あなたはどのタイプ?【気質診断】

サイプレス 土星の植物 芳香蒸留水

 

 

こんにちは。

今日は節分ですね。明日は立春なので、春は少しずつ近づいています。

昨夜はサイプレスの芳香蒸留水で、お風呂上りにスキンケアをしていました。樹木の香りがとても心地よく感じます。
サイプレスは土星の守護を受けた植物です。香りはそのときによって、心の状態などで感じ方が変わりますね。今は気持ちを引き締めていきたい時期なのかもしれません。

香りで自分に気づくというのも、面白いですよね(*^-^*)

 

記事をUPしたいのですが、6日まで予定がけっこう詰まっていて、時間とれるかなぁ・・・・・・
と、思っています。
折に触れて書けたらいいな。
 

使い方が難しいとされる海王星のことも書きたい。

今、海王星は魚座にあってとても力が強くなっています。自分にどのように影響が出ているか、私はけっこう感じていますが、それはプログレス(自分の内的な意識の向く方向性などを知る占術)のムードを表す月が魚座にあるせいかもしれません。 

トランスサタニン(天王星・海王星・冥王星)は見えないものを感じ取るので、スピリチュアリズムと関係しますね。

 

海王星の精油

海王星ブレンドの精油

 

あと、2017年1月28日に牡羊座入りした火星!
約2年ぶりにホームである牡羊サインに帰ってきました。

火星は水のサイン(蟹座、蠍座、魚座)にあるときも強くはたらきますが、それは防衛として出ることが多いのです。
なので、火のサイン(牡羊、獅子、射手)の一番はじめの牡羊座に入って、ようやく動きが出てくる感じです。
 

牡羊の火はとにかく着火する!
小さくてもいい、消えてもいい、とにかくつける!この世に生まれる!

実際に人生をヘルシーに楽しく生きている人は、火星の2年周期を上手に使っている人が多いです。
これからの2年、一緒に火星を学んで自分らしく元気に楽しくやっていきませんか?(*^^*)

 

火星ブレンドの精油
火星ブレンドの精油

 

そして火のエレメントについて。

占星術では火・地・風(空気)・水の4つのエレメントを扱います。
星座(正確にはサインといいます)、天体はそれぞれこのエレメントの属性を帯びています。

その人のホロスコープを見て、天体の配置から火タイプ、水タイプ・・・・・・などのようにわけられ、これは気質診断といいます。
性格はけっこう生きていく中で柔軟になったりするのですが、気質というのはなかなか変わらないのです。
この気質が合わないと、どうにも付き合いずらいという人もいます。

また、火星のような熱い天体が蟹座のような冷たいサインに位置していると、表面は冷えているけど体の中は熱を持っていたり、と
体質に出る場合もあります。

今度、まずは火についてご紹介しますね。
火は何かをはじめるエネルギー。溢れ出すバイタリティーと精神性の象徴です。火が強い人は何事もこの世界に自分を打ち出していくことが得意です。逆に火が弱い人は自分から何かしだすのが苦手だったりします。

火はドラマチックで誰も目を向けていないような可能性を追求していくパイオニア!

そして人のおもしろさは、火と逆の地が強い人が、とても火のような直観にすぐれているときがあります。
ユングは「地が強い人の中にすぐれた巫女のような人がいることがある」と言っています。

これがタイプ論のおもしろさで、ユングは「劣等機能こそ、その人の個性だ」とも言いますが、まったく足りないものを人は過剰補償してしまうのです。ですがそれは、その人の本当のエネルギーではないので、どこかに無理がある。

このようにおもしろい気質診断やエレメントの学びです。
占星術や植物学の基礎ですが、とても大事なところです。

また気質診断の方法もいくつかあって楽しいのです。
古典ではAscや月を重視したり、いろいろやってみてみましょう。

また更新したら、お知らせしますね。
よろしくお願いします(*^^*)

 

   

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-02-03 | Posted in 日々のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA