山羊座ムードの日に『成功する人は、なぜ宇宙を語るのか』の超・山羊座の人、平井克也さんにお会いしてきました!

「神の名」カタカムナ

忘れられた神の名、カタカムナ

 

 

夕方前に療養館に着きました。

問診が終わって一回、室内の温泉に入ったあと(シルク風呂というのがありました)、少し本を読んだり居眠りしたり。

 

先程、屋上の露天風呂に入ってきたのですが、見上げるとそこには沈黙の夜空が輝いています。

 

ひときわ輝いているオリオン座、左下にはシリウス、シリウスとベテルギウスとプロキオンを結んだ冬の大三角……

 

 

ギリシアの哲学者プラトン。

 

彼はこの世界自体にも魂があると信じていました。そして人々はこの世界の魂と触れることで神聖なる知識を取り戻すことができると考えました。

 

人間ももとは神聖なるイデア界の出身だからです。

 

プラトンの考えでは、星も惑星もより高次の存在というだけです。そしてこの考えは占星術の根底には流れています。

 

 

 

温泉に浸かりながら、

 

時間を超えたなにかが

 

精神を超えたなにかが

 

たしかに存在すると、そして「それを知っているのは誰なのかと」ふと問いかけたい気持ちになります。

 

 

 

 

前にも書いたのですが、自分自身がクリアであれば、星やカードを読まなくても大いなる宇宙の流れにそった生き方ができるようになるのだと思います。

 

(もちろん星やカードにはただ有効に生きる以外の楽しみがたくさんあるから、みんな触れてみてね!)

 

今回の療養は冬至図と9日の下弦の図を読む前から決めていたことですが、冬至図の第3ハウスの強調や下弦図の山羊座Ascにあった動きを自ずとしています。

 

 

少しおもしろいお話……

 

 

下弦の一週間、Asc山羊座という天の秩序に自分を寄り添わせていくには、自分のあるべき姿、私というシステムを見せていくことです。

 

満月から下弦で、人との関わりの中、私という存在がもみくちゃになって(笑)、相手の影響が自分の中に入ってきて動きが変わっていきますよね。

 

だから、私という仕組みそのものを問題点や欲求も含めて外に向けて見せていく。何をやろうとしているのか?

 

山羊座では蟹座の月の幅感覚を自覚するから、自分の問題点が出てくるけれど、「私らしくないね」というものは手放していきましょう。

 

 

山羊座だからビジネスとか目標達成というわけではないのですね(^ ^)

 

 

 

9日、私は宇宙を味方にする図書館カフェHabi∞Roadの店主、平井克也さんにお会いしてきました。

 

平井さんはABCマートをオープンし、事業を拡大発展、セレクトショップの運営などをなされたあとスピリチュアリズムや心の世界の研究を独自に重ね、ユニクロで取締役などもされてきた方です。

 

ビジネスの世界はよくわからない私ですが、昨年末に出版されたご著書『成功する人は、なぜ宇宙を語るのか』を読み、セッションをしてもらいました。

 

この本もそうですが、ワークショップやセッションなども「これをしたら富と成功があなたの手に」とか、過去生の解放とか、そういう単純なスピリチュアルではありません。

 

もっと命にあふれていて、日常の当たり前のなかに奇跡を感じていくようなものかな……気になったら体験してみてくださいね(予約制です)

 

 

 

大らかで子どもみたいに自由な平井さんが放つオーラのせいか、図書館カフェも心地よかったからか、この日は4時間ぐらいいたのですが、あっという間でした。

 

ティク・ナット・ハンさんの話、Oshoの話、占星術の話などで脱線しまくって(笑)盛り上がって、本当のスピリチュアリティについてお話ができ、とても心豊かな一日になりました。

 

もちろん、仕事の話もしたのですが、平井さんは山羊座で金星、火星、土星も山羊にある超・山羊人間です。

 

Ascが山羊座の日に山羊座の方とありのままの私でお話をし、土星の使い方が上手な人からの刺激を受けることができましたが、こういうAscの使いかたもあるのだなと気づきました。

 

 

 

 

 

 

おもしろかったのが宇宙球とカタカムナのお話です。

 

カタカムナとは縄文時代よりも前、数万年前の日本人が祀っていた「神の名」です。

 

渦巻き状に綴られた幾何学的な文字で、ひとつひとつの文字そのものに言霊と数霊が宿っています。

 

このカタカムナの思念表というのを用いて自分の名前を読み解くと、生まれながらに自分が決めてきた天命のようなものを知ることができます。

 

 

カタカムナの思念表

 

 

 

それによると私は歯を食いしばって努力するタイプではないし、お金を神聖なエネルギーとして愛していいし、生命力があるから出し惜しみせずにガンガンやるとか……

 

力が集まる場づくりをして、そこで感じたエネルギーで転がり出すとか……

 

 

とてもおもしろい!

 

 

簡単なので私もセッションに組み入れてみようかな(*^ω^*)

 

体験してみたいという方は教えてくださいね。

 

 

 

最後に平井さんも言っていましたが、どうすればいいかはシンプルで、ただ本気になればいい。覚悟して懸命になればいい。

 

そしてやるだけやって、天に私をあずける。

 

 

 

平井さん、楽しく豊かな時間を心よりどうもありがとうございました。

 

占星術の話もできたし、お互いに現場主義で風の月だからサービス命で、バランスがとにかく仕事には大切という深い話など、聞けてよかったです。

 

 

またふらりと遊びに行きます。

 

 

 

たくさん話して刺激や心地よさがあったけど、真実は、私という人間は五感でも精神でもなく、それらは気づきの対象にすぎません。

 

私というイメージは精神の働きによる投影と習慣によって刷り込まれた記憶でありますが、カフェの空間ではそれを超えた私でいられたと思っています。

 

真理を知ったところで世界がどう変わるのかという疑問もありますが、真の知性は自分自身を知ることでしか生じないのでしょう……

 

 

 

平井さんが最後までずっとお見送りしてくれていたこと、

 

とっても嬉しかったです(*^▽^*)

 

 

『成功する人は、なぜ宇宙を語るのか。』

平井克也『成功する人は、なぜ宇宙を語るのか』

 

 

 

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA