病気や症状を深く見れば、「あきらめている私の人生」も見えてくる

よい「今」を
すてきな「今」を



「Awakeing to the Dream」という「夢から目覚める」ではなくて「夢へと目覚める」というユニークなタイトルの本を出しているレオ・ハートンという人がいて、いわゆる覚醒した人です。

タイトルと、この人のことを紹介しているサイトの文章に惹かれて読んでみたいと思ったのですが、日本語訳はされてない様子。

私たちは日々、心が揺れて喜ばしくない状態になり、恐れや不安がつのって身体まで壊すのですが、それに対する心の扱い方や癒し方を紹介している教えやワークはごまんとあります。

しかしトニー・パーソンズはじめ、このレオとい人もそうですが、このタイプの覚醒した人というのは心や感情に取り組むのは心理学の領域であって、彼らが話題にしている「人が幻影であること」「人の本質を見抜くこと」とはほとんど関係がないということです。

とりあえず今日は「風邪」をテーマに症状が伝えるメッセージについて書きたいので、覚者の意見は気にしないで読んで欲しいのだけど、レオを紹介していたサイトの方が彼にメッセージを送ったところ、返信メールの最後に「Have a great Now.」とあったそう。

すてきな一日を、ではなくて「すてきな《今》を」。

この言葉はいいなと思いました。

こちらが参考にしたブログです→resonanz360「レオ・ハートン1948-2018」

さて、年の瀬も迫りいかがお過ごしですか?

昨日お付き合いの長いクライアントM氏から連絡があって、セッションをしたかったけれど「のど風邪」を引いてヒリヒリすると言っていました。

病気というのは心からのメッセージであるというのはホリスティックヒーリングやエネルギーワーカーたちにとってはほぼ共通の考えだと思います。

つまり、体が「本当の自分とのズレ」に気づいてもらいたくて、病気やケガという症状を通してメッセージを送っているということです。

本当の自分の気持ちに気づいて、不要な依存となっている物事や人間関係を手放して、本当に自分がやりたかったことをする生き方へ……

そのような言葉はヒーリングやスピリチュアルに興味がある人なら何度も見てきたと思う。でもそれは、そんなに簡単なことでしょうか?

人は愚かなのでもっとはやくに向き合っていればいいのに、いよいよ深刻な病にならないと一念発起しないのがほとんどです。医聖ヒポクラテスはこのような言葉を残しています。

「もしあなたが健康を望むなら、あなたは病気の原因を取り除くための心の準備ができていなくてはならない。その時、はじめて、私はあなたを助けることができる」

先のクライアントの「のど風邪」というのも、各レベルではこのようなメッセージを伝えています。

【感情的なレベル】
・心労が限界に達している
・人や状況に対し重要ではない細かなことまで心配している
・心が混乱して自分のニーズを感じることができない
・このような状態のときに出会いたくない人や状況が現れ、風邪を引くことでその状況から遠ざかり、平和を得る

【精神的なレベル】
・この時期は風邪を引くという「思い込み」
・自分はかなり影響を受けやすい人間である
・こだわりを手放して、どうでもいいことは気にしないようにしましょう
・すべてをやり遂げる必要はありません

のど風邪でしたらそれほど長引かないかもしれませんが、クライアントのM氏は今年ずっと体調が悪く、とにかく喉が弱い人です。

のどは牡牛座の支配を受けていますから、やはり金星にストレスが溜まりやすいこと、またこの人の牡牛座は獅子座の部屋である5ハウスを支配しています。5ハウスも獅子ものどの第5チャクラも創造性を意味するので、ようするに自分の深い価値観を魂の歓びとして発揮できていないことが体調不良になっているのではないかと思われます。

スピリチュアルなレベル……つまり「魂」からのメッセージを聞きたければ、「この病気があるせいで、私はどんな人間にならなれずにいるだろうか?」と質問をしてください。

この質問に対する答えは、自分が本来なりたいものを表しています。もし肉体の意識と魂の意識を統合し、魂の目的を生きたいのなら、私たちは「何かを得るために何かをしなければならず」、努力と苦労を重ねていくことになるのです。

つまり、なりたい自分になる勇気が持てず、手放せない今の安心や快楽があるため、病気であることがなりたい自分をあきらめる理由ともなっているのです。

もちろん病気の原因は多因ですから、これがすべての答えではありませんが、当てはまる人も多いのではないかと思います。

そもそもM氏は8ハウスに獅子座の太陽と金星があり、まったく伸び伸びできず、8ハウスらしく大企業勤めをしていて、天秤の月が10ハウスで天王星とコンジャンクションですから、自分の喜びを犠牲にしてストレスや葛藤をためやすいのです。

ヒポクラテスの言う、病気を取り除くための心の準備というのは私たちが魂の意識、ようするに創造主の意志である私たちそれぞれの本質的で唯一無二の、ユニークな歓びを放射するために、内なる葛藤と、生き残るために複雑に作り上げてきた戦略を手放していく覚悟をするということではないかと。

「正しくなければ」認めてもらえない、愛してもらえないという思い込みを手放して、本当の自分を生きること。心の準備は心の覚悟でもあるのです。

内側の葛藤は常に自分を虐待し、無価値感を生じさせ、意識化されなかった無価値感は7世代、7転生にわたって魂のエーテル体に保持されるといいます。

私は核なる価値観として「勇気」をもっています。「勇気」とはどのような場面でも自分を信頼し、自分で決断し、自分の価値観を裏切るようなことには迎合しないことを意味します。

ずっと「自分らしさを出したら認められない」という葛藤と思い込みを持っていました。ですが他者に気に入られる私を演じて好かれることは、他者に迎合するという……核なる価値を裏切る行為でした。また、仕事を得られないことは激しく私の自己価値感を下げることでした。

出来事が不幸であったなら、そうした不幸を避けようとし、出来事が幸福であったなら、その幸福を繰り返し味わおうとしました。その成功体験や生き残りの戦略は、私の中でさまざまな人格と自我……つまりエゴを形成していったのです。

このような内的葛藤が何年も私の中で働いていたのですから、ある日限界が訪れても当然です。

そして発病し、私の中のエゴは不調をどこかで言い訳にして、多くのチャレンジや人生の課題から逃げていたのです。

現代はホリスティックヒーリングがますます注目を浴び、西洋医学主導の医療の世界にメタフィジックな手法が取り入れられてきています

病気は人間を幸せにするのを邪魔する敵ではなく、OSHOが言うように私たちのもっとも大切な部分を守ってくれた「守護者」でもありました。

私たちの人生を立て直す「贈り物」になる場合もあるでしょう。


自分の不調や病気が、純粋に肉体的なものではないこと。エゴが信じていることには、私たちの人生を導く力はないことを覚えておいてください。

生まれつきの病、後天的とはいえ経済的にも苦しい状態にあってギリギリの中で生きている方もいらっしゃいます。ですから、本当にすべてのものに当てはまる万能な見方ではありません。

ですが参考になることも多くあるので、気になった方は自分に問いかけてみてくださいね。

今年最後まで毎日の当たり前のことを丁寧に、大切に過ごしていきたいと思います。

来年は個人セッション強化したいので、セッションのスケジュールなど改めてお知らせをしますね。

そして29日、年の瀬ですが二コラボで火星プチパーティーを行います!
ぜひ足を運んでください!

新しいサイクルを迎えるための小さな会やります!

◆日時:2018年12月29日(土)18時~20時30分
◆場所:北参道 ニコラボ みらいづくり研究所
◆金額:3000円 赤い食べ物&赤いデザート&赤い飲み物&赤いふうせん付
◆内容
・サイクルの振り返りから、自分の弱みと強みを考える
・次のサイクルのテーマと注意点
・次なるサイクルの目標の宣言
・風船飛ばし

→お問い合わせ お申し込みはこちらから!

※nicosmic lifeのブログ「新しいサイクルを迎えるための小さな会やります!」はコチラからどうぞ!

※参考ブログ記事

占星術とアロマテラピーを合わせた
ホリスティックヒーリングが学びたい方へ

★2019年度占星術アロマセラピスト養成講座の開講が決定しました!

1回3時間×全10回からなるこの講座は、カウリ・ホリスティック・ヒーリングが認定する占星術の知識・技術、そして香りを扱う感性とブレンディングの技法を、プロとして活躍できるまでお伝えしていくコースです。

・心への向き合い方、感情の扱い方、視点の変え方が分かるようになります
・一喜一憂することが少なくなり、穏やかな心になります
・本当にやりたいことが見つかります
・しなやかな自分の軸ができて、ブレないようになります
・身体を覆うエーテル体からネガティブなエネルギーを取り除きます

ボディ・マインド・スピリットを統合するヒーリングを体系的に学びたいという方にはぴったりな講座です。

イベント、セッションのお申込み・お問い合わせはコチラからお願いします

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA