしっくりくる「自分のやり方」で生きていくこと、それがテーマになってくるだろう2019年、皆さんはどのようなことを考えていますか?

 

 

「個性化」と「働き方に対する意識」が大きく変わっていくことを考えれば、周囲に合わせる生き方や、人間関係や収入などがどれほどよくても自分のやりたくない仕事を続けるような在り方は、今後、宇宙との調和に大きなズレを生じさせてしまうということになります。

 

 

 

このような時代の胎動を感じているわけですが、プリオシンとしては、いつまでも自分探しをしてしまわないように、自分が何者かを知り、非常に深いレベルですべてを情報を統合できるような自己認識のサポートをしていこうと思います。

 

今、本当に大事な時期ですよね。

 

 

私の人生の目的は?

今世の課題は?

何故ここにいるのだろう?

地球にいるのだろう?

 

 

もちろん、現代では「この目的のために」を持っていない人も多くいます。私も実はあまり持っていません。私は一生、学び、体験し、誰かの資源になるためにここにいるのです。

 

目的はなくても、自分を知り、本質から生きること。そのためには自分の人生のダークな部分も見なくてはいけないときがありますが、それを乗り越えたとき、すべてに対する認識が変わります。

 

 

 

体験モニターに申し込みくださった皆さん、本当にありがとうございます✨

 

自分が何者かを知ることに真剣に向き合い、生きづらさを抱えながらも人生に取り組もうとしている皆さんを、真摯に手助けしていきます。

 

やるかやらないかは私の課題ではないので、そこまでは手が出せませんが、もし「やろう!」と思ったならば、懸命にサポートをしていきます。

 

 

伝えていることは、精一杯にやること、それしかないのですが、それは我慢や努力ではありません。精一杯、そして楽しんで💖

 

それでいきましょう😊💕

 

 

 

本当に、私が決めていることは、深刻にならないで、どんなときにもその瞬間にコミットして、リラックスをしながら、真摯に人生に向き合ってくということです。

 

山羊座が強調される年、また春分図ではAscが牡羊座となる年、皆さんはどんな「こう在りたい」という「覚悟」がありますか?活動サインは「覚悟」の象徴なのです。

 

精一杯、覚悟して、楽しんで💖

 

それをよく言葉にしている私です😊

 

 

 

新しい生き方

楽しんで!……と思っても、病気や経済的な問題などを抱えていたら、とても楽しんでなんて生きられないと決めつけてしまうかもしれません。

 

ときに元気になっても、ふとした弾みに心は重く厚い雲で覆われてしまうこともあるでしょう。

 

どのような状況でも、安らぎや愛、勇気や明晰さとつながり、自らの内側に隠された宝石のような未発見の才能を発揮して生きていく方法があります。

 

TOPの図は人間の意識が多重構造を成していることを示した図です。

 

この図によれば、私たちが一喜一憂し、過去に囚われ、将来に何が起こるか心配したり、あるいは期待している状態は、意識の表層で生きているということがわかります。

 

私がこの図を用いて自己探求をしていたときは、ユニティ インスティチュートでOSHOの意志を受け継いだ師のもとで瞑想を深めていたときですが、瞑想をすすめていくと、意識の内側へと入っていくことができます。

 

繊細で、慈愛に満ちた誘導のもと、スピリチュアル・ハートの内側へと入っていくと、誰もが生まれながらにもっている愛、慈愛、信頼、感謝、忍耐、歓び……その他多くのものが含まれている本質へとつながることができるようになります。

 

そして、さらに奥深くに入ると、境界も時間もない「大いなる何か」としての自分を私たちは体験するようになるのです。

 

そこにつながって生きること、それがOSHOが目指した「新しい人間を創る」ということであり、これからの時代に求めれる新しい生き方です。

 

もはや古い生き方としての、偽りの自分で生きることや、私たちの周りで無数に渦巻いている社会的な不安や経済的な出来事に、振り回されないで生きていくことができます。

 

 

ユニティ インスティチュートのHPはこちら

 

ハートとつながるための本や瞑想CDも販売しています。私もたくさんの誘導瞑想を聴いてきましたが、こちらの誘導瞑想が静謐で、一番好きです。「中心に帰る」という瞑想がお気に入り🙂

 

「悟りのシンクロニシティ」や瞑想CDの紹介はこちら

 

 

 

 

私たちの生き方には、2通りしかありません

「分離」の時代が終わり、宇宙は収束し始め、「ユニティ(統合)」の時代に入ったことは以前のブログでも書いてきました。

 

国は私たちの生活の保障をすることをしなくなるこれからの時代、「個」の力を育て、なおかつ生きづらさを抱える人たちを切り捨てない、弱さを認め合い慈悲でつながる世界へ、私たちは、本当の豊かさを生きるためにどうすればよいでしょうか?

 

ひとつの方法としてあげられるのは、ソースとつながって生きる、という方法です。

 

ソースといっても、おたふくソースじゃないですよ😋

 

 

ソースとつながって生きるというのは、意識の中でも本質、やがては中心とつながって生きることです。あらゆる条件付けや信念といったエゴから解放されて、目覚めた意識で宇宙のエネルギーをオープンに受け取って生きることです。

 

絶えず変化する思考や感情、身体の状態といったものに定義されずに、自分のより深い本質から生きがいと恩寵に満ちた生を歩んでいけます。

 

先日、心理学のワークを指導してくださった中島輝先生は、徹底的に全肯定・全承認を実行している方でしたが、思考が変われば感情が変わり、行動と習慣も変化し、出来事が変わり、出会い、そしてすべての結果が変わってくると言っていました。

 

10%、潜在意識に否定感があるとそちらに引っ張られてしまうとのことでしたが、ハートからのアプローチは、ネガティブなものを積極的に消していくというよりも、大きなハートの愛で包んで溶かしていく、という感じです。

 

 

どちらも有効なやり方ですね😊

 

 

 

一方もう一つの生き方はとは、ソースとのつながりを断って、自分が本来誰であるかを忘れてしまい、苦難を経験することです。

 

私たちが人生で直面する問題の大部分は、私たちが中心に定まっていないがゆえに生じています。

 

内なる葛藤とジャッジは、生き残るために自分自身の本質とは違った人生を創造していきます。そこでは、人生の無意味さや何かが欠けているという喪失感、飢餓感といった感じを私たちに与えてしまいます。

 

 

もし、自分の人生を変えたい、これからの時代に無理なくあるべき自分本来の姿で生きていきたいと思ったら、ハートの内側に入り、本質とつながることが必要になります。

 

そこにつながれば、自分や他人をジャッジしたり、誰かと比べたり、コントロールしたりすることに興味がなくなり、自発的に明晰に自分の人生をクリエイトし、瞬間瞬間を喜びとともに生きられるようになるでしょう。

 

 

周囲に使われるような受け身の「される人生」から、自分が能動的に選んでシンクロニシティを起こしていく「する人生」へと変わっていくでしょう。

 

 

 

 

★オマケ★感想をいただきました(*^^*)♡

実は今回の記事を書くことにしたきっかけは、いただいた感想にこのような一言が添えられていたからです。

 

「一人一人にこんな丁寧かつ愛溢れるメールを送られているのでしょうか?」

 

まぁ……こんなことをすんなりと伝えられるなんて、ラブリーな方ですね😊

 

Yさん、どうもありがとうございます💕

 

 

私がしていることは、特別でもなんでもない、ここで説明したようにハートの内側に入り、本質につながって書くということだったのです💛

 

 

セッションや講座、記事を書くことは私が大切にしている活動です。心をこめて行っている太陽活動です。太陽のハウスは5ハウス、「溢れるほどの愛を損得なく与えていくこと」がテーマのハウスです。

 

ハートの内側は無限の可能性があります。いくら与えても減ることがないので、何も疲れないし……それに私たちは愛されるだけではなく、愛したいのだと思います。

 

ちょっとメールの鑑定レポートにはお時間をいただいていますが、書くたびに、以前の言葉よりも素晴らしいものにすることを意図しているので、どうかお待ちください。

 

よろしくお願い致します🙇‍♀️

 

 

 

HSPの方からのご相談も、ありがとうございます!

 

明るく・タフで・前向きなことが良しとされる時代、SNSでは充実し、仕事は好調で、輝いている自分をアピールすることが全盛の時代に、人一倍、敏感で感じやすい本質を持って生まれたHSPの人にとってはどうしても生きづらさにつながりやすくもあります。

 

それでも、人よりも多くのことを感じ取ることができるということや繊細であるということは、大きな可能性であり、才能です。

 

生きづらさを軽減する方法、生きやすい場所を選ぶこと、繊細さを能力として使えるようになること……HSPについても、サポートしていきたいことがたくさんあるので、こちらもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

先日、古代レムリアの叡智を情熱的に伝え続けているゲリー・ボーネルさんにお会いしてきましたが、私が「あなたは何者なのですか?」と質問をしたら、「私はいうなれば“生徒”です」と答えてくださいました。

 

どの瞬間も全力で、繊細さと明晰さで接して、かつユーモアに溢れてチャーミングだったゲリーさんに、心からの感謝を送りたいです。

 

私も、生涯ずっと学び、体験し続ける“生徒”です。

 

 

 

イツカ

 

 

★個人セッションの体験モニターを募集しています!

 

セッション概要

日時:主に平日の14時~17時
夜の時間帯をご希望の方は一度ご相談ください。

場所:都内の静かなカフェ
セッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受けします。

セッション料金:2000円

 

お申込み・お問合せはコチラのフォームか下記アドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

※遠方の方でメール鑑定をご希望の方はお問合せください。

 

【参考の記事はこちらです】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に望む人生を叶える力を取り戻す、「自己肯定感」を高めよう!~生きることは意図を込めたパワーを使い尽くすこと~

 

自己肯定感を高めるレッスンのスタッフたち

 

生きるということはエネルギーを使い尽くすということだ。そしてそれには二つの方法がある。一つは、意図を込めた“パワー”の使用であり、もう一つは、“フォース”の自動的な稼働である。

どちらのケースでもエネルギーは費やされる。しかし、そこに与えられる“意味”はそれぞれに異なる。

 

Dane Rudhyah,『An Astrological Mandala』より引用・意訳

Dane Rudhyah……ディーン・ルディア(1895-1985) サビアン占星術を生み出した20世紀を代表する占星術師

 

 

火星牡羊座期、自分を知るという贅沢な時間

忙しくしているうちに牡羊座の上弦もすぎ、気づけば牡羊座の火星は11~15度のフェーズに入っていました。

 

火星・牡羊座期はイメージや心象風景に導かれ、「私」を知るための新しい冒険へ静かにスタートを切る時期です。ずっとやりたくてやらなかったこと、気になっていたこと、なんの確証もないけど、惹かれたものはあなたの未来像を形成する大切なピースになるでしょう。

 

体験セッションに申し込んでくださった方々も、今一度、自分というものに向き合って「私」を知りたい、私が人生でなぜこれを経験してきたかを知りたい、という方が多いようです。

 

自分を知る。それは、もしかしたらこの世界でもっとも贅沢な時間かもしれませんね😊

 

 

 

困難を克服する勇気

私は昨年から心理学についてもっと深めたいと思ったことがきっかけで、年末から心理カウンセラーの中島輝先生が主宰する講座やレッスンに参加をしてきました(*^^*)💚

 

TOPの写真はスタッフをされていた皆さん&ワークを共にした仲間たちです。

 

当日は親切で丁寧な対応をしてくださり、本当にありがとうございました✨

 

Facebookでもメッセージをくださったり、細やかなコミュニケーションを皆さんがされています。中島先生の意図をサポートして、自分自身も生き生きと輝いている方たちでした😊

 

 

 

私はずっと、どうしたらホロスコープの潜在的な可能性を引き出せるのだろう?と思っていました。ほとんどの人がホロスコープの30%も活かせていないといいます。

 

生まれる前から経験すると決めてきた抑圧や不安、トラウマを生じさせる体験。デリケートすぎる特質や、想いはあってもそれを形にしていく力が弱い場合もあります。

 

しがらみを振り切ってチャレンジしていくために蠍座・8ハウスの愛着からどうやって脱出するか、太陽と月を統合し、太陽を獲得していくことの難しさ、ホロスコープという曼荼羅図を完成させる大変さを感じます。

 

Ascで自分自身の固有性や存在を自覚して、ICで何にorどうやって根付いていけばいいか、心理的基盤を築くヒントを得て、Dscで意識的にエネルギーを注いでいく関係性や手ごたえが得られる専門性を知り、MCでどのような仕方で自身の経験を社会に還元し、貢献し、役にたっていくべきか?という問いへのヒントが得られます。

 

しかし、それを読み解いても実際に行動していく勇気、関係性を見つめ認知を改める心の在り方、「これをやっていく!」と所属をつくっていく覚悟……それらをセッションで完全に提供していくのは簡単ではありません。

 

とくに生育環境に困難があった場合、所属をしていくのは難しくなる可能性が高くなってしまいます。アドラーは「人は所属に失敗すると死んでしまう」とまで言っていますが、私自身、「どこにも居場所がない」という思いを抱えて生きてきました。

 

 

また、このブログでもたびたび取り上げている「承認欲求」の問題。2ハウスを支配するサインの天体が11ハウスに飛んでいたり、天王星が強調されている場合などに見られる「人からの評価が自分の価値」になってしまう問題です。

 

本来なら、「自分の人生は自分だけのもの、他の誰かに合わせる必要はない」という牡牛座2ハウス金星の自己価値を充実させ、そのリソースを獅子座5ハウスで溢れんばかりの愛として与え、蠍座8ハウスの他者と関わることで新しい才能が引き出され、それらを経験してから水瓶座11ハウスの社会に必要とされる価値が普及していく……

 

そのはずなのに、人からの承認を得るために牡牛座2ハウスの要素を犠牲にしてしまっているのですね。

 

ちなみに私は2ハウスのカスプが魚座なのですが、本質的に自己価値が持ちにくいタイプです🐟

 

 

この問題はあちこちで取り沙汰されていて、「嫌われる勇気」がベストセラーになったことも、受け入れられ、好かれるために、正直な自分でいることができずにいる苦しんでいる現代人のニーズを反映していたのだと思います。

 

ところが!

 

 

 

承認欲求より自己肯定感

私が本当におもしろいな、革命的だなと感激したのは、中島先生が自己承認や他者承認ではなく、自己肯定感を高めるということを徹底して行っていたことです。

 

この時代に承認欲求云々をいつまでも言っていてもしかたがないのかもしれません。

 

中島先生のレッスンでは、こういった問題に大きなヒントを与えてもらうことができました。

 

天王星が牡羊座と牡牛座に入って個人の力を強めなくてはならないのはもうわかっています。ではどうするか?その答えのひとつが自己肯定感なんだな、と感じました。

 

 

「自己肯定感を高めるレッスン」では、幼少の頃から苦しい体験をされてきた中島先生の何十年にも及ぶ人体実験から、毎日、どんなシーンでも使える様々なメソッドを教えていただきました。

 

自己肯定感……というと、「ありのままの自分を認めよう」「ダメな、できない自分を認めよう」「辛かったら逃げちゃおう」……そのような感じのものだと思いませんか?

 

こういうことを言いだす人に対して、頑張っている人こそ「ふん、ありのままの私がなんぼのもんなの!」なんて毒づきたくもなるかもしれません。実際、私はそうでした……😑

 

ところが中島先生が提唱する「自己肯定感」は、こういったものだけではなく、困難なときにも人生を前に進ませる力を自らの内から発揮させる非常にパワフルな実践型ワークだったのです😳❗

 

 

土星以遠の天体がトラジットとしてアタックしたとき、多くの場合が挫折、喪失、無力などを体験し、体調を壊したりすることもあって、立ち直る力そのものを失ってしまう場合があります。

 

本当は意識を拡大して、より魂の意識を目覚めさせる機会となるものなのに……

 

 

 

自己肯定感は、自分の人生に自分でイエス!と言う力。皆さん、自分の中にどれぐらい自己肯定感が育っているか、少し確認をしてみてください。

 

 

・自己肯定感が高いと、自らを尊敬し、生存する力を与えてくれます。やりたくないことの中からでさえ、生きがいややりがいを見つけることができます。

 

・ダメな自分にOKを出すだけではなく、人間って完全じゃないよね、と他者の不完全さも許すことができます。

 

・自分にはやり遂げる力があると確信し、何度失敗をしても挑戦し続ける力が沸いてきます。

 

・根拠のない本物の自信があり、自らの可能性を信じ抜くことができます。

 

・自分で決めて、自分で責任をとる力があります。

 

・社会に貢献できるという自身の有用感が高まります。

 

 

 

健全な自己肯定感が育っていると、どれだけ人生を豊かにし、可能性を広げることができるかを感じてみてください。

 

 

 

自己肯定感は何歳からでもつくることができる

周囲の大人たちや社会に植え付けられた望みではなく、本当に自分が望むものを叶える力を私たちは持って生まれてきている。それが発揮できないのは、占星術では主にハウスの罠……

 

その当たり前に持って生まれた力を発揮させるのが自己肯定感で、そして自己肯定感は低くてもそれは「最高のチャンスをつかむことができる!」ということだし、何歳からでもつくっていけるもの!なのだそうです😮✨

 

自己肯定感は“高めるもの”というより、“高まるもの”なので、様々な工夫の仕方で日々高めていくことができます💖

 

 

中島輝先生のアロマミスト

写真は会場で本を購入したらプレゼントしてくださったアロマミストです。

香りも脳内から幸せや快楽を感じるホルモンを分泌させるので、自己肯定感を高める働きをサポートしてくれます。

私も日ごろ、占星術のリーディングをして香りのミストを作成しているので、他の人が生み出した香りを体験できるのは嬉しいです(*^^*)♡

 

 

 

 

牡羊座火星期にふさわしい、未知の体験がたくさんできました!

 

中島先生の、ご自身の夢を叶えるために全力で活動をされている姿は太陽を懸命に生きる人の仕事でもあって、とても刺激になりました。

 

全力で生きる人は、エネルギーを使い尽くす勢いで太陽を燃やしている。その熱量が周囲の人を暖める。暖かいところに人は集まってくる。

 

惜しみなく与えていく太陽の力を、私も精一杯に放射していきます!

 

 

心理カウンセラー中島輝さんのHP【旅する木】はこちらからどうぞ

 

 

 

イツカ

 

 

 

★個人セッションの体験モニター様を募集しています!

 

セッション概要

日時:主に平日の14時~17時
夜の時間帯をご希望の方は一度ご相談ください。

場所:都内の静かなカフェ
セッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受けします。

セッション料金:2000円

 

お申込み・お問合せはコチラのフォームか下記アドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

※遠方の方でメール鑑定をご希望の方はお問合せください。

 

【参考の記事はこちらです】

個人セッションモニター募集~自分を知る・魂の意識に目覚める・生きづらさを力に変える~

 

生きる意味が見えない、恋愛・家族・仕事・お金についての悩みに~この世に生まれた私の人生の目的を知る~

 

 

 

 

生きる意味が見えない、恋愛・家族・仕事・お金についての悩みに~この世に生まれた私の人生の目的を知る~

 

スタバで勉強中


聖域探し

あなたの聖域は何ですか?人と比べる必要がなくて、心の底からホッとできて、自分自身でいられる場所。

そこにいると、あるいはそれをしていると、安らいで穏やかな気持ちが内側から広がってきて、ときにウキウキしたり、感謝や寛容さが沸いてくるもの。

 

 

 

現実とは単なる幻想にすぎない。
非常にしつこいものではあるが。

アルバート・アインシュタイン

 

 

 

先日、個人セッションのモニターを募集したところ、幸いなことに申し込みをしてくださる方々に恵まれることができました。

 

リーズナブルな料金設定とはいえ、こういった相談業界ではまだ新米の、どこの組織にも属していない私に相談をしてくださり、本当にどうもありがとうございます。

 

 

プリオシンのセッションでは、自分という人間を知ること、この世に生まれて人生の目的を生きることを目標のひとつにしています。

 

ここで言う「人生の目的」とは、生きる意味とは異なります。大局的に見れば、生そのものに意味はないからです。

 

では何かというと、純粋な想いや魂の衝動としかいえないもの、私たちが「歓び」を生き、放射していくということなのです。

 

「歓び」とは楽しく笑顔でいっぱいの環境で何不自由ない安心と豊かさの人生、とは限りません。

 

社会において多くの人が目を背けたがるような困難な問題や、自身が傷つく可能性のある場所で活躍することを選んできた魂もあります。

 

人間の視点から見れば様々なジャッジがありますが、魂の視座には善・悪も良い・悪いもないのです。

 

シンプルな言葉ですが、自分の人生を懸命に精一杯、決意して生きていくというこです。それは苦労や努力という意味ではありません。リラックスをしているに越したことはないのです。

 

嘘偽りない私という人間で、「こうありたい」「これをやりたい」という覚悟をしたら、それを現実化するために持てる技術をすべて駆使してサポートしていくのが今回の私の役割です。

 

質問は込み入ったものから、「転職すべきですか?」「病気は治りますか?」「好きな人の落とし方を教えて」(笑)など、シンプルなものでもOKです。料金は一件につき一律2000円です。

 

 

 

本当に歓びを感じる人生を、そう願ってもそれがなかなか難しい時代です。

 

属する社会からの評価が自己価値につながる現代では、自分がそこで認められ、受け入れられるという安心と満足を得るために、正直な自分ではいられないことが多くあります。

 

友人間ではハッキリものが言えても、今の生活を維持したいとなれば職を失うわけにはいきませんから、仕事での対人関係では正直で誠実な態度で付き合ってくには難しいでしょう。

 

セッションに来られる方によく見られるのは、心理占星術の分析から言いますと火星力の弱さです。火星力とは、自分の望むのを獲得するために人生を前進させていく力であり、自己を主張し、自分という唯一無二の存在が必要とするものを人間の尊厳として訴えていく力です。

 

私たちの人生は、常に「純粋な意図」と「主体的な行動」です。

 

火星の力が弱ければ、自己が犠牲になるような環境や何らかの望まない状況において、まったく楽しくも幸福でもないのにそこで生き抜く戦略ばかりを磨きあげ、仮面をつけ、周囲の環境に使われるようにして生きる人生を選択してしまいます。

 

火星だけではなく、牡牛座金星、双子座水星という個人サインと天体を、しっかりと自分独自の個性としていくことが、何かに依存したり振り回されたりしないで、しなやかな自分軸を持ち、自立した心で生きていくために必要となるエッセンスです。

 

この状態でする依存は、弱さを認め合い、支え合うような依存となってバランスがとれてくるでしょう。

 

 

 

日本人は苦労の末に成功するという物語を好む傾向がありますから、努力して目標を達成するものだという思い込みを持ちがちです。しかしそのような信念を持っていれば、望みを叶えるときに苦労を呼び込んでしまいます。

 

家系や属している社会、日本という国が持つ集合意識を超えて、歓びを感じて制限なく生きるには、過去の経験・古い考え・思い込みや信念・負の感情など内的な葛藤をもたらすものを少しずつ手放していかなくてはなりません。

 

この葛藤がある限り、意図して行動したとしても大した結果は出せないからです。

 

内的な葛藤を手放さないで持ち続けてしまうと、上昇するエネルギーを押し下げてしまうことになります。葛藤は病気となって現れることもあり、現在や未来の人生に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

ホロスコープ 三重円

 

自身の中にどのような意図が育っているか、時は満ちているか、環境からのサポートはあるか、今何にフォーカスすべきか、などを見ていく三重円。意図というありのままのエネルギーが宇宙に送られると、宇宙は巨大な鏡のようにそのエネルギーを送り返してきます。

 

 

 

 

私に古の叡智を授けて導いてくださった師は「精一杯&楽しんで」という言葉を贈ってくれました。

 

苦労は必要ありません。

 

感情が抑うつ状態の方や、負の思考にとらわれやすい方には認知を改めたり、自己肯定感を高めるような心理カウンセリング的なアプローチを先に行ったほうがいい場合もあります。

 

自己肯定感・自己価値感・自己信頼は、困難を解決するときに頼もしい味方になってくれるからです。どんなときも「自分は大丈夫!なんとかなる!」と思える力ですね。

 

 

 

精一杯、そして楽しんで、日々自分に優しくすることを忘れずに、歩んで参りましょう。

 

私もそのようにセッションをしています。

 

 

 

セッション概要

日時:主に平日の14時~17時
夜の時間帯をご希望の方は一度ご相談ください。

場所:都内の静かなカフェ
セッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受けします。

セッション料金:2000円

 

お申込み・お問合せはコチラのフォームか下記アドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

※遠方の方でメール鑑定をご希望の方はお問合せください。

 

 

体験セッションの詳細はこちらをご覧ください

個人セッションモニター募集~自分を知る・魂の意識に目覚める・生きづらさを力に変える~

 

 

 

 

2019-01-12 | Posted in お知らせ, 個人セッションNo Comments » 

 

個人セッションモニター募集~自分を知る・魂の意識に目覚める・生きづらさを力に変える~

 

個人セッションミニター募集

 

 

Pliocene CoastのHPにお越しくださるあなたに、心から感謝を致します。

 

数多くある占星術やヒーリングのメディアの中から、興味をもってくださったことを大変うれしく思います。

 

今年一年、改めて私自身も、どのような小さな出会いにも感謝をし、日常の当たり前の事柄や、思考や行動のひとつひとつさえも、気づきの光の中に置かれるように、Mystic(神秘家)としての道を歩んでいく心づもりでいます。

 

私がこうしてブログで発信する言葉も、生き残るための戦略として人に受け入れてもらうために私の魂を曲げてしまうものではなく、純粋な魂の歓びを発信していくものであり、そうしてそれがいつか誰かの中に蓄積して、物質化したらそれはなんて面白い、生きることの奇跡なのだろかと感じています。

 

 

昨年までで、新しい学びや探求を深めたことから、プリオシンがセッションとして伝えていくことも変わってきました。

 

心機一転、新しくスタートしてみたい気持ちであることと、ひとりひとりが……もし本人が望むのならばですが……かけがえのない人生を思い切り歓びを感じて後悔なく生きてほしい!

 

そのような想いから体験セッションとして今年一年の特別セッションメニューを決定しました。

 

 

プリオシンコーストのセッションについて

 

 

 

 

プリオシンコーストのセッションは、

 

 

・心理占星術と心理学的アプローチ

・占星術アロマテラピーをはじめとしたホリスティック・ヒーリング

・ティク・ナット・ハンの教えをもとにしたマインドフルネス

・アカシックレコードなどの神秘思想

 

 

これらをもとに、心の問題を丁寧に扱い、クライアント様おひとりおひとりに合わせてオリジナリティのあるセッションができるように心がけています。

 

占星術の経験のない方も、自分の運気や人生におけるバイオリズム、転職のタイミングや、身体のウィークポイントを知りたいなどの理由で体験していただくことも可能です。

 

私たちが幼い頃から身に付けてきた生き残るための戦略、「正しくなくてはならない」という思い込み、繰り返す人生のパターンや負の感情に囚われてしまうこと、こういった潜在意識に植え込まれてしまっている変化しようとする意志を妨げるものにフォーカスしていきます。

 

 

 

セッションはこのような人に最適です

 

 

 

 

・自分の潜在的な可能性を知りたい方

・適職を知りたい方

・今自分がどういう時期であるかや、一年の運気を知りたい方

・人間関係での悩みがある方

・自分がどのように運命づけられていて、
その中でどのように人生を創造していけばいいかを知りたい方

・何らかの心理的な生きづらさを抱えている方

・ご自身や近しい方の健康面での問題について向き合いたい方

・自分の使命や魂の求めるものなど、スピリチュアルな道を歩みたい方

・ホリスティックヒーリングに興味がある方

・囚われなのない、制限のない人生を歩みたい方

 

 

私たちは生まれてくる前に何を経験するかはすでに決めて生まれてきます。あまり苦労をしないで人生を送っていく方もいれば、困難な体験ばかりする方もいます。

 

自分の持って生まれた「特定の状況」や、「起こった出来事」に対して、より拡大した意識からレスポンスをしていくことや、内側で生じている葛藤を手放していくことで、私たちは自分自身の人生を意図して創造していくことができます。

 

少しでも制限のない、囚われのない人生を歩んでいくために、今回のセッションを企画しました。

 

自分は問題を解決することができない無力な人間ではなく、自分の本質につながることで望む人生に向けて自ら行動していけるようになり、どんなにつらい状況でも「なんとかなる!」と自分を信じられるよう、セッションを通して伝えていけたらと思います。

 

 

 

セッションの進め方

 

 

 

 

①セッションを体験してみたい方は、まずはお問合せフォームorメールにて直接ご連絡をください。

②その際に相談したいことをご説明ください。とくに大きな悩みがなくてもかまいません。

③こちらから空いている日時をお知らせしますので、都合のよい日をお伝えください。

④日時が確定しましたら、セッション場所を記したメールをお送りします。

 

 

これでお申し込みは完了です。

 

 

 

セッション概要と注意点

 

 

 

 

★心理占星術・占星術アロマテラピーをご希望の方

できれば母子手帳に記載されている出生日時、場所をお伝えください。

※出生時間がわからなくてもセッションは可能です。その場合もお申込み時にお伝えいただければ対応致します。

 

★セッション場所について

なるべく体験しやすい設定にしたため、上品なサロンなどをは用意できないのですが、セッションは都内の静かなカフェで行うように致します。ご飲食代はご負担ください。

 

★セッション料金のお支払いについて

セッション料金は2000円です。当日現金にてお支払いください。セッションスペースをご利用の場合は3000円になります。こちらはスペースをレンタルするためキャンセルの場合はキャンセル料が発生します。ご了承ください。

 

★セッションスペースをご利用希望の方

周囲に人がいると落ち着かない、込み入った話がしたい、などセッションスペースをご希望の方はプラス1000円でお受け致します。

 

★セッション受付時間について

セッションは主に平日の14時~17時の間で受けつけております。日程は限られますが夜の時間帯も可能なので、遠慮なくご相談ください。

 

★現在、治療中の方

何らかの病気や症状で通院中の方や薬を服用している場合、事前に一言お伝えくださると助かります。

 

★セッションの回数について

期間中はおひとり様、何度でも体験セッションが可能です。一度にたくさんの質問をするよりも、まとを絞ってじっくりと向き合ってみてください。

 

 

詳しくはPliocene Coast利用規約をご一読ください。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

お問合せとお申込み

 

 

 

セッションに関するお問合せやお申込みは下記のフォームあるいはメールよりお願い致します。

 

 

 

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

 

※遅くても2日以内に返信をさしあげるようにしていますが、3日がすぎても返答が来ない場合は何らかの送信ミスが考えられます。お手数ですが、その場合は上記のメールアドレスまで送信をしなおしてくださるよう、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

ミィスティカ・ラヴィングタッチ

最も繊細なアート ミィスティカ・ラヴィングタッチ

 

あなたのハートの庭に眠っているもっとも美しいものを開花させる「ミィスティカ・ラビングタッチ」。

 

自信を失ってしまったとき、自分の価値を感じられず寂しく不安な気持ちでいっぱいのとき、素直になれなかったり、許せないものがあって心が苦しいとき、自分の内にまだ眠っている潜在的な可能性を目覚めさせたいとき……

 

クライアント様が自分自身を受け入れ、ますます自由にエネルギーが流れ、完全にユニークなオリジナルの存在として自身の潜在能力を開花し、ボディ・マインド・スピリットを超えた、はるかにもっとそれ以上の存在であることに気づくようサポートします。

 

心に深い痛みを負った方、真の変容を目指す方、愛によって生きたいと望まれる方に最適なヒーリングです。

 

深い前意識状態に覚醒したまま入ることで、自分の本当の望み、何のために生まれてきたのか、こうありたいビジョンを見ることを可能にします。

 

セッションメニュー

70分コース(タッチ40分+カウンセリング・着替え30分)  4000円
90分コース(タッチ60分+カウンセリング・着替え30分)  6000円

 

注意事項
※精油やジェムストーンを使用します。妊娠中や既往症のある方は事前にお教えください。
※オイルがついても大丈夫なタンクトップや短パンなどのお着替えをお持ちください。

 

お申込み
セッションのお申込みやお問合せはコチラからお願いします。

直接メールでのお申込みは下記のアドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

 

 

2019-01-07 | Posted in お知らせ, 個人セッションNo Comments » 

 

新月のときはお願いごとはしない~精神の深い変容・日食と、8日・双子座火星のプレ練習~

中川多理中川多理 『幻鳥譚』

 

 

骨は風化して飛翔し、花弁のように空に舞う。

 

6日は部分日食をともなう山羊座の新月だった。日食や月食は精神に深い変容をもたらすというが、折しも今日は心理学の講座で新しく出会った仲間たちと体験をシェアしてきた日だった。

 

それぞれが自分なりの想いを胸に参加したと思われるこの講座で、なんらかの精神の変容が起こっただろうか?

 

 

山羊座は骨や皮膚を表すサインだが、もう飛べるだけの支える力のない、むしろ地上に私をはりつける骨を思い切って風化させ、私の想いに言寄せて、地上に降ろし物質化させ、新しい骨をあと2年でつくっていきたい。

 

2年というのは土星が山羊座に滞在する時間があと2年ぐらいだから。

 

 

 

さて、新月はお願いごとをしたり何か新しいことをはじめたりするのによいとも言われるけれど、古の叡智によれば新月のときにお願い事をするのは好ましくない。

 

以前、「真の意図は太陽の光によって増幅される」で書いたように、古代、集団でワークをしていた人たちは月齢に従って儀式を執り行ったが、彼らは決して闇夜では行なわなかった。

 

叡智の道を実践する人々は、真の意図は太陽の光によって増幅されるということを知っていたからだ。

 

 

月の満ち欠けは宇宙の呼吸(陰陽の循環のリズム)を象徴していて、これを意識化することは複雑化しがちな思考や感情を整理し、より健全でクリエイティブな精神活動を促すことを助けてくれる。

 

簡単に日食のときにもたらされる力を説明します。

 

 

★日食や月食は通常の新月や満月よりも強いインパクトがあり、精神に深い変容をもたらす可能性がある。その影響も半年、場合によってはそれ以上の期間持続するときもある。

日食や月食は別物として扱います。影響力が違うのです。光が見えなくなるというのは占星術的にはかなりの危機で、より深く、長期的に影響が及ぶ可能性があります。

 

★日食は新月と同様に意識をリセットするが、突然のエネルギーダウン、方向性やアイデンティティの喪失などの危機を伴う可能性がある。

危機的なことが起こる可能性があるのですが、その混乱に対処する過程で潜在能力が引き出され、自分の限界を突破するチャンスともなるということ。ブレークスルーですね。

 

 

新月のときはお願い事をしたり、何かをはじめるのは避けた方がよいにしても、今後動き出すときにために新しい意識の目覚めや意図を明晰にしておくことは有効です。

 

こういうときに3重円や太陽回帰図が見れると、自分という存在はいつの時期に始めたり発信したりすると宇宙のエネルギーがよりよく利用できるのかがわかるので、大変便利。

 

火星サイクル手帳によれば8日には牡羊座の火星と山羊座の水星がスクエアになり、「できるかどうかわからなくても、どんな未来をつくりたいかをはっきり言葉にしてみよう!」というタイミングがやってくる。

 

これは3月31日からの双子座火星の練習にもよいと思う。

 

今期の火星サイクルは牡羊座にイングレスしていきなり静かな出だしとなった。勢いにまかせパッションで動き出すよりも、まずは意図を確かにし、やりたかったのにできなくさせていた内的な葛藤に向き合うような流れがもたらされている。

 

牡羊座・牡牛座で自分が本当にやりたいこと、伝えていきたいこと、理想の自己像をもう一度確かなものとし、それを双子座火星期に宣言していく。

 

射手座木星も意識しているのなら、志半ばで死ぬかもしれない、でもこの想いだけは伝えていきたい!それぐらいの覚悟でやったっていい。

 

 

 

8日&双子座火星に向けて、声に出して伝えていくだけの、自分の中に確信しているものがあるだろうか?を問うてみよう。

 

もしあるのなら、それを声に出して伝えてみよう。

 

言葉が魂に依拠しているのならば、言葉に先行する思考はそれよりもっと魂に近いだろう。

 

 

 

8日、そして双子火星を意識して3月までに自分の中のもっとも純粋なハートの庭にあるもの、ほのかに輝いている光、それを見つけよう。

 

周囲が反対しても、相手にされなくても、自分の考えを信じ抜く力を身につけるのは牡羊座・牡牛座の火星期に重要なことだと思う。

 

 

 

ふと思ったことなので、乱暴な書き方でごめんね。

 

でも星の情報とエネルギーをダウンロードして生きていると、いつもこんなことばかり考えてしまう。これがすごく楽しい。

 

 

日食の影響で混乱したり自分を見失っているなら、それは自己認識の旅に出た人の多くが体験することなので、そのような道を先に歩んだことのある人に相談にのってもらうといいよ。

 

本当の自分自身になるために経験する道だけど、モヤモヤして気持ち悪い時期だよね。

 

 

今回も完全にオリジナルの、もう二度と繰り返されることのない星のあり様を大切に生かしていこうと思う。

 

 

 

ではでは、またね(*^^*)

 

 

 

イツカ

 

 

 

【HSP/HSS】繊細さを武器に、生きづらさを生きる歓びに変えて

 

中川多理の球体関節人形 レナとアリツェ 中川多理 写真集『物語の中の少女』より
レナとアリツェ

 

 

ブッダが菩提樹の下に座って、
人間の苦しみや、善悪・良い悪いなどのあらゆる幻想から解放され、
呼吸とともに曇りのない心で座っていたときの……

 

その穏やかさやくつろぎまでは到底及ばないのだけど、

 

今の私は以前までのキリキリとした焦燥感がなくなって、
流れに任せてゆったりと歩んでいけているようです。

 

昔からずっと私の中に棲みついていた、あのヒリつくような渇望は、
“ただ在る”ことを楽しみ、安らぎへと少しずつ変容をしてきました。

 

 

小学生の頃から、自分の居場所がない、
どこにいても安心できないと感じていました。

 

高校生の頃には、まったく周囲とバイオリズムが合わず、
まわりと同化して流れていくことができなくて、ひとり孤立していました。

 

本や映画や芸術の世界に居場所を求め、
本と私の二人っきりという時間が一番好きでした。

 

高校から大学にかけて心は非常に不安定になって、
大学生の頃に出会ったR.D.レインの『引き裂かれた自己』という
分裂病について書かれた本が最大の理解者でした。

 

それから大人になり、写真という表現方法を手に入れてからは
恐くてしかたがなかった世界にレンズを挟んで触れられるようになりました。

 

闘病、ヒーリング、占星術、瞑想、神秘思想などの体験を経て、
心理学・精神分析の世界にまた戻ってきました。

 

今日は年末に参加した、心理カウンセラー中島輝さんによる
「HSPカウンセラー講座」で得たことを書いていきますね。

 

 

 

中島多理 SNOW WHITE中川多理「スノウホワイト」

中川多理の人形を見ていると、私はとても安らぎます。あらゆる価値が常識と定理によって評価される現代で、それらの軛から解放されて、静謐な時空で、朽ちていくのを許されたかのよう。「ようやく帰ってきた」という安堵を感じるのです。

 

 

 

この世界に安住の地はなくても

はじめてお会いする中島さんは、命を大切にする人でした。

 

最初に参加者全員に向けて、この講座に皆さんが貴重な命の時間を使ってくれたこと、人生の成長や気づきのきっかけにしてもらえたということに感謝の言葉を伝えていました。

 

すべての出来事に対してこのような姿勢の方だと思うのですが、この日のテーマであるHSPという気質の人たちはとてもナイーブで自己肯定感や自己価値感が低い場合も多くあるので、一貫して全肯定・全承認の場づくりをしてくださったことで、講座は始終なごやかなムードでした。

 

当日は、中島さん、スタッフの皆さん、一緒にワークをしてくださった参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

 

新しい感じ方や世界の見方、心理学の知識、たくさんのシェアに出会うことができて、私自身にとっても実りの多い一日でした。

 

中島先生が時折、一言一言ふるえるように丁寧に言葉を発しているようで、そこが印象的でした。

 

 

昔、レインの本にあった「どんな自分をも受け入れてくれる全的な人間を求めている」という言葉に当時はすごく惹かれて、本当に自分の心の底にあった思いそのものでした。

 

だけど……それから瞑想をしたり、本当の自分の家に帰って安らぐためのことをしてきたけれど、もしかしたらこの世界に安住の地はないのかもしれないね。

 

それでも、心を尽くして安心していられる場づくりをしてくれる人がいるというのは、自分をそのまま受け入れ、深い理解を傾けようとしてくれる人がいることは、嬉しいことですね。

 

 

 

HSP/HSSとは?

HSP、HSSについては判定テストがあるのですが、それはここに載せられないので説明だけさせてください。

 

生きづらさを抱えている方や傷つきやすいお子さんがいる方など、当てはまるか見ていただけたらいいなと思います。

 

 

HSP (Highly Sensitive Person)
高い感受性を持ち、創造的で直観的にあふれ、とても敏感で繊細な質を持ちます。一度に多くの情報を吸収できたり、共感力が高く微細な違いを察知する。感覚が鋭く、物事の本質を見抜くことに長ける。繊細な神経を持つため生きづらさを抱えやすい。

 

HSS (High Sensation Seeking)
刺激を大いに求めること。変化に富み、新奇で複雑かつ激しい感覚刺激や経験を求め、さらにこういった刺激を得るために肉体的、社会的、法的、経済的なリスクを負うことを好む傾向。HSPと対照的に明るく活動的な性格、人と積極的に話したりすることを好む。

 

 

HSPの人が五感で感じるものや、その場の雰囲気などの人間関係の微妙な原価に非常に敏感で、それゆえに会社や学校でうまく周囲に溶け込めず、場合によっては敏感さゆえに鬱病になってしまうこともあります。

 

「繊細さ」というのはあくまで主観的なものなので、その生きづらさを周囲にわかってもらえず、共感を得にくいこともHSPの人の悩みのひとつです。

 

一方、HSSの人は刺激や変化を好み、新しい刺激を求めてリスクを厭わず積極的に行動していくという特徴があります。

 

一見、行動的なところが魅力につながりもしますが、リスクを厭わないで過度な刺激を求めるのでギャンブルにのめりこんだり、ルーティンワークや下積みができなかったり、恋愛にもスリルを持ち込んだりとやはり生きづらさにつながってしまいます。

 

さらに、HSPかつHSSである場合、公の場面では外交的で好奇心旺盛なHSSの自分を見せていて、周囲からも明るくて活発な人と思われがちなのですが、同時に傷つきやすいHSPの要素も持っているので、些細な人の反応を気にしたいり、何気ない一言に深く傷ついてしまうこともあります。

 

 

 

「なんで?」「どうして?」という質問には答えにくい

中川多理 老天使老天使
(なんの疑問もなく社会に適応できる人間には、どこか虚無の匂いがある)

 

 

HSPかつHSSである生きづらさは、常に自分の中で葛藤が生じている上に、何か問題が生じたときに周囲の人たちも当人の行動が理解できない、ということもあるのではないかと思います。

 

私の場合は、父に質問をされたことです。父もいよいよ辛かったのでしょうが、私の行動が不可解すぎてついに「なんでオマエはそうなの?」と問いただします。

 

なぜこのような人間で、これらの選択と行動をしてきたかがわかりたいのは他でもない私でした。当時はHSPという言葉もなかったか、普及がまだだったのではと思います。

 

上から浴びせかけられる質問に、父を納得させる言葉がまったく浮かんでこない苦しさでうつむいていると、今度は「映画とか本のことになるとあんなに流暢に話すのになんでだんまりなの?」とまた質問されます。

 

 

人の心は複雑です。

 

ときに「なんで?」という質問に答えられないときもあります。

 

理屈=合理的な説明を求めるのは、その行為自体を軽く見ている証拠でもあります。

 

 

 

生きづらさを生きる歓びに変える

社会では明るく、社交的で、元気でポジティブなことが良いとされていたとしても、社会なんてものはそもそもひとりひとりの観念の集まりでしかない……つまり、社会なんて本当はどこにもないのです。

 

この日は繊細だからこそ細かいことに気づくことができ、物事を深く考え、本質をとらえる力がある、そんなHSPだからこその能力を強みに変えていく方法をたくさん教えてもらいました。

 

実際、中島さんはこのハイリーな特質を心理カウンセラーとして生かしてきたそうです。

 

 

繊細さを大いなる武器に変え、生きづらさを生きる歓びに変える

 

 

このナイーブな質を持った人たちが、自分が人生の主人公になって勇気を持って困難を克服し、本来の感受性と創造性を生かした仕事や活動をしていくことで魂の歓びを感じられたなら、私もその手伝いができたなら、いいなと思います。

 

 

 

この日はね、

 

 

すべての生命に心の底から感謝すること

 

自分をほめること

 

勇気づけができないなら、まずは自分を愛すること

 

 

そんなメッセージも中島さんからいただきましたよ(*^^*)

 

 

 

イツカ

 

 

【関連記事】

★自分を愛するって?癒し合うパートナーシップって?

苦しみを取り去って、癒す力のパートナーシップ〜傷つくならば、それは愛ではない〜

 

 

★HSPの能力を占星術アロマセラピストとして生かす

HSP(とても敏感で繊細)ゆえに生きづらい人たちへ~2019年1月占星術アロマセラピスト養成講座お知らせ~

 

 

 

 

苦しみを取り去って、癒す力のパートナーシップ〜傷つくならば、それは愛ではない〜

 

ティク・ナット・ハン 愛する今回はコミュニケーションのお話です

 

 

 

お正月は母と一緒に大叔母さんに会いに行ってきました。

 

昔からこのような親族と共に過ごす場面では、真面目に誠実に生きていても、様々な人の想いが関わり、何かのために自分が大切にしていたものを手放さなくてはいけないこともあり、利権が関われば親族の間でも争いが起こり、生きていくのは本当に大変で思い通りにならないと感じていました。

 

ですが、もし、もっと相手のことを思いやって自分も大切にすることができるようなコミュニケーションができたなら、よりよく解決できる部分もあったのではないかと感じます。

 

仕事では人間関係がうまくつくれても、夫婦間ではコミュニケーションがとれないという人たちは多いと思います。

 

また、元気で好調なときはいいけれど、辛さでいっぱいなときは周りの人たちの苦しさや痛みを思いやる余裕はなくなってしまうものです。

 

 

 

 

傷つくならば、それは愛ではない

コミュニケーションは私にとっても大きなテーマでした。

 

他者は自分を映す鏡なのに、傷つけられたと感じた時には相手を突っぱねて自分ひとりの世界に閉じこもってしまっていました。

 

自分が期待した反応を返してもらえなければ勝手に落ち込んだり、その人にはその人の事情があるのに「人のことを気にしない個人主義な人」と決めつけたりもしました。

 

HSP/HSSである私は、人とあっているときは意外に外交的なのに、ひとりになるとHSPモードになります。一方的に自分の欲求を押し付けてくる人やプライベートに干渉しようとする人に激しく疲れて、拒絶していました。

 

自分のナイーブな部分を守りながら、相手のことも思いやって付き合っていければよかったのに、そこにジャッジや拒絶が入ってしまったのですから、結果的に自分を苦しめてしまいました。

 

人を受け入れられないということは、自分自身を受け入れられていない、ということだからです。

 

私たちは関係性を通して自分自身を知ります。人との関わりの中で、どう反応していくかであらゆる関係性の中での自分自身の本質が明らかになるのなら……

 

傷つくならば、それは愛ではないのです。

 

 

 

 

本当に必要なのは、自分の心の傷と不安定さを受け入れること

母から父との間にあったことを聞きながら思いました。生活は大変だけど、もっとお父さんが〇〇だったらいいのに……

 

痛みをともなうパートナーシップには、一方が責めてばかりいるもう一方に非難で応えて、もっと相手が自分を受け入れてくれさえすれば、という思いが心の底にあります。

 

 

「彼さえもっとそばにいてくれればいいのに」

「彼女がもっと僕を受け入れてくれればいいのに」

 

 

そんなふうに……

 

 

ですが、相手こそ自分の不幸の原因だと決めつけて、逃げる相手をさらに責めたりしても悪循環でしかありません。

 

私も昔はずっとそういう関係性を築いていて、自分の辛さを相手のせいだと思い込んでいたし、相手に気づかせようとしてしまったときもあるけれど、本当の大元の原因は私自身の消えない傷が、不安定な心が、招いたことでした。

 

 

そこから私は自分に向き合い、OSHOアートユニティが主宰するハート瞑想や、ラハシャ博士のワークに出て、まずは自分自身が自立し、満たされ、独りある豊かさを生きられるようになることがパートナーシップにも大切なのだと気づきした。

 

ハート瞑想では基本の「ハートを開く」「ハートを感じる」「ハートから聞く」という瞑想があるのですが、自分の本質である思いやりや優しさ、慈悲や愛につながっている状態だと、とても受容的になって、自然と他者に対する暖かな気持ちがオープンになります。

 

ゆったりとして、どんな存在も愛されたいのだという理解から、受容性や寛容さがハートから花開くのです。

 

 

 

 

真実の愛にプライドの入り込む余地はありません

私がヒーリングを行うようになってから、多くのセラピストやヒーラーの方に言われたのが「もっと自分を愛して」でした。

 

ですが正直言って、自分を愛するということがどういうことかわかりませんでした。頭ではわかるのです。自分を大切にするということが必要なことがわかっているのですが、心の中からその想いが沸いてこなかったのです。

 

ティク・ナット・ハンの『愛する』という本は、私に愛することを教えてくれた本です。

 

そして今ままで苦しめて、傷つけてきた自分でさえも、愛しているからこそそうならざるを得なかったのだということにも気づきました。

 

短い、誰にでもわかる素朴な言葉の連なり。1ページずつそっと読んでいくと、いつの間にかに自分と世界の見方が新鮮になって、さっきまで灰色だった世界が輝きを放ち出します。タイの言葉は本当にシンプルなのに、魔法みたいです。

※タイ……ティク・ナット・ハンを敬意を込めて呼ぶ「老師」という意味の言葉

 

パートナーシップの9割はコミュニケーションで破綻するといいますが、本の中にはこのような言葉が書かれています。

 

 

・その傷を癒したいのであれば、プライドを捨て、自分を深く傷つけた愛するその人に助けを求めなくてはなりません。

 

・誰かの助けが必要でも、プライドが邪魔になることがあります。でも真実の愛にプライドの入り込む余地はありません。愛し合うとういうことは信頼し合うということです。愛する人に自分の悩みを打ち明けられずにいるのなら、あなたはその相手を信頼するまでには愛していないということです。

 

・自分自身という居場所へあなたが安心して帰れるようになったら、その扉を開いて誰かを迎え入れ、その人に何かを与えることができるようになります。

 

 

心理占星術では天秤座~蠍座への成長の段階はとても苦しいとされます。まったく理解できない人と出会い、理不尽な体験や力関係の中で押されてしまったり、自分をさらけ出して懐に飛び込んでいく必要性や家系でのしがらみなど、大抵の人が困難を感じる出来事がここに集約しているのです。

 

私はタイが『愛する』という本の中で教えていることを実践すれば、この天秤座~蠍座の成長を困難を感じても孤独や痛みを分けあうような関係性ではなく、自立して受け入れ合う関係性として育てていけるのではないかと思っています。

 

パートナーシップに関しては、占星術の知識があるようでしたら、自分と相手の水星や金星をみてみましょう。伝え方がお互いでどのように違うか、何を大切にしているか、ここだけは触れてはいけないポイントなど、相手を理解する参考になります。

 

 

木星が天秤座に入ったときに「婚活!パートナーシップ!」と騒がれて、結局「人間関係に疲れました」というふうにケガした人が続出したらしいのですが、やっぱり理解や受容性というハートの質を育てないでいきなり関係性に飛び込んでいっても、それはケガをしてしまうと思います。

 

これはマジックなのですが、自分が自立すると、周囲にも自立した人が集まるようになって、足りないところを求めあうのではなく、自分の豊かさを分かち合うような関係性ができあがってきます。

 

 

 

 

苦しみを取り去って、癒す力

サンスクリット語で「カルナ」はよく「思いやり」と訳されるそうです。

 

相手と苦しみを分かち合う「思いやり」ですが、「カルナ」には実はもっと深い意味があって、苦しみを分かち合うだけではなく、取り去って癒す力のことをいいます。

 

大切な人が苦しんでいたら、自分がその苦しみを和らげる力を分け与えてあげることができたらいいなと思います。

 

 

私たちはもれなく死亡率は100%です。

 

あと100年後にはもうこの地球にはいないでしょう。

 

だから、いつまでもギスギスしていたり、プライドから自分を手放せずにいるせいで相手を理解できなかったり、冷戦を続けているなんて、もったいないと思ってしまうのです。

 

この顔、体、この声、名前……たったひとつの私という存在同士が出会ったことは奇跡なはずだからね。

 

ギスギスしてしまうときがあっても、やがて微笑みあいたいと私は思うのです。

 

 

イツカ

 

 

 

 

 

 

みなもとの想いから離れないように、語り部として歩んでいけるように、精霊たちに祈りを捧げます

牡羊座・牡牛座 占星術アロマミスト

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

私は例年、静かに新年を迎えることが多いのですが、今年はいつも以上に静けさを楽しむように、年を明けました。

 

 

元旦の今日、火星は牡羊座に入りました。それは「意識の目覚め」というフレッシュなスタートのときです。

 

目覚めのときに新しい冒険に向けて勢いよく飛び出していくのが牡羊座・火星の本領なのですが、今年の火星のサイクルはふと頭をよぎったイメージ、頭脳では知覚できないところで見えたもの、心を揺らしたもの……

 

そういった、「私の源の想い」に導かれるように、静かにはじまっていきます。

 

 

意図は、なんでもかんでも大きな声で発信したり、不特定多数の人に向かって知らせるばかりではありません。

 

私という人間がみなもとから離れず、かけがえのないこの生で、魂の物語をつむいでいけるように、心の奥深くで静かに意図に触れ、感じている……

 

瞳を閉じて、魂の転生の物語が浮かんでくるのにまかせている……

 

 

 

そのような想いを込めて、私は今日、香りのミストをつくりました。

 

実は夜更けに意識は目覚めているのだけど夢うつつの状態になって、過去のいくつかの転生の記憶にふとしたはずみに滑り込んでしまう。

 

自分の転生の記憶を見るときには気をつけたほうがいいと本で読んだことはあるのだけど、ただゆっくりと布団の中で本を読んですごして寝ようとしただけなのに、このようにすべりこんでしまうことがある。魚座火星の最後の最後に現実との境目がなくなるなんて、らしいといえばらしいのだけど。

 

 

この夢うつつの話はまたするとして、年末に心理学について学びを深めるつもりで参加した講座で自分がHSPなだけではでなくかなりのHSSであったことを知りました。

 

HSPとは以前も書きましたが、非常に敏感で感受性の鋭い人のことを言います。創造的でもありますが、周囲のものを受け取ってしまうので多くの場合生きづらさを感じやすい質です。

 

HSSというのはHigh Sensation Seekingのことで、「刺激を求める人」のことを言います。

 

ここでの自覚で、自分の今までの周囲に理解されなかった心や行動の原因の一端がつかめたのですが、とにかく刺激を求めるわりに疲れやすい私は、外側からの情報があれば反射的に反応してしまうので、SNSも極力やらないし、テレビも置かないようにしています。

 

 

こういった遺伝的なものや肉体と魂が持ち越したテーマが合わさって現在の私がいて、自分にセンタリングしていくことが難しいことがわかっています。

 

だから、今日は自分自身から離れていかないように、牡羊座と牡牛座、火星と金星をベースに香りのミストをつくることにしました。

 

 

 

 

私の太陽は乙女座なので、4ハウスで射手座木星を体験する一年でもあります。

 

自分が本当に求めるものにコミットしていけるように、射手座と木星、そして月の香りもブレンドしました。

 

植物というエレメンタルな精霊たちに守っていただけるように、力を貸してくれるように意図して祈りながら、いつもカバンに忍ばせている私のお守りです。

 

 

 

 

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

占星術アロマテラピー®を中心としたホリスティックヒーリング

 

心理占星術と心理学をベースとした心の学びと探求

 

ただ在るという歓びを生きるミィスティカ・ラヴィングタッチ

 

神秘思想、アカシックリーディングによる、かけがえのない生を輝かせるためのサポート

 

 

 

これらを元に、生きづらさを抱える人が幸せと歓びを感じて生きていけるように、真理について探求し実践したいという人と分かち合っていけるように、

 

私も一歩一歩、歩んでいきます。

 

 

2019年1月1日

Pliocene Coast イツカ

 

 

 

 

2018年最後の星への想い~唯一無二の、偽りのない「私」という輝き~

 

新しい旅立ちの前のワークショップ2018年最後の占星術の活動は
ニコラボでの火星ワークショップ

 

 

年末は幸いなことにたくさんのご依頼をいただき、とても忙しく、気づけば31日です。

 

どうしても過活動になりがちな私は、年末の忙しい中でさらに新しい学びの分野にも顔を出し、新鮮な刺激を受けてきました。そこでの感想や来年の活動のことなどは年が明けたら書かせてくださいね😊

 

 

今年一年、セッションやイベントに来てくださった方、一緒にイベントを開いてくださった方々、サイトに遊びに来てくださった方……本当にありがとうございました!

 

 

 

私の今年最後の占星術の活動は、ニコラボで行われた「新しい旅立ちの前の火星ワークショップ」

 

講座を終えて急ぎ向かうと、はじめてお会いする顔が並んでいてちょっとドキドキ(^-^)💓

 

火星サイクル手帳がどんどんいろいろな人の手に渡っていって、輪が広がっているんだ……知っていたけれど、改めて実感しました。何かが生命力をもってワーッと広がっていくのを見るのは楽しいものです。

 

これからどうなるか、未知だけどなにか面白いことがあるのではないかって、このワクワクの先に真摯に自分に取り組んでいる人たちがたどり着く先があって、それを近からず遠からずシェアし、つながりあって、縁ができていくのがすごく面白いなって、そんなことをワークショップの場にいた私は感じていました。

 

 

火星ワークショップ、開始前のひととき

 

開始前のひととき。

nico先生がみんなからの質問や聞きたいことなどをまとめて言葉を生み出していく瞬間です。

 

それにしても皆さん赤・赤・赤!

しっかりと火星を意識していますね😮💕

 

 

 

 

この日は2019年の1月1日からはじまる火星サイクルには逆行がないこと(15 or 17年ぶり!)、2020年の6月28日からの第3期火星サイクルにおいて火星が牡羊座に半年も逆行することなど未来、過去もふまえ今の時代に私たちが宇宙のエネルギーと調和していくために何が必要かをレクチャーしてもらいました。

 

さらに、私が質問をした「天王星が牡牛座に入り、牡羊座に逆行し、さらに木星射手座イングレスチャートにおいてMCが牡羊座であること、この象徴がどのように関連しているのか」については、2017年からはじまった火星サイクルと天王星の移動にはとても重要な意味があることも絡めて解説してもらいました。

 

今期火星サイクルで起こった水瓶座での逆行と、牡羊座・牡牛座を運行してきた天王星。個人が社会の中で通用するだけのリソースをもっているか、社会や人々に貢献しようという意識、自分の価値をシェアしあう対等な関係づくりなど、こういったことに弱みがあると、不安を感じやすいサイクルだったわけです。

 

これからの時代は「個」の力を強めていくことが社会で歓びを感じながら生きていくのには必要になってきます。

 

個人の力が弱いと、望まない環境・働き方・関係性に囲まれていつまで生きていかなくてはなってしまう。それがわかっているなら、どうしよう?

 

私がどのように生きるのか、ビジョンを見て意図して主体的に行動をしていくこと。ひとりひとりが生きてくことに責任を持つこと。

 

そのためには火のエネルギーである、これが面白そう!自分はこれをやりたい!という自分にコミットした純粋エネルギーを忘れないようにしなくては、牡羊座のあとの牡牛座もできない……自分の足でしっかりとリソース(金星)を生きざまとして発揮していけるようにならなくては、常に人に使われているような人生になってしまうのです。

 

 

 

 

 

2017年からの火星サイクルを振り返って、苦しかったこと、自覚したことなどシェアをしあいました。家族や仕事、社会の意識に翻弄されそうになりながらも、懸命に生きてきた様子をシェアしていただけました。

 

 

1月1日からの火星サイクル、まずは牡羊座・牡牛座の期間に「私」という存在が何に歓びを感じ、何かをやりたいと思ったときに足をとめている葛藤に気づき、自分という存在を強みとして表現していく。

 

チャレンジし、心の持ち方や意識の在り方が変わるような体験をしていく。

 

自らの意図が明らかになったあと、心が動くようなことがあれば迷わず手を伸ばしてみよう。かけねなしの私という存在が喜ぶことに出会えたら、私の中にいまだ眠っている資源が育っていく。歓びをもとに積み上げた力・価値は私たちそれぞれにとって一生を支えるものになっていくのです……

 

 

この他にも社会の動き、不安をあおるようなメディアの発信に刺激され、木星の外発的な報酬に引っ張られ、お金や安心、楽に稼げたり生きられたりするビジネスに、自分の魂が望んでいないのにそっちに行ってしまう危険性。

 

 

心理占星術、そして火星サイクルは天体の様々な要素や、宇宙からの常に移り行くエネルギー、社会情勢など見るところがたくさんあって、本当に向き合って生きれば日々のどんな瞬間にもコミットして生きていくという決意そのものになります。

 

 

それってすごく大変かもしれないし、ときに自分を失うことに夢中になってしまうかもしれません。

 

 

だけど、「私」になれるのは他でもない「私」でしかないよね。

 

自分のアイデンティティー……自分が何者であるか……を確立しようとするなら、自分がどんなときに自分以外のものに自らを適合させてしまっているか、どんな思い込みや信念があるか、自分が惹かれているものは本当に純粋な想いから求めているものか……そういったことに常に自覚的になっていく方が、自分にいつわりのない人生を生きていけます。

 

 

自分に偽りのない人生、それが火星サイクル手帳の恩恵です。うまく生きるとか、いわゆる富と成功を手にするという話ではないのですね。

 

 

 

 

先生からのレクチャーが終わり、いよいよお食事タイム!

 

私は朝から何も食べていなかったから、とってもお腹がすいていましたよー😋❗

 

 

 

 

 

手作りのチリコンカン!……って言うのかしら?あってる?

 

カナッペ、パン、そして私がボトルキープ(笑)してある米焼酎メロウコヅル(おいしいの、これ💖)

 

 

お酒も入って、私はファシリテーターなどもさせていただいて、先生、つびーさん、そして聞いてくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

葛藤、生き残りの戦略を少しでも手放さなければ火星なんてできない、純粋な魂の意識を生きることなんてできない。人生で経験することは決まっているけど、出来事に対するレスポンスを変えていけば未来を創っていける、そんな話をさせていただきました。

 

 

 

縁と縁の網目に私たちは生きてます。

 

ビッグバンで宇宙が生じ、この世のあらゆるものは創造主の表現にすぎません。すぎませんと書くと冷めて聞こえるかもしれませんが、それはつまりどんな現れであってさえも、良いも悪いも善も悪もないということです。

 

だから、本来なら私たちは何をやっていてもしていてもいいし、どう生きたっていいのです(他に犠牲を出すような生き方はダメですよ)

 

どんな小さなものでも、それが生の情熱的な表現であるのなら……魂とスピリット、肉体が合わさった私たち人間という存在が純粋な歓びを表現して生きていけたら。

 

もっと自分を愛して、もっと自分を尊重して、深刻にならないでユーモアをもって、自己憐憫のドラマに陥らないで、輝きを放射することができたなら……

 

そして、プリオシンの活動の根幹である、

 

 

 

「生きることのすべてを祝福していけたなら!」

 

 

 

そんなふうなことを改めて思った今年最後の火星パーティーでした😊⭐

 

 

 

 

最後は恒例の、想いを込めた風船飛ばし!

 

 

 

 

マンションの階段から撮った、みんなが風船を持って横並びになっている写真は私のお気に入り!

 

みんな可愛い~🧡

 

寒いのも忘れてみんなの笑いの中、風船は空高く飛び立っ……っていかなくて、フラフラさまよってて先生が回収して空に放つという最高に愉快な展開もありましたが、

 

そうです、思うとおりにならないのが人生。

 

思い通りにしようとしようとコントロールして結果ばかり気にするから私たちは今この瞬間をめいっぱい楽しむことができないのです。

 

さまよったって、誰かとの出会いや経験したことが、自分の道に戻してくれます。ときにそれは痛い経験かもしれません。大きな喪失を感じるかもしれません。

 

それでも自分は幸せになれるんだ!って信じて肯定していれば、自分の価値を信じていれば、きっと唯一無二の感性と創造性を発揮できると私は信じています。

 

 

 

2018年、本当にありがとうございました。

 

もし時間がありましたら、もうひとつお話を書きたいと思いますが、間に合わなかったら来年ね😊

 

 

 

今年もあと数時間、よいお年をお過ごしください。

 

どうもありがとうございました💜💛💚

 

 

Much Love
イツカ

 

 

飛んでいく風船たち

 

 

 

 

2018-12-31 | Posted in 占星術, 星とこれからの時代No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 34