私の中の他人/黒い月リリスと東京の野蛮

私の中の他人

 

今日は陽気がよくて嬉しかったから、
少し春っぽいメイクで出かけました。

喫茶店で何かをノートに書いていても
窓から陽が射して「いいなぁ」って本当に思えます。

 

こんな穏やかそうなことを言っておいてなんですが、
だからこそ、私のような人間は自分の中の野蛮を自覚していることがとても大切・・・・・・

御しがたいエネルギーかもしれないけれど
自覚していればその芽が出ていきたときに、
自分の感情にさらわれないように意識することもできます。

なかなか、難しいときもあるけれどね。

 

だけどこういう本能は
たいていが生きていく中で

抑えきれなくて
人との関係が壊れてしまったり

その野蛮が自分にも向かってしまって
人や信頼や、さまざまなものを傷つけてしまって

「ちくしょう」なんて半泣きになりながら

私の中の他人と付き合っていく方法を学んでいくのです。

 

私の中の他人と言っても、もちろん他でもない自分の一部ですが
他人と言いたくなるほど「あの穏やかだった私はどこへ?」という感じなのです。

 

『私の中の他人』はヤプーズの曲で
ヴォーカルの戸川純さんは牡羊座だから、今度記事に取り上げたいと思います。

♪ああやだ私の中の誰かが 
邪悪の闇から目を覚ます

逃げてよ さあ今すぐ
私から

お願い 愛しているから
出てって

 

矛盾した感情がぶつかりあって火花を散らすのです。。。

 

自分の中の野蛮を自覚するというと
占星術における黒い月リリスもそうですね。

リリスは私たちが暮らす社会とは決して相いれない
直しても直らない、抑えても抑えきれない部分。

従属を拒否し対等であろうとする欲求。

リリスはアダムの最初の妻で、アダムの支配・・・・・・ドミネント、つまり正上位を拒否、
アダムは彼女の訴えを認めなかったので、リリスはエデンの園から出ていく。 

 

リリスが強く働く人は
自分のリリスを自覚することで、問題行為を抑えることができるかもしれません。

 

洋書のリリス本、『HEALING THE WILD』というのですが、
ワイルドを癒せ、ってすごいタイトルですね。

リリスのことも、またいずれ書きたいです。

読みに来てくれて、どうもありがとうございます!

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-03-22 | Posted in 日々のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA