勝手にイケメン化する水瓶座と、そのフェティッシュ

少年愛のメランコリア「アンタさ」
「アンタ呼ばわりはやめたまえ、年上の人間に対して無礼だ」
「ごめん・・・・・・なさい」
(Dr.Oss’s mad collections vol.4  『僕の天使』より)

 

今日はとてもいい天気で、ちょっと汗ばむくらいでしたね。

髪を切りに北千住まで行ってきたけれど、休日なせいか街はのんきな活気がありました。仕事中のせかせかした感じじゃないやつです。

美容師さんが「中島らもが好き」って言ったので、「私も!」なんてはずむ話をして、トーキング・ヘッズのフェティッシュな記事を読んだりしながらすごしました。

帰りに安い蒸しパンを見つけて買って帰る。

もうずいぶん前の話になりますが、出生時間がわからない場合の月がどのサインにあるかを見極める方法をレクチャーしてもらっていたときに、先生が「水瓶座に月がある男性はロリコンっぽい・・・・・・」ってポロッと笑いながら言っていたのです。

決めつけるわけにはいかないので、あくまで「っぽい」という話です。

だけど日本人って、清少納言の昔から小さいもの、幼いものを愛でていたし、お稚児趣味もあったし、今ではAKBをはじめアイドルもアニメも幼い感じのコが大人気なので、日本でロリコンと言ってもそんなに違和感のある嗜好ではないのではないかな、なんて思います。

ただし、成熟した女性を相手にするのは自信がなくて怖いからという場合は、ロリータにはあてはまりません。

そして、先生が言ういことが気になっていたのは、水瓶に月があるかはわかならないのですが、今まで周りにいた水瓶座の人の好みがどちらかと言うとほっそりし感じの人が好きだったりするのですね。たまたまかもしれないけれど・・・・・・肉肉しいタイプが好きという人は少ないように感じました。

このへんどうなんだろうと、星とフェティッシュの関係が気になる私としては調べてみたい気もするのですが・・・・・・

水瓶座と言うと知性を表す空気のサインで、不動ですから保守的です。

空気は肉体で感じる美というより観念の美を愛し、不動ですから価値を保持し続けようとする、自分の意見を頑固に持ち続ける・・・・・・

それを、かつて自分にもあった純粋さや無邪気さ、男女の役割が与えられていなかった自由な時代を、まるで自分のかわりに保持してくれているかのような、そんな憧憬に近いもの・・・・・・幼さや少年・少女、そこにフェティッシュを感じる、水瓶サインにはどこかそういうところがあるのかなぁとか、考えたりするのです。

もしかしたら観念の美ですから天秤サインにもあるかもしれないし、懐古趣味的といえば乙女サインにもある気がするのだけれど。水瓶の月というと、もしかしたらより傾向が強くなるとかあるのかも・・・・・・

セクシャリティは本当に難しくって、言いきれないですね。

まぁ、水瓶座ってギリシア神話では、あまりに美しいのでワシに変身したゼウスによって天に引き上げられた孤高の美少年ガニュメデスです。

空気のサインらしく、高みより見渡す客観的な視点・・・・・・天使は高みにあって誰も触れられないというか、美少年の神話にピッタリですね。

美しくっていいですね~・・・・・・

しかし・・・・・・!

ここに水瓶座くんの闇のベールを脱ぐときが来たようです。これを見てください。

エジプトのハトホル神殿の星座図

これはエジプトのハトホル神殿の星座図ですが、エジプトに渡ってきた占星術はもとはメソポタミアで栄えたもので、その影響を継いで描かれたのが上の図です。

ここでは水瓶座はGreat Oneと書かれています。

メソポタミアでは「偉大なもの」と呼ばれ、二つの壺から水を流す老人の姿で描かれていた、それが水瓶座です。

ギリシアに渡ってイケメン化してた・・・・・・!

 

 

偉大な知恵を携えた老人というと、まさに水瓶座のもともとの支配星である土星を感じさせますよね。土星は山羊座にあるより水瓶座にある方がより土星らしいと聞いたこともありますが、水瓶の知性に深みを与えてくれるのでしょう。

 
フェティッシュな視点では、写真は土星が表すものなので(長い時間の保存に耐えるから)、水瓶サインに月や金星や海王星の繊細さが加わるとフェティシュな嗜好が発揮されそうな気がします。

 

 

七戸優 『土星自身』

 

これは七戸優の『土星自身』という作品です。

きれいに切りそろえられた髪、育ちのよさそうな衣服、高価そうな時計。俗っぽい世の中から守られた環境にいて、描き込まれた正確な円や直線は、そこで保持され続ける少年の純粋さの表れでもあります。そこで少年は内面を穢されることなく宇宙法則の解明などに耽っている。

幼いながら、距離を置いて観察や考察をする科学者のような少年は、どこか水瓶座を感じさせます。

科学者って水瓶座のイメージのひとつですしね。

 

長くなったので、次回に続きます。

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-05-20 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA