魔法みたいな変化と、射手座土星もあと数ヶ月・・・たくさん「ノー」と言われよう!

土星探査機カッシーニあと4日で任務終了のカッシーニ

身体で感じることができる、不思議な驚きがあります。

昔、130億年以上も前に、宇宙でビッグバンが起こって、やがてガスや塵から地球ができて、そうして大地や植物、動物たち、人間が誕生したっていうこと・・・・・・それってとてもすごいことだと感じる。宇宙からしたら当たり前のことかもしれないのかな?

地球からできた身体・・・・・・魔法みたいな変化だよね。宇宙の塵から神聖なものができた。身体は魂の乗り物だから。

だけど人は、自分の一番身近な自然である身体をたくさんのもので縛って反抗してきました。モラルとか、らしくないとか、穢らわしいとか・・・・・・肌の色で区別したり。自分で自分の身体を愛することができなくて傷つけてしまったり。

9月15日の夜、土星探査機カッシーニが最後の任務を終えます。

打ち上げから20年、土星を周回しながら探査をするという史上初の試みで、未知の衛星の発見や、輪の詳細な構造、衛星の氷に覆われた海から噴出する水蒸気など、数多くの新しいデータを送ってくれました。

15日にカッシーニは、環境を汚染しないようにとの配慮から土星に突入して最後の任務を終えるそうです。お疲れ様、ですね。。

占星術における土星の象徴には、なにか変化があるのかな?

占星術は過去から受け継いだ知識や叡智をもとに、今私たちが生きている「現代」の象徴を当てはめていきます。そうではないと星の象徴はどんどん死んでいってしまうのです。2015年に火星に水が発見されて、蠍座火星の力が強まってきてことを意味したり・・・・・・こうして刷新していくことで、これからの時代を先導していくことも可能になるのだと思います。

土星というと、占星術の解釈では持続力や安定感など社会生活を営んでいく上で大切なものも与えてくれますが、その他に義務、責任、憂鬱、老成、損失、禁止、停滞、抑圧・・・・・・など、なかなかに手放しで歓迎できない言葉が並びますね・・・・・・

マルシリオ・フィチーノというルネッサンス期の大占星術家(医師でもあり神学者でもあり、司祭で音楽家で魔術師でもあった)は、自分のホロスコープに位置する土星に悩まされていたようです。土星に支配された水瓶座が東の地平線から上昇し、かつ土星そのものも地平線の近くにあり獅子座で逆行をしていて、自分が土星の悪影響についてとくに敏感だということに気づいていたのですね。

死や病や、もろもろの災いやメランコリー(憂鬱)を引き起こすとされ、古くは「大凶星」と呼ばれた土星。

プラトニズムの伝統では、ただ悪いだけではなく神的狂気へとつながる哲学者の資質とされ肯定的な面も認められているけれど、土星が暗く重苦しいことに変わりはないし、哲学に没頭するような思想家は土星の力を過剰に招き入れやすいのも確かです。

さて、そんな土星ですが、12月にはホームである山羊座に入ります。

つまり射手座に土星がいるのもあと数ヶ月・・・・・・

山羊座に移れば28年くらいはもう射手座に土星はやってきません。

射手座土星のあと数ヶ月、大切にしようね(*^^*)

ここで「理想が崩れた」とか、「上手くいかなくてガックリ」するとか(そもそも射手は期待値が大きい)、こんなに心血そそいだのにイマイチなこともあったかもしれないし、まだ数ヶ月も続く可能性もあるけれど、土星は順行に戻ったし、気持ちを落ち着けて、そして未知のものにたくさんチャレンジしてみましょう。

たくさん「ノー」と言われてみよう。「ノー」と言われるほど実は「イエス」の可能性に近づいているよ。拒否されることは恐いことだけれど、そのリスクを避けていたらいつまでも「イエス」と言ってもらえない。

ここでちょっと気持ちが楽になる提案です。

「ノー」に出会ったら、それは自分が探し求めていたものではなかった、その時点で自分には最適なものではなかった、と思ってみてください。

宇宙は完璧だから、いつだってあなたに必要なことが必要なときに起こるようになっています。

うまくいかなくても、理想が崩れても、この先に自分にとってふさわしいものが待っているって、自分と世界を信じてみてね。そうして勇気をもって冒険してみるのもよいかもね。

蠍座に木星が入ったら変容がテーマになるけど、トランスフォーメンションは自分の内的な変容のこと。自分を信頼して、未知のものに挑戦して、世界を広げてみましょう(*^^*)

今日も読みに来て下さり、どうもありがとうございました!

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA