【イベント】射手座木星を最大限活用するための集中講座~新しいタイプの人類を創る~

シャボテン公園のラマシャボテン公園のラマ

 

 

あなたは、あらゆる病のまさにその根源へ向かっている。

私たちは、エゴのない、野心のない、世間で成功したいという欲望のない新人類を創ろうとしている。私たちは、踊り、歌い、愛したいと願う人類、生を祝福したいと願う人類を創ろうとしている。私たちは創造的な人類の思考を創ろうとしている。

(OSHO「ユニオ・ミィスティカ」)

 

 

 

今、この星は大きな変化の時を迎えています。

 

この星のすべての存在は集合意識でつながっています。その集合意識が、ユニティ(合一)に向かって移行するにつれて、私たちひとりひとりが内なる葛藤をなくし、ジャッジせず自分を受け入れ、社会や環境からの一切の制限を受けずに本質的な存在として自己を表現し、他者の目を気にすることなく意志をもって自由に人生を創造していくことが、ますます重要になってきています。

 

そのような時代を迎えていながら、仕事のこと、心の悩み、家庭の状況や将来の不安・・・・・・現代はひとりひとりが多くの苦しみや不安を抱えている時代です。今調子がよかったり、とくに問題はなくても、自体はいつどう転ぶかわかりません。

 

さらに、土星が山羊座に入ってから保守的な生き方がする人が増えています。手近なところで済ませ、小さく生きることで冒険やチャレンジを避けるようになるのです。なんでも過ぎれば弊害となるように、土星の強化はアドレナリンが出ないことによる病気の増加を招いてしまう恐れがあるそうです。

 

この解決に、自分の中のビジョンや理想という「火」の要素を広めていく射手座木星がどう出るかが見もの・・・・・・どれだけ自分の目標・ビジョンを形にしていくために、打ち込むことができるか。もし本当に理想があるのならば、孤独な作業に他ならないのが今回の射手座木星です。

 

孤独をloneliness(寂しさ)ととるか、aloneness(豊かさ)ととるか。独り在ることの豊かさを知っていれば、理想を追求する孤独な作業も比較的楽しんで行えるでしょう。

 

そして、このような時代にどうすれば内的葛藤を手放し、魂の歓びを放射するような本質的な生を生きることができるでしょうか?

 

 

 

今から木星に踊らされても意味はありません

先日、毎月恒例の職業占星術研究会に参加をしてきたのですが、この日は私からのリクエストで木星の射手座イングレスチャートを読み解くレクチャーをしていただきました。nico先生は世間で木星、木星とあまりに言われているから、いい加減あきているようでもありましたが、リクエストすれば大抵応えてくださるところが水瓶座ですね(笑)

 

木星が射手座に入れば、出版・広告・海外など射手座が象徴する事柄に対して拡大と発展が起こると言われてもいますが、それでは星のバイブレーションを地上のものはただ受けているというだけになってしまいます。

 

私たちには自由意思があること、そして人間の可能性の無限の貯蔵庫から個人的な特徴を選び、ライフスタイルを打ち立てていく原因として個人のカルマの歴史があります。星だけがこの地上のものの動向を決定しているわけではありませんし、またトランジットは常に古いものを壊して刷新していくのですから、今回の射手座木星も今までとは違った働きをするはずです。

 

いかにも木星的に煽られて、「よーし!海外に行こう!留学しよう!」なんて言って飛び出しても、自分のことがわからないまま葛藤を抱えてチャレンジをしては、結局、海外に行っても何も持ち帰らずに帰ってくることになります(また人というのは苦しいときほど可能性に賭けたくなるものです)

 

だから、射手座木星を幸運期だと周囲と一緒にアゲアゲに盛り上がる気持ちが湧かないのも納得できる話で、木星は本質的には「神」「宗教」の星ですから・・・・・・といっても特定の宗教ということではなくて、一種、その人に内在する健やかなる宗教といいますか、これがあるから人生は生きるに値する、世界はすばらしい、と思わせてくれるようなものです。

 

20世紀の現代占星術の父、アラン・レオは木星にUplifterというニックネームをつけましたが、「高次の知性」という意味です。合理性ではなく様々なものを統合する知性を表しています。この木星射手座イングレスが第5ハウスで起こるわけで、私はそれを面白いと思ったのでnico先生にレクチャーしていただきました。そこでの話も大変に有意義でしたので、これはイベントなどでシェアをしたいと思います。

 

 

 

これからは「表現」の時代

イングレスチャートのAscは獅子座、木星は獅子座の部屋である第5ハウスです。射手座木星をやるなら5ハウスそのものを強めていかなくてはなりません。自分の強みをアピールしていく、自分の最大値を出していくことです。

 

獅子は第3チャクラに相当し、個人であること・パワーに関係しています。そして、これからは表現の時代だと言われますが、表現は第5・喉のチャクラになります。第5チャクラは創造性を表し、内なる冒険が宇宙へと飛翔する段階、地上を歩いてきた私たちが、星を目指すときである探求を表しています。

 

また、第5チャクラは第4チャクラであるハートと、第6チャクラであるビジョンを統合し、言葉にして伝えることで指令を出し、現実化をしていく力をもっています。

 

射手座木星の一年を最大限に生かすために、第3・5チャクラをクリアリングして活性化しておくことは、大変重要なことなのです。

 

これらのチャクラで凝固してしまったエネルギーを取り去ることで、人生における成長や変容は骨が折れるほど長期的で大変なものではなくなります。変容はエネルギー的なレベルで起こりますから、過去の呪縛から解放されるためにも、変容の錬金術を導入し、射手座木星の波に乗っていけるようにしましょう。

 

 

地球が変化のときを迎えているなら、私たち自身もそうです。第5ハウスの要素は限界までやることですが、自分の最大値を出すことが変化への準備なのだと教えてくれています。

 

ですが、自分は何がしたいのかわからなかったり、多くの問題を抱え何もできそうにないと思えたり、目指したいものはあっても葛藤や執着があってチャレンジできなかったりすると思います。そのようなときにどうしたらよいでしょうか?

 

12月24日(月・祝)、「射手座木星を最大活用する」ためのイベントを開催します。詳細や当日のスケジュールは改めてお知らせします。

 

木星とはそもそもどういう星なのか、第5ハウスをやるとは?私たちの自己実現を阻むものや、人生で経験することの意味など、皆さんの木星射手座の一年をサポートします!

 

 

 

射手座木星を最大限活用ための集中講座

~変化の時、これからの生き方と星の道しるべ~

日時:2018年12月24日(月・祝) 14時~16時予定
場所:都内サロン(参加者にメールにてお伝えします)
参加費:3000円
持ち物:筆記用具

【仮内容】
・木星射手座イングレスチャートを読み、テーマを知る
・木星とはそもそもどのような天体なのか
・射手座木星のトランジットが生かせない原因、葛藤はなぜ生じるかを知る
・自分の目標やビジョンを明らかにする(MCからズレていないか、など)
・第3・第5チャクラのクリアリングと活性化
・参加者の射手座木星のテーマをソーラーアークシステムで読み取り、自己実現に必要なことを知る
・ソーラーアークから木星射手座を応援する星のバイブレーションをリーディングし、木星射手座期を応援する占星術アロマテラピーミストを作成する

※ホロスコープリーディングを希望の方はお申し込み時に母子手帳に記載されている出生年月日と時間、場所をお知らせください

 

お申し込みはコチラのフォームか、下記のアドレスまでお願いします。

mocomoco.mitsuneko★gmail.com(★→@)

 

 

イベントの詳細はまた日を改めて紹介しますね(*^^*)♡

 

 

イツカ

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー・カウンセラー。占星術アロマセラピストティーチャー。心理占星術、仏教、神秘思想をもとにセッションや講座を開催。心の問題を丁寧に扱い、生きづらさを抱える人にも可能性が開けるような生き方を提案。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、より本質で生きるあり方を日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA