裁く心は癒すには。。

三鷹 古小道具 四歩 ジンジャーシロップ
三鷹の古小道具 四歩さんにて
ジンジャーシロップ

 

今日は三鷹へ個人セッションへ行ってきました。
私の家の方はよい天気だったのですが、三鷹につくと冷たい雨が降っていました。

事前に見ておいたコンサルテーションチャートから、
今いる組織の人たちを理解し関わっていくことに辛さを感じている様子はうかがえたのですが、

どうしても裁いてしまう、その気持ちが自分でも苦しい・・・・・・

裁いてしまう、というのは、
魚座の今の時期にとても合っている悩み事だと思いました。

魚座にとって品位のよい木星と金星も逆行しているので、
より自分に自信をなくし、批判してしまうというふうに敏感に反応しているのかもしれません。

 

魚座の時期は、深い包容力や受容性、

人間の欲求の不甲斐なさを知って、

エゴを手放し、

他者を真に理解して、悲しみを感じる・・・・・・

そのような時期です。

 

本当は自分がしがみついているものを手放して
相手を理解して受け入れた方が楽になるかもしれないのに、

自分に自信がなかったり、不安があるために、
相手を批判してしまいます。

誰かを批判するとき、私たちは同時に自分も批判しています。

批判したときに、一瞬、優越感を感じるようなときがあっても、
本当は自分のそういう部分にこそ、自分を苦しくしてしまっている心があります。

 

この苦しい気持ちを終わらせたいのに、

それでも否定してしまう。批判してしまう。

 

そのようなときに、「それはそれでかまわない」というふうに、
まずは全力で自分を受容してみてはどうでしょうか。

どうしても否定してしまう、そんな自分が許せない、
でも・・・・・・許せないでいる自分を、全力で愛するのです。

愛するのがわからなくて、できなくても、「それはそれでかまわない」というふうに、
自分に言ってみてあげてください。

 

 

魚座の時期に、水で覆われた世界で、
魚座期にピッタリのお話をしたと思って帰りました。

魚座のもう一つの意味は「幕を降ろす」です。

新しくスタートするために、自分を引き留めているものがあるのなら、
それを解消する時期です。

 

 

帰り道、古小道具の四歩(しっぽ)さんに立ち寄り、少し買い物をしました。

 

今日も一日、どうもありがとうございました。

 

 

心理占星術、占星術アロマテラピーをもとにした星読みとコーチングセッションをしております。

ご興味がおありの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-03-08 | Posted in 個人セッション, 占星術No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA