親ってなんだろう?ちょっと哀しいね

伊豆高原の国道にて TSUTAYAに行くところ伊豆より帰りました

 

 

 

親ってなんだろう?家族ってなんだろう?

世の中にたくさん他人はいるけれど、一番近い他人が家族。
あるいは家族代わりとなってくれた人。

 

家族を他人というと変な気もするかもしれないけれど、
小さい頃に本当にして欲しかったこととかね、あなたの心を親はわからなかったと思う。

 

だから、わからないものだという意味においては他人なんだね。

 

 

「どうせお母さんに言ったってわかんないよ」

 

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

 

なのに、わかったつもりになって
いろんなことをお母さんは決めつけたり・・・・・・

 

 

「あなたのためを思って」

 

 

と言うけれど、大人がそう言うときは
たいてい自分の為を思ってしているのです。

 

あぁ、親ってめんどうくさいな、そう思ったことはある?

 

 

場合によっては精神的・肉体的にとてもつらい体験を受けた、
そんな幼少期を生きてきた子どもは、それは大変な試練だ。

 

なんでこの家族に生まれたんだろう?と疑問に思ったかもしれない。

 

自分の傷を自分で癒せるようになるまで、苦しかったね。
よくがんばったね・・・・・・

 

 

 

親だって初めての親経験

私も両親とは他人だけれど
この体はお父さんとお母さんが関係しなければ生まれていない。

 

だけど私が私であるもとのところ、つまり魂と呼ばれるものは
誰から生まれたわけでもないという不思議な事実がある。

 

両親にしたって、私が生まれたから私の親になったのであって、
はじめから私の親だったわけじゃないよね。

 

しかも、何でも知ってるような顔して「親の役割」なんて言いながら、
両親だって親になったのは人生で初めての経験だったんだ。

 

だから、私の育て方をよくわからなくたってあたり前なんだって、
これは私が大人になってから気づいたこと。

 

 

 

なんでこの家族を選んだのだろう?

他人といえど
もっとも濃密で深い関わりをするのも家族。

 

占星術でいえば第8ハウスは家系の縁を意味するけれど
家族間の関わりは濃厚だからこそ心が深く傷つき
トラウマとなり、ときに憎しみにすら発展することもある。

 

両親のどちらかがアルコール依存性だったり、
重度の体罰や性的な虐待、感情的・精神的な虐待・・・・・・

 

このような親のもとに生まれた場合は
本当に辛く苦しい経験をします。

 

私の両親は掛け値なしに愛情をもって育ててくれたけれど
私はとくに母親との関係がうまくいかなくて、
高校生のときに父との決定的な決裂があって、自分の命を守るために家を出たのです。

 

その後、就職して病気が再発して、
両親も倒れたけれど、ギスギスしていくばかり。

 

少しずつ私の心が癒され、両親も老いてパワーがなくなったのか、
適度に距離を保ちつつ傷つけあうような衝突はなくなった。

 

魂は自らどの家族、どの肉体に宿るかを選択して生まれてくるという・・・・・・

 

なぜこの父親を、母親を、選んで生まれてきたのかを知れば、
もっと自由になれるというよ。

 

 

 

親って、ちょっと哀しいものなんだ

ちょうど伊豆に行っていたとき、
スカイプでお話した人が過去世などリーディングできる人で、

 

みてもらうために話していたわけじゃないけど
私は本来、男の子として生まれるはずだったそう。

 

たまたま母と話す用事があったので電話をしたんだけど、
そのときに1歳で死んだ母の弟のことを聞いてみたら、

 

祖母(母のお母さん)は常に周りに流されている人で、
自分で決めて人生を切り開いていかないその生き方が母は大嫌いだった。
夫と離婚するために実家に帰っている間に弟が死んで、
そのことに関してはそうとう祖母を責めたという。

 

このことは初めて聞いた。
スカイプで話していなかったら聞くことはなかったかもしれない。

 

とにかく自分が望むものは人に頼らず自力で手に入れる母のパワー、
強い責任感、自分のような貧しい思いをさせたくないという思いの大きさ、
そのほかにもいろいろあるけれど、

 

親の人生を想像してみたときに、
あぁ、この人はこんな経験をしてきたからこうなったんだってわかる。

 

あなたの両親も折に触れ
世間というものはとか、どのように生きるべきかとか
教えようとしたかもしれない。

 

そしてその教えようとしてくれたことが
大人になったときに決して真実ではないと、今の時代には通じないと気づいて
自分は自分らしく生きようとするかもしれない。

 

もちろんそれはいっこうにかまわないことだけれど、
ある日、親がどんなふうに生きてきたのか、
彼らの人生を想像してみるときがあったかもしれないね。

 

たぶん、それは親が子どもに教えようとしたどんな真実よりも、
子どもが親から学ぶことのできる、ずっと深い真実・・・・・・

 

両親がどんなふうに生きてきたか想像してみよう。

 

ちょっと、哀しいね。

 

 

そして、理不尽な暴力に苦しんできた人は
本当に辛かったはずだけど、

 

きっと人よりも人生の意味を深く知るはずだよ。

 

 

 

イツカ

 

 

 

 

★2019年度占星術アロマセラピスト養成講座の開講が決定しました!

 

1回3時間×全10回からなるこの講座は、カウリ・ホリスティック・ヒーリングが認定する占星術の知識・技術、そして香りを扱う感性とブレンディングの技法を、プロとして活躍できるまでお伝えしていくコースです。

 

 

 

 

・心への向き合い方、感情の扱い方、視点の変え方が分かるようになります
・一喜一憂することが少なくなり、穏やかな心になります
・本当にやりたいことが見つかります
・しなやかな自分の軸ができて、ブレないようになります
・身体を覆うエーテル体からネガティブなエネルギーを取り除きます

 

ボディ・マインド・スピリットを統合するヒーリングを体系的に学びたいという方にはぴったりな講座です。

 

 

★各種個人セッションの説明はコチラ

魂の目的を知り、自分の今生のテーマを知りたいという方もぜひご利用ください。

適職診断も行っています。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー・カウンセラー。占星術アロマセラピストティーチャー。心理占星術、仏教、神秘思想をもとにセッションや講座を開催。心の問題を丁寧に扱い、生きづらさを抱える人にも可能性が開けるような生き方を提案。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、より本質で生きるあり方を日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA