自分に優しく、美味しく、楽しく食べる……伊豆療養2日目【食のワークと心・体・宇宙の関係】

やすらぎの里養生館の夕ご飯

 

 

やすらぎの里養生館さんでは、食療法として一日2回の少ない食事ですごします。

 

現代の私たちは、食事をするときにうわの空だったり、心ここにあらずだったりして、「食べる」ということに気持ちを集中して行えないので、食べ過ぎてしまったり、あるいは心が不安定で美味しく食べれなかったりすることも多いのです。

 

 

食べるときに、手をあわせて「いただきます」をして、静けさの中でリラックスしていただきました。

 

木曜日の夕ご飯は、

 

豆乳のみそ汁
(白菜、里芋、油あげ、葉ねぎ、一番だし、コシヒカリ米味噌、豆乳)

 

豆乳みそ汁

 

 

豆苗と桜エビの和え物
(豆苗、桜エビ、白ごま、濃口醤油、米酢、ごま油)

 

豆苗と桜エビの和え物

 

 

豆苗はビタミンが豊富で栄養価の高い優等生。健康維持やアンチエイジングに力を発揮する野菜として注目されているそうです。

 

食べるたびに、味噌汁の柔らかい色合いや、鮮やかさと渋みのある緑、香りや食感を楽しんだりします。

 

姿勢をよくしていただくと、心が入って味覚が鋭くなります。また、噛むという行為は消化器系で唯一、自分の意識でコントロールできるもの、多くの効果があります。

 

 

①消化酵素がよく出て、消化吸収がよくなる
②唾液は抗菌・抗がんの働きがあり、免疫力が向上する
(花粉症もよく噛むことで改善するらしいです)
③満腹感が得られ、食べ過ぎない
④脳の血行がよくなり、脳細胞が活性化する
(ぼんやりする人、物忘れがひどい人にオススメ)
⑤歯根に刺激が入り、歯が丈夫になる
⑥自律神経が安定し、ストレスの影響を受けにくくなる
⑦あごの筋肉が鍛えられ、顔が引き締まる

 

 

子どもによく噛ませると、勉強ができるようになるかはわからないけど、地頭がよくなるみたいです(^-^)

 

あと、15年前とくらべて今の女性は顔の筋肉がずっと衰えているとのことで、それはスマホやパソコンのやりすぎだったり、つまり顔を動かしてのコミュニケーションが減っているということもありますが、そうなると顔がたるみやすく、シワもできやすいそうです。

 

よく噛んで、顔の筋肉を鍛えましょう(^-^)

 

 

養生館の人は昔、ベーガン(完全なベジタリアン)だったそうですが、ある日、仕事でお肉を食べなければならないときに、断るのは野暮だし、と口にしたら後で気持ち悪くなって吐くわ下すわ大変だったそうです。

 

文化人類学的には、激変する環境に適応できる人間だけが生き残れるので、体を労わるのは大切ですが、あまりこだわりが強くなってしまうのもまた違うのです。

 

自分に優しく、楽しく、美味しく、感謝して食べるのが、とてもよいですね。

 

 

だって、私はみんなでパーティーみたいに、お肉つまんだりお酒飲んだりも好きだし……(*^^*)

 

 

 

とはいえ、最近は注目されている少食主義。

 

一日一食で病気が治り、仕事の効率もあがるという方や、プラーナという光のエネルギーだけで何十年も生きている方もいます。

 

以前、天王星おうし座入りの記事のときにも書いたのですが、食に関する常識も見直されてくる時代になりましたね。

 

 

東洋では昔から、菜食にはなじみが深いのですが、陰陽五行論を基本の考えにおく東洋医学では、「気血」という概念を重要視しています。

 

「気」は目に見えないエネルギー、心・魂・生命力・宇宙のエネルギーのようなものを指します。

 

「血」は目で見て、触ることができるもの、物質のことです。人間の肉体の総称のことでもあります。

 

 

生き物はこうした「気血」からなっていて、その中でも目に見えないエネルギー、生命力をたくさんとることで、自分自身もだんだんと精妙な波動に敏感になることができる。

 

少食になればなるほど、宇宙からのエネルギーを自然にたくさん受けられる体になる。

 

 

そんな考えが古くからあるようです。

 

 

たまに、心身のデトックスをしていきたいですね(^-^)

 

 

 

看板犬の梅ちゃん……女の子座り?(笑)

やすらぎの里養生館の看板犬、梅ちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA