永遠の「今」

 

 

昨日から3日間の断食期間に入りました。

 

意識や、体中の細胞がクリアになっていくのを感じます。

 

今、自分はここにいる、という意識こそが永遠なのだと……

 

 

私たち人間は、生まれもつあらゆるものが、ひとりひとり決して平等ではありません。

 

ですが、永遠の「今」、この「時の最果て」とも言えそうな「今」が、どの魂にも一人一人に存在しています。

 

本当の「生」とは、永遠の「今」のことなのです。

 

 

「今」に立ち返ると、私たち皆がはじめから持って生まれた創造的なエネルギーを感じます。

 

手を見て、なんの不自由なく動くのを見ていると、私はなんて恵まれているのかと気づきます。

 

この手で、あたたかさや優しさを生み出すこともできるし、破壊するようなものを生み出すこともできます。

 

ティク・ナット・ハンが痛みや苦しみを、泥の中から咲く美しい蓮の花に変容させることができると言ったように、人生のどのような状況でも……有意義に生きることは可能です。

 

すべての物事が、非常に美しく、傷つけるものなど何一つないのと同時に、非常に悪いのです。

 

私たちに起こる事実や、何をしたかは、なし得なかったかは、大して重要ではありません。

 

どのような事実があろうと、あらゆる出会いや選択、その結果を通して、自分がどのような人間でありたいと思い、またそのようであったかだけが、重要です。

 

何かをなさなくても、外側のものが得られなくても、私たち一人一人にできることは実はとても大きい。

 

 

想いを放出すること……

 

永遠の「今」より、

 

感じる想いは大きくなくていいので

(大きい想いはエゴです)

 

日常のすべてに想いが宿っていくように。

 

私も明晰でありたいと思うのです。

 

 

いつか

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2019-02-28 | Posted in 日々のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA