もしも私が幽霊でも、好きと言ってくれますか?~ミィディアムシップと「あの世」の秘密~

新感覚宇宙意識開発ソフト

日比谷理容の前で

「もしも私が幽霊でも、好きと言ってくれますか?」
▶はい
いいえ

 

 

トレイシー・J・ヒッグスが伝えるスピリット(霊)の世界

トレイシーのサイキック・ミィディアムのワークショップは初めての体験で大変エキサイティングでクレイジーなものでした。

 

サイキックとは生きている魂とつながること、ミィディアムとは亡くなった魂とつながることとし、前回はサイキックについてブログに書きました。

 

今回はミィディアムの話をしようと思うのですが……タイトル、ちょっと遊んでしまいました。

 

「もしも私が幽霊でも~」というのは、昔アトラスから発売されていた女神異聞録ペルソナというゲームのCMで使用されていたキャッチコピーをアレンジしたものです。もとはこんなコピーでした。

 

 

「もしも僕が悪魔でも、友達でいてくれますか?(男子)」

「もしも私が悪魔でも、好きと言ってくれますか?(女子)」

 

 

私はペルソナの世界観がとても好きで、このコピーにもグッと惹かれるものがあったのです。まだ子どもだったし、不思議の世界大好きだったのですね。あと、私はソウルグループがもしかしたらあまり大きくないのか、別に両親に愛されていなかったとかありませんし、平和な世界で生きていたのですが、幼い頃から「ここは自分の居場所ではない」という漠然とした予感があって。

 

夕方、門限が訪れると子どもたちは次々帰っていきます。うちは母があまりいなかったこともあり、門限はルーズだったので、気づくと夕暮れにひとりということがありました。西日が街を照らすと、さっきまで騒がしかった子どもたちの声もなくなります。妙に静まりかえって、「人さらいが現れるのはこんな時なんだろうな」とぼんやり思っていました。

 

人さらいって人間ではなくて、「怪人赤マント」とか、そんな感じのです。それで私は「さらっていってほしい」と切に願った瞬間もあったのです。

 

果たして私の願いは聞き届けれることはなく、こうして紆余曲折して育ち、占星術や神秘思想の探求に傾倒し、さらにミィディアム(霊媒)の世界に惹かれていったのですから、ある意味、幼少期のあの時の願いは叶えられたのかもしれません。3次元の世界は時間があるから、願いが叶うまで時を要することがあるのです。

 

私があの世に行くことはありませんが、あの世とコンタクトをとる扉を開いたのですから。

 

 

そんな自分だけの感動が起こったせいもあって、タイトルで遊んでみたくなりました。あとはやっぱりトレイシーの語るスピリットの世界が楽しそう!……だからかな。

 

 

「スピリット大好き~♡」

「向こう側ってこっちよりもずっと生き生きしてるのよ!」

「あの世は皆さんが愛する人がいる世界よ、スピリットは光なの」

 

 

これを説明してから、愛する人に「もしも私が幽霊でも~」と言ってみたら……好きと言ってくれるでしょうか?

 

 

 

ミィディアムシップとは?

ミィディアムシップとは、日本では霊媒と言われ、亡くなった方とコンタクトをとれる存在のことです。

 

ミィディアムのことを「霊界交信ができる華やかなエンターテインメント芸人」だと思っている人もいれば、「信心深い聖人」のようにあってほしいと期待する人たちもいます。

 

実際にはミィディアムも多種多様で、それぞれに考えがあります。トレイシーは、向こう側にいった方々とブレンドすることだと言っていました。スピリットは自分の体験をシェアしたくて話しかけてくるから私たちがハートをオープンにして受け入れるのは美しいことなのだと。

 

スピリットは神秘的な存在なのではなく、私たちの未来。だから、悪いとか嫌とか思わないで、美しい魂と美しい魂の体験をしたのだというのが本当のところです。

 

ミィディアムがスピリットとつながり、メッセージを伝えることで大切な人を失い悲しみの中にいる人の魂にヒーリングを与えることができる。

 

この美しい魂と魂との体験に立ち会える喜びは言葉にならないぐらいもの。この感動があるから、ミィディアムを続けていられるのだとトレイシーは言います。

 

 

スピリット&あの世の嘘とホント

日比谷理容

 

 

あの世というのは、実はこの世とよく似ているらしい。映画に出てくるみたいにまばゆい光と色彩にあふれ、優美な調べが流れているのではないのだということですが、それは霊界がこの世界の一部であり、切り離された存在ではないという理由からです。

 

そして、スピリットには存在目的があり、むしろ逆であの世にいってから真の意味を持つ場合もある。ミディアムを通して愛を伝えたり、ただ感謝を伝えたいばかりに現れたり……

 

トレイシーは繰り返し言っていたましたが、ポルターガイストもお化け屋敷も幽霊もみんな嘘!!事故で死んだからと言ってドロドロした血だらけの状態で現れることはない!

 

スピリットは怖がらせようとなんてしていない。「もっとも呪われた場所」なんていうのは偽物のショーなので、怖がっていた人はご安心くださいね。

 

たまに、どのような状況で死んだかを伝えるために損傷した状態でミィディアムの前に現れることがあるそうですが、ミィディアムがそれをそのまま関係者に伝えることはないそうです。生きているイメージを戻してあげるのが、亡くなった方を生き返らせてあげるのが、ミィディアムの仕事なのです。

 

幼くして亡くなったり、生まれる前に亡くなってしまった場合、ご家族は大変悲しい思いをされるのですが、その子どもたちはあちらの世界に存在目的があり、その目的のために親の元から離された場合もあるそうです。

 

そして、子どもの霊には必ず大人の霊が付き添っているので、あちらの世界でひとりぼっちで寂しい思いをしていることはない、とのことです。

 

霊界ってとてもやさしいのね。こちらの世界の方が大変だね。

 

 

日比谷理容の料金表

「日比谷理容」はミッドタウンの中にある昭和テイストな理容室。

でも値段はしっかり現代風……っていうか、普通の床屋さんより高いよね?

あちらの世界ではお金なんか気にしなくていいのね(笑)

 

 

 

 

死んだら、一番好きだった場所に帰るから……

トレイシーは以前、アウシュビッツに行ったことがあるそうです。そのとき、ひとりとしてスピリットを感じなかった。

 

誰も、死んでから拷問があった場所になんて帰りたくないからです。

 

亡くなったらスピリットは自分が好きな場所に行きます。トレイシーの「あの世のしくみがわかる37の真実」という本に、飼い猫が車にひかれて死んでしまったあと、家の中で一番その猫がお気に入りだったスペースが緑に光っているのを、見たそうです。他の飼い猫たちもそのスペースを空けていました。

 

大切な、家族同然の動物たちを亡くしてしまっても……霊的な意味では、決して失ってなどいなかったのです。

 

私たちにはみな自分の居場所があって、霊になったあとはその場所に帰り居続けることができます。また、そこに留まる自由があるのと同様に、別の場所に移る自由もあります。

 

 

皆さんは、自分が死んだあと……どこに帰りたいと思いますか?

 

一番好きだったのはどこですか?

 

 

私はセミナーでこの話を聞いた瞬間に、幼い頃におんぶをしてくれた父の背中と、父のベッドのわきにあった小さな、いつも私がちょこんと座っていたあのスペースに帰りたい、

 

そうすぐに思ったよ(*^^*)

 

 

ほらね、こんなふうにその人の孤独やノスタルジーとつながるという意味で、ミィディアムって本当に蟹座・月的なんですよね。

 

 

2回にわけてサイキック・ミィディアムの世界をお伝えしました。

 

プリオシンは特定のジャンルにこだわることなく、様々な世界と交流したいと思っています。行き交う魂たちのステーションであり、気ままに休む浜辺でありたいのです。

 

もしどこかに連ねた言葉の一辺が、少しでもあなたの心に届いたら嬉しいな。

 

ミィディアムとは、メディアのこと。インターネットというメディアを通して、私の魂が誰かの魂と繋がるだろうか?そんな実験をずっとひとりで続けている。

 

一那由他分の一に起きる奇跡に賭けている。

 

 

いつか

 

 

 

ブルース・リー好きのトレイシーと
クンフーアクションを気取って記念撮影!
実は私は香港映画が好きなのです♡

クンフーポーズをとるトレイシーと私

 

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA