私の役割・あなたの役割、進化・成長する魂~ヒーラーは「人間科」、いつも同じレベルではいけません~

 

蝶の姿をした魂がむらがる美しい宇宙

 

 

 

セラピストやヒーラーは「人間学」「人間科」

今日は申請するものがあって東池袋まで来たけれど、待ち時間が長いことがわかっていたからノーパソを持ってきたんです。

 

私は書くことで前に進んでいく傾向があるから、機会さえあれば言葉にしたい欲求がありますね。最近Wi-Fi環境が整ってきて仕事しやすくなったからホント嬉しい!

 

 

前回、「望む人生を生きられない最も大きな理由」というテーマで肩書きを超えるという話をしました。セラピストやヒーラーだからっていかにもなイメージにこだわる必要はないですよね。

 

かえってそれが自分の制限になってしまうのなら、個性化の時代(内なる神聖さを放出する時代)なのですから「らしく」なんていう社会の一般常識は捨ててしまいましょう。

 

肩書きの話に限らず、近年の医療、ヒーリングの進化は目覚ましいものです。これを学んで実践していると適したタイミングで自分の中にビジョンが浮かびます。

 

昔はこんな自分がヒーラーになれるのかな?なんて自信がなかった時もあるのですが、そこで経験を積むすべては心底楽しいので、メタフィジカルなアルケミスト(錬金術師)であるという役割を選んでよかったのです。

 

セラピストやヒーラー、また占星術もそうですが、こういった役割は病院の〇〇科というふうに専門に分かれていません。ボディ・マインド・スピリットだけではなく、より高次の存在やエネルギー、物事の真実を見抜き集合意識からよりよい知識や情報をダウンロードすること、社会や時代の意識を察知することなど、すべて含めた人間学です。

 

もちろん、人間だけではなくて星や植物、鉱物や動物たちのエネルギーを見る力も発揮していくことができます。

 

それは「極める」なんてできない、一生自分自身も生徒であるという道ですが、本当にやりがいと生きがいのある役割です。

 

セラピストやヒーラーを目指している方は自分をどんどんオープンにしていったり、困難や障害も大切な気づきと学びを教えてくれるものとして、今までの常識や価値観を書き換えるような世界を冒険してみてください。

 

 

私はあまり他の人の文章を読みにいかないのですが、その人の書いているものを見るとどんな意識の人かってわかっちゃうんです。世間的には立派な肩書があっても、うまくアプローチを変えていても、あれ?何年も前から言っていることや考えが変わっていないなとか、すぐに感じちゃうのです。

 

いろいろな人がいてOKで、どんな人もこの地球での役割をまっとうしているのだから何も問題はないのですが、私のように個人天体にトランスサタニアンがタイトにかかっている人は常に未来を意識します。

 

そして、土星までの既存の社会で対応できることから零れ落ちてしまった人たちをサポートするのもお役目のひとつなのです。

 

鬱やアダルトチルドレン、その他の虐待、摂食障害をはじめとする依存症などもそうですが、過去世や未来世、低次の存在による影響、経済的な問題や仕事を失ったり人に騙されたり、そういった病気や困難に対して、それらをイコール「悪」とするのではなく、そういう自分を受け入れながらもっとオープンに、穏やかな気持ちで、人生を愉しんで行けるようにサポートすること。

 

さらに、「何をしたらいいのかわからない」「なんのために生まれてきたのかわからない」「生きがいを感じない」「生きている価値を感じない」そういう魂レベルの課題もあって、これは今は多いのではないかなと感じます。

 

ちなみに私も目的なく生まれてきた魂で、こういう魂は南の島でバナナでも拾って生きていけばいいのでうが、現代の日本に生まれたからにはそうはいかないわけです。

 

そう、「愛されていないと感じる」「自分を愛せない」というのも魂レベルで起こっていることですね。それでこういった悩みをずっと抱えてきた人が様々な心理学的手法などに頼ってもいっこうに癒されないんです。

 

心理学的なものも今はとてもよいものがありますから、それで幸せになればいいのですが、あまり効果がないという人はご自身のスピリチュアリティを開いていく、人生に霊的なものを取り入れているということをしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

いつも同じレベルでやっていてはいけないのです

このように日々、時代の新しい課題というものが戦争、争い、病気、貧困というふうに現れ、人間の進化と成長を促します。

 

2011年~2012年の間にシフトが起こり、ユニティの、愛と調和の、女性性が解放される時代に入りました。ただこの過程においては抱え込んでいる葛藤が現実の世界に現象として顕れ、時間が進むにつれて激しさと強さを増していきます。

 

個人にとっては混乱や病気、集団や社会にとっては戦争や苦難が増す時代です。

 

内的葛藤を持ち続ける人は、一生、その葛藤の中で生き続けることになります。

 

ですから、プリオシンのブログを読んでいる人で、シフトをしていきたいという人は、少しでも常識や固定観念を手放して、意識の改革を行っていってください。本当に楽で愉しく生きられるようになります。

 

 

たまに、エンパスや見えないものが見えたりする人がセッションにいらっしゃいます。故人の声が聞こえるなどもそうですが、そういった人たちは高次のパワーを受けているということですから、自身のカルマをヒーリングして今この時代にやるべきことに気づくと、自分の能力で生きづらくなっている状況が改善されてきます。

 

私も天占易学でみたら人一倍、神仏の加護が厚いということがわかりました。私はマリア様のエネルギーを子どもの頃から常に感じているのですが、私たちひとりひとりに5万の守護する存在がついていますし、神様やアセンデッドマスターたち、メディスンアニマルや植物たちからのサポートにいつも感謝をしています。

 

何度も死んでおかしくないことがありましたが、私が役目をまっとうするまで守ってくれています。だから安心していられるし、迷ったり不安になったりするのも大切な経験で、魂は喜んでいるのだなという5次元からの視点があります。

 

そしてエンパスや霊的な能力に目覚めた人をサポートするのも、役割のひとつなのだなと気づかせていただきました。出会いは偶然には起こりません。すべて、気づきをもたらすために私のもとに訪れてくれています。

 

 

このように常に世界は移り行きます。様々な困難を抱えた人が出てきます。だから、私も常に進化し成長をしていきたいと思います。

 

魂レベルでの課題はより深刻です。そういった人たちにお会いする機会が多いのですから、私がいつも同じレベルでやっていたらいけないのです。

 

明日は昨日より、その次の日はさらに……少しでも進化していきます。

 

 

 

いつか

 

 

 

星と植物が好きな人へ
占星術アロマテラピー®の入門講座を開催します!

 

占星術アロマテラピー®入門講座

開講日:2019年4月14日(日)
時間:14時30分~16時30分
参加費:8000円
持ち物:筆記用具

 

※テキスト、オリジナルミストをお持ち帰りいただきます。
※参加希望の方は、お申込みの時に母子手帳に記載されている出生年月日、時間、場所をお伝えください。
※申し込み時のお名前は、生まれたときの名前でお願いします。
※申し込みをして2日以内に返信がない場合は、送受信のミスが考えられます。
お手数ですが、メールアドレスへ直接お申込みください。

 

★お申込み・お問合せはコチラのフォームか、下記アドレスよりお願い申し上げます。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

 

 

★個人セッションを行っております

生きづらいという方、迷いや悩みがある方、魂の課題や使命を知りたいという方、セッションを行っております。
コチラのページに詳細があります。

ご相談内容にそって、心理的、肉体的なケアのご提案や、日々どのような心の在り方を維持していけばよいか、セッションのコースに合わせ具体的で現実的なフォローも充分に致します。

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA