祈りの時代~植物を知ることは、地球の未来を知ること~

 

AOIHOSHIこれ以上望むものは何もない
今人生が終わったとしても満足、何の後悔もない
森の木々と話していると、怖いものも怒りもなくなり、
ただ幸せの連続の中にいるようだ
(PLANTS SOUND Vol.1 Deep Forestより)

 

 

祈りのネットワーク

震災から8年。

 

ブッダプログラムの斎藤つうりさんがブログで「祈りのネットワークをご一緒しませんか?」とお誘いしていました。

 

毎年、311に一斉に全体性への祈りを福島と原発に届けるというものです。一回目は14時46分、二回目は22時に行われます。

 

亡くなった方へ、いまだ避難生活をされている方へ、何の裁きももたない「健やかさ」の祈りをおくります。震災の痛ましさを、生きる力へと変えうるのだと信じて、行われる祈りです。

 

私は一回目を、AOIHOSHIの音楽を聴きながら祈りました。川崎まろんさんと鈴木浩之さんによる植物の生体電流を音源化する機器を使った、植物とともに安らぎを分かち合う音楽です。

 

植物を知ることは地球の未来を知ることだと言います。荒廃してしまった福島の土地、いまだ廃棄物の袋が積み上がり、心配な気持ちを増してしまう……

 

そんな現在です。せめて、植物と祈りとともに愛の本質が届きますように。平和と感謝が、地球にもたらされていきますように。

 

私たちの肉体の方の意識は、戦争や災害などで亡くなった場合、愛してくれる人たちのところに行く暇もないぐらい一瞬でこの世界からひとりで去ってしまうこともあるので、供養など気持ちのケアを私たちがしてあげないと、さまよってしまうことがあるそうです。

 

今日もたくさんの人が祈ったり、実際に助けになることを行っている方たちがたくさんいます。

 

きっと、安らかに……そして、スピリットは亡くなった後、一番幸せだったところへ、行きたいところへ帰ります。最愛の人を失い、いまだ悲しみが癒えない方たちの傍に、ずっといるのです。懐かしいあの場所へと、帰っているでしょう。

 

そして、私たちが生きていくことを励ましてくれています。

 

 

 

祈りの時代へ

地球蘇生プロジェクト代表、映画監督の白鳥哲さんは「これからは祈りの時代だ」と言っています。

 

以前、「祈り」というと宗教色が出てしまうという理由で、映画の題材にはできなかったそうです。。その状況が一変したのが、東日本大震災で日本だけではなく世界中の人たちが福島の人々のために祈ってくれたこと……まさに、祈りの時代が訪れたというわけです。

 

自然災害は海王星が象徴するとされますが、魚座・海王星・12ハウスで私たちが学ぶのは起こったことをただ受け入れるという態度価値であり、痛みや苦しみを生きている人たちへの慈悲です。

 

トランスサタニアンは何かを起こすのではなく、人間の意識に変化をもたらします。あの震災を境に人々の意識は一変しました。

 

祈りに関する科学的な研究も明るみになりました。

 

1960年代、ノウォーク技術大学のダグラス・ディーン博士が行った実験は、別の部屋にいる人のことを別の人が「想う」というものです。想われた人の血流を測定すると、血縁関係が近いほど変化が大きいことがわかりました。意識は空間を超えて作用することが証明されたのです。

 

他にも、祈られることによって呼吸器や人工透析器の使用が激減するという実験結果から、意識は肉体の機能や精神にも影響を与えることがわかっています。

 

例えば、いつも不安でいっぱいの人が、やがて体の調子も悪くします。そこへ、意識が安心や平和、愛につながることで、肉体にも影響を与え、治癒が起こります。「治る」という心の働きが肉体にも影響を与えます。

 

また、ミィスティカ・ラヴィングタッチもそうですが、愛をこめて触れるタッチが心と肉体に深い癒しをもたらします。実験では、ヘモグロビンの増加により治癒の促進が起こっていることがわかっています。このようなヒーリングも祈りの在り方のひとつではないでしょうか?

 

さらに、祈られたはるか遠くの植物の芽は成長率が大きくあがり、祈りは人間以外にも通じることが証明されています。

 

人間の意識は、人間だけでなく植物や動物、微生物、細胞、最近にも影響を与えることが、さまざまな実験結果からわかってきているのです。

 

 

 

エドガー・ケイシー祈りの言葉

眠れる予言者エドガー・ケイシーは祈りに関する言葉をいくつも残しています。

 

彼は敬虔なクリスチャンですから、祈りが日常のものとしてあったはずですが、現代日本の私たちの心にも大変響くものがあります。それはこのようなものです。

 

 

いついかなるときにも
「私の意志ではなく神の御心が行われますように」
と祈るのです。

 

チャレンジするとき、試練を与えられたときには、
天が導きとなってくださるように祈りましょう。
くじかれたとき、つまずいたときには、
たしなめてくださるように祈りましょう。

 

祈りとは、心から天に願うこと、
瞑想は共通の基盤で宇宙と会合することです。

 

朝、神に呼びかけていながら、
晩に愛と恵みを忘れたりしないように。
それで、朝、目を覚ましたら、
静かな時間をもち、祈りましょう。
晩の食卓に座ったときには、しばし静まりましょう。
多くを語るより、
神の御前で静かになる方が、はるかに力があるのです。
その日一日と、与えられた機会に対して
感謝の祈りを捧げましょう。

 

 

 

こうして、生きてさまざまなことを経験して、嬉しくて笑顔になることも、思ったように結果が出なくて悲しむことも、心の中に痛みがよみがえってきたり、悔しくて泣くことも……

 

与えられた機会に感謝をして、毎日をすごすことを意図します。

 

私の日常が祈りになっていきますように。

 

 

よかったら、22時に福島に、原発に、一緒に祈りましょう。

 

 

 

いつか

 

 

 

3月18日四季図読みWS 今年一年を航海するための地図とコンパス
宇宙の法則を理解して、自分の船で旅に出よう!

【イベント情報】
日時:2019年3月18日 18:30~21:00
   (途中入場、退出自由)
場所:都内サロン
参加費:3000円

 

【こんな人にオススメ&当日の内容】
・心理占星術に興味がある方
・今年一年の課題を浮き彫りにし、クリエィティブに過ごしたい方
・自分を変えたいけど、怖れや不安が強くて踏み出せない方
・心身の不調の改善に取り組みたい方
・人間存在とは、人生の課題とはどう決まるのかなど知りたい方
・アカシックレコードについて興味のある方
・宣言、声に出すことの重要性
・感情毒素の排出
・魂と肉体の浄化

 

【お問合せ・お申込み】

こちらの問い合わせフォームか、下記アドレスより直接お申込みください。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

※お申込み後、3日たっても返信が来ない場合は何らかの送受信の事故が考えられます。お手数ですが、メールアドレスより再度お申込みください。

 

 

ミィスティカ・ラヴィングタッチによるヒーリングセッションも行っています

最も繊細なアート ミィスティカ・ラヴィングタッチ

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA