ホロスコープは、私たちの潜在能力が秘められた青写真を知る手がかりです~明晰であること~

レモンファッジのキャラメル

 

 

こんにちは!

 

前に銀座SIXで買ったFARRAH’Sのキャラメル。FARRAH’Sはイギリスの老舗お菓子屋さんで、1840年創業だそう。ここのレモンファッジというキャラメル、買ったことをずっと忘れていて、昨日テーブルを掃除していたら発見。さっそく食べてみたら、甘くて、甘くて・・・・・・口の中ですぐにとろけて、、わぁ、なんて美味しいのだろう!甘いと旨いは同じ語源なだけあるよね。

 

これは幸せな味だなぁ。見た目もオシャレだし、本当、健康のためにこんなにステキなものを食べないなんてもったいないな。悪いのは食べ物じゃなくて、その食べ物について自分が何を考えているかなのにね。

 

バターと練乳たっぷりの、Farrah’s Original Fudge TIn、セッションやイベントのときにテーブルにちょっと置いておこうかな♪

 

 

そう、セッションやイベントといえば、私はまだ本格的には始動をしていなかったのだけど、そろそろ形にしようという流れになってきました。

 

先日、24日の新月。この日は蟹座の3度で新月となり、サビアンシンボルの意味は「シャギーディア(毛深い鹿)を連れている、毛皮に身を包んだ男」。松村潔さんの『神秘のサビアン占星術』によると、この度数では「新しい決断と、新しい考え方を獲得した個人は、この新しい生き方なかで、自分が困難な状況に立たされていることを感じる。しかしこれは深層の心の拡大をテストされている度数で、霊的な方向へ心を移すために、ひとつの孤立が課せられているとみなすべき状況。」とあります。

自分自身の、それこそ奥底のセルフから引き出される潜在的な能力、インスピレーションを源流から引き出すために、孤立する同数です。ここでは忍耐力と志が試される。いらだって、投げ出さないように・・・・・・。孤立というのは、蟹座3度の裏にある獅子座の要素でしょう。

 

この24日は、私にとってまさにそういったことを意識させた日で、そして夜にお逢いして星を見させていただいた方も、そのようなポイントに立っていました。これは共時性、星とのシンクロニシティだと感じずにはいられなかったのです。私は太陽も月も13度で、これは反骨の度数、周囲と協調してやっていくような度数ではないのですが、そのサインやハウスに関してカリスマ的能力を発揮する代わり、適応能力を奪われるのです。

仲間は見つかれないかもしれないけれど、徹底してひとりでやっていかなくてはならないのですね。

 

お話していた方は山羊座の男性で、仕事をしなくてはいけない時期だとハードなスケジュールをこなしているのですが、さすがに疲れ切ってクタクタなのと、思う通り結果が出ないこともあって、少し方向性に迷っているようでもありました。それにしても、この方は山羊座に太陽と火星のコンジャンクションを持ち、乙女座の土星がトラインで関わっていて、お話を聞くに山羊座のザ・目的意識のすごさをまざまざと感じた私です。

山羊座は保守的とも言われるけれど、とんでもないです。12星座でいちばん反抗的になる可能性があります。ようするに、地の最後のサインなので自分にとって最高の感覚器官を発達させるわけですが、他人の作ったシステムに満足てきない場合が多いのです。会社や組織に対しても「もっとこうしたらいいのに」がすごくある。つまり文句が多い。自分の中に改善したいものがあるから、フリーランスや起業する人にも山羊座は多いし、要するに山羊座さんにとって既存の社会に生きるのは目的ではないのですね。

 

この方の場合、MC蠍らしくひとつの企業に15年間もつとめ続け、現在38歳で働き盛り。自分でも今働かなくてはいけないことがわかっているから、毎日営業して現場に出向いて、夜は接待して、休日も取引先の上役に誘われればお相手をする。あきらかにハードワークだけど、今やらなくてはと思うから頑張っている、と。

お話では、どういったエネルギーの使い方をすれば仕事によりいいかや、アイソレートされた月、ディグニティの低い金星、東南の強調など、自分の月的な要素に気づきにくいので、そのことの気を付けるよう、そして月的な深い欲求と自分のこれからの仕事を結び付けるように、また今、意識して取り組むことなどをお話していましたが、やっぱり仕事の展開に見通しがつく話の方がこういう人は俄然、元気になりますね。「ありがとう!応援してて!」と颯爽と帰っていったのが印象的でした。

 

それにしても、このように陽の強い、もともと陽である男性は、自分の陰の要素に気づきにくいです。なので、「ツライ」と思ったときには手遅れになってしまう可能性があるのです。せっかく目標を叶えても、一年後に大腸がんで倒れましたとか、家族がバラバラです、では意味がないし、もったいないので、本当にセルフ(自身)のケアを常に意識してほしい。

 

あと、彼は太陽と火星が12室なので、本当はもっと打ち出していきたものを出せないでいるとしたら、それもストレスになってしまうし、本人が気にしている痩せた見た目も、男性性が表に現れにくくなっているのかもしれません・・・・・・が、見た目は柔和で優男風なのに、フタを開けたらこの人すごい!みたいになればよいですし、彼の可能性にネックにはならないでしょう。だけど男性らしい悩みですね。

 

 

そんな数日をすごし、私もいつまでものんびりしていないで、そろそろ形にしようと思います。個人セッションのページなど、書き換えていかなくちゃ・・・・・・

 

 

 

私たちは、私たちだけの、オリジナルの脚本をたずさえてこの世界に生きています。

誰にでも、その人だけの才能があります。

 

私たちは、私たち一人ひとりの青写真を持っていて、その手掛かりをホロスコープで知ることができるでしょう。

だけど、それだけでは自身の潜在的な能力を発揮するのは難しい場合が多いのです。宇宙のエネルギーとともに生きることを決心した人には、この宇宙から自分を助けるためにエネルギーがやってきます。ただし、それは自分がクリア(明晰)な状態であれば、です。

 

私たちの無意識にある記憶や情報が再生されているかぎり、懐中電灯の前に手をかざしたように、光はまっすぐには届いてきません。誰もがなんらかの才能をうちに秘めてこの世に生まれてきたのに、それが発揮できなくなってしまう。なんとか開花させようとあれこれ考えたり分析したり情報を集めたりするけれど、ひとつ片付いた問題のあとにさらに大きな問題が起こったりして、何とかしよう、そうだセラピーに行こう、あるいは方法論を試そう、あるいはドラッグなどの中毒・・・・・・

 

そんなに努力しなくても、大丈夫です。

よくある自己啓発みたいに目標をさだめ、意志を固め、そのために計画をたてて行動するというやり方をとらなくても大丈夫なんです。モチベーションが低くても、もちろんOK。(そもそも人の何倍も努力家で誠実で真面目でコツコツやる人でも豊に成功するなんて限らない。この世界には不条理というものがあるのです)

 

 

とにかく、自分の才能を生かすのを邪魔しているものをとり除けば、あなたにふさわしい出来事や出会いが起こります。

 

その人がクリア(明晰)であるほど、宇宙のエネルギーを今のその人にふさわしい形で利用できる。

意志の力もいらない。努力もいらない。

それが共時性。宇宙からもたらされる影響力。ゼロの力。

クリアな人にはお金も集まってくるでしょう。

 

そのときはプラスに働かないこともある。だけど後から考えたら、それでよかったという結果になってる。例えばソーラーアーク木星がネイタルの太陽とコンジャンクションなのに何も起きないとか、普通は昇格とか、やってきたことが日の目を浴びるような解釈だけど、その人がクリアでありながら何も起こらなかったとしたら、それでその人には最善だということです。

 

 

夏至からの3カ月のテーマは、自分の資質、時間、肉体にフォーカスし誇示できるようにすること、人や社会と深くコミットしていくために自分の中の怖れをなくすこと、ぎゅっと何かに絞って行うことでした。そして蟹座の季節は私にとってはどうやら自分のサンクチュアリ(聖域)を拡大していくことになりそうです。

 

皆さんはどうお過ごしですか?

 

 

今日も読みに来てくれてどうもありがとう。

 

 

またね(*^^*)

 

 

 

カラメルのおしゃれな缶

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-06-27 | Posted in 個人セッション, 占星術No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA