滅びぬ愛を胸にたたえて果てのないでこぼこ道をゆく~あなただけの、小さな約束をしよう~

 

ティク・ナット・ハン、ベトナムに帰郷ティク・ナット・ハン
祖国へ永住帰還
(※ティク・ナット・ハン愛しのコミュニティより)

 

 

 

3日の夜、ティク・ナット・ハン禅師が祖国ベトナムに永住帰還をすることを知りました。公式発表は2日だったようです。

 

ティク・ナット・ハンは世界的精神指導者・平和活動家・詩人であり、類まれなる愛と智慧、洞察に満ちた彼の教えは、苦しみを抱えて生きてきた多くの人を救い、仏教の教えを現代の私たちにもわかりやすい形で伝え、これからの時代にひとりひとりが幸せを育んでいくために大切なことを教え続けている人です。

 

タイ(ハン師を愛情を込めて呼ぶときの呼称)は、4年前に重篤な脳溢血に陥り、そのときの後遺症という肉体的挑戦を受けながら、あらゆる瞬間を平和で喜びに満ちて生きるという力強い教えを続け、先月、92歳の誕生日を迎えて以降、自らのルーツであるベトナム・フエ市の慈考寺へと戻り、余生を送りたいという心からの願いを周囲に伝え、今回の帰郷となりました。

 

タイが故郷に戻れて本当によかったと思います。平和活動をしていて、故郷に帰れなくなり、それでもフランスにサンガというコミュニティをつくり、私たちに限りない慈愛と、深遠な教えを降り注いでくれました。

 

私がギリギリのとき、救ってくれたのはタイの言葉でした。お調子者の私は、すぐに元気になるとアレコレと気を散らして落ち着きがないのですが、いつでも戻るところはタイの教えで、力を与え、ただ生きることの尊さと、日常に大らかな暖かいゆったりと広がった心を取り戻させてくれました。

 

 

ティク・ナット・ハン

毎日が忙しさや雑音、混乱でいっぱいだったら、
あなた自身を支え、元気にしてくれる要素に取り囲まれていることも、
簡単に忘れかけてしまいます。
例えば新鮮な空気、太陽、そして木々といったような。

 

 

 

タイの活動を支えている方、本を訳している方に比べたら、私はタイがどのように生きてきたかも、仏教というものについても、まったくの浅学者です。

 

今回も、「ティク・ナット・ハン愛しのコミュニティ」からのニュースで知りました。

 

ティク・ナット・ハンは寺内に入ると、古い石門に手を伸ばしてその冷たさに触れました。それは帰郷の印でした。ティク・ナット・ハンがまだ若き僧侶の頃、多くの思い出深い瞬間を過ごした半月の池を眺め、仏堂の参拝へと進み、先祖たちの仏壇に線香を添える間、同席の誰もが静寂を保っていました。

(ティク・ナット・ハン愛しのコミュニティ「祖国ベトナムに永住帰還」より)

 

 

スピリチュアルな活動をしている人や、占星術家の中には「宇宙につながって生きる」という意識を持っている方が多いと思います。

 

タイは、特別な言葉は使わず、そのほとんどを誰にでもわかるやさしい、普通の言葉を使って話されますが、本当にすべてのものとつながり、宇宙とつながって生きるというのはこういう姿勢の人のことだとタイの本を読んで思ったのを覚えています。

 

宇宙とつながるというのは、占星術の知識やスキルが身に付き、水星逆行だからコンピューターが壊れたとか、月が蟹座だからインナーチャイルドを癒そうとか、そういったことだけでは不十分です。

 

無意識的に生きていたとしても、誰もがすべてのものとつながり、宇宙とつながって生きています。それを意識的に行うということは、日常のすべてに宇宙にあるそのものが、それ以外のすべてと関わり合って存在しているということ、独立した実体は何一つないことを、深く見て生きていくということです。

 

だから、本当にマインドフルネスを生きるのは難しいのですね。

 

 

「ハートオブ東京・鎌倉・横浜サンガ」さんが、タイの92歳の誕生日にこのような記事をアップしていました。

 

それは、皆がタイが歓ぶプレゼントは何ですか?と聞いたお話です。タイは、

 

「プレゼントはタイが毎日楽しむことができて、そして君たちも毎日楽しむことのできる、心の贈り物がいいですね。最高のプレゼントとは、君たち自身がちゃんと大切にできる約束だと思います」

 

「だから深く見つめて、君が大切にできると信じる約束を……できればたったひとつだけ……君がちゃんと叶えることのできる、一生続けていける、ほんの小さな約束。それがタイにとっての何よりもすばらしい誕生日プレゼントです」

 

 

と言いました。

 

なんて素敵なプレゼントのリクエストなのでしょう!

 

あなたが大切にできると信じる約束、ちゃんと叶えることのできる、一生続けていける、ほんの小さな、たったひとつの約束……

 

そんな自分との約束はありますか?

 

私がこの間お会いした方は「決して暴力をふるわないこと」だと言っていました。怒りのエネルギーは相手のエーテル層を破壊します。肉体の暴力はその後何年もの間、暴力を受けた相手の肉体に記憶されます。

 

そのことの重大さを知っているから、暴力を決してふるわないと自分に約束をしているのでしょう。

 

もし、誠実さだったら、正直で思いやりがあり、事実をきちんと見据えたやりとりをするようになりますね。

 

慈しみだったら、なるべくどのようなものにも深い理解を傾けて接するでしょう。

 

ほんの小さなことでいいのですから、この約束はきっと自分の核なる価値観でもあるはずですから、何かあるとよいなと思います。

 

 

 

最後に、パリのテロ事件を皮切りに世界で紛争と殺戮がいかに溢れているかを人々が知ったとき、静かに広まっていったベトナム戦争の時にタイが書いた詩があります。ティク・ナット・ハン愛しのコミュニティさんに島田啓介さんの訳で詩が紹介されていますが、それを紹介させてください。

 

1965年、ベトナム国内で日々命賭けで救済活動にあたる教え子たちが無惨にも犠牲になっていく中、遺される者が憎悪にとらわれず慈愛をめい想し、本当の敵とは人間に対する自らの怒りと憎しみ、欲、狂信と差別であることを見誤ることのないように、そして同じ人間に対する憎しみの中でではなく、相手へのゆるしと微笑み、慈しみの境地で死を迎える覚悟を持てるために書かれた詩──
『Recommendation “あなたへの提案”』

 

 

“あなたへの提案” Recommendation  ティク・ナット・ハン

私と約束してほしい
今日、いまここで
太陽が天頂にあり
あなたの頭上にさしかかるいま
約束してほしい

 

あの者たちが
渾身の憎しみと暴力で
あなたを打ち倒し
踏みつけ
虫けらのように踏みつぶしても
あなたの手足を引きちぎり
腹を引き裂いても

 

忘れるな、友よ
憶えておくのだ
本当の敵は人間ではない

 

慈悲の行いのみが、あなたにふさわしい
揺るがず、無制限で、条件のない慈悲こそが

憎しみの眼には、人に巣食う獣の心が見抜けない

きっといつか、あなたは見据える
ひとりきりで、自分の中の獣を
決然とした勇気と
慈しみと迷いのない眼で
(誰も知らないそのときに)

 

あなたの微笑みから
一輪の花がほころぶ
そのとき
あなたを愛するすべてのものが
生と死を超えた三千世界から
あなたを見守るだろう

 

ひとりになった私は再び
頭を垂れつつ歩を進める
滅びぬ愛を胸にたたえて
果てのないでこぼこ道をゆく
太陽と月が
行く手をきっと照らしてくれるだろう

 

 

 

明日から伊豆へ行ってきます。

 

私を支え、元気にしてくれる要素を、新鮮な空気や水や星々を感じて、大地にキスするように歩いてこようと思います。

 

イツカ

 

 

 

★各種個人セッションの説明はコチラ

魂の目的を知り、自分の今生のテーマを知りたいという方もぜひご利用ください。

 

★11月27日開催「開花させる土星~土星からの贈り物~」

心理占星術家のrikoさん&今井さんと一緒に行う土星マスターイベント。土星への恐怖感をなくし、自分にとって最高の土星を育てましょう!

 

★11月開催「占星術アロマテラピー®入門講座」の説明はコチラ

12、21、24、30日の14:00〜16:00開催。星のバイブレーションと呼応した植物のバイブレーションについて学び、体感し、ホリスティックなヒーリングを実践します。心の癒し、自己実現、QOLの向上など、カウリ・ホリスティック・ヒーリングが提供する占星術とアロマテラピーのメソッド入門編です。

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA