多次元的存在として生きる①~あなたも惑星間タイムトラベラー。転生占星学を知ってみよう~

 

多次元的存在

 

 

私たち人間は、多次元的な存在です。

 

多次元的というのは、どういう意味でしょうか?

 

魂が発生する点をゼロ・ポイントと言います。多次元とは、「今ここ」にいる自分とは違う世界ということです。霊的な教えを導く人が「なりたい自分になれる」と言ったときに、今の自分が不満や欠乏を感じていたとしても、なりたいと思う自分も同時にこの瞬間に別の次元に存在している、ということです。

 

こういった話は、この分野に詳しい方には「釈迦に説法」みたいな話になってしまうと思いますが、現代は戦後の高度経済成長時代の価値化やビジョンが終わりを告げ、いよいよ次元があがってきて霊性の時代に入り、目には見えないものを大切にする時代になってきています。

 

私も自分の活動と合わせ、どのような意識で行っているかをまとめながら、宇宙の意識を開いていこうという人のために記事を書いていきたいと思います。

 

 

魂の原点である「ゼロ・ポイント」、ここは私たちひとりひとりの宇宙、生命エネルギーが誕生したところです。その原点が、自分が生命であることを経験するために螺旋運動で振動し始めた、この振動こそが「生命」です。

 

私たちはエネルギーの存在だ、波動だ、というのはこの振動がもとになっていて、この振動は意識を持ち、その人が存在するために必要とするすべての知識と情報が集約されています。

 

こういった背景があるからこそ、「外から学ぶ必要はない、答えはすべて自分の中にある」と言うことができるのですね。自分の中心とアクセスすることができたら、それは本当に本質につながっているということです。自分宇宙と呼ばれるものの、すべての知識や情報の原点です。

 

宇宙ってなんだろう?人間ってなんだろう?

 

そんなふうなシンプルな疑問から知りたい、感じたいという私の魂の旅は始まりました。そして、私たちの肉体は地上のものですが、魂は宇宙のものであることや、魂はおおもとのゼロ・ポイントから振動数を下げてやってきていること、

 

自分が多次元的な存在であり、意識していないパラレル・ワールド(現在の世界・時空と並行して存在する別世界のこと)の自分のエネルギーと交流し、また自分以外の存在エネルギーとも交流していること、

 

ひとりひとりがいくつもの過去生を持ち、様々な惑星にトラベルし、この地球にやっていきていることなど多くのことを知りました。

 

自分が地上に生まれる前の、意識が存在する変容的な場所(ゼロ・ポイントから振動が起こった時点)を記憶している人もいます。そこは物理的には存在せず、アストラル界に近い場所だといえます。

※アストラル界……肉体が終わるとアストラル界に入ります。時間と空間の制限を受けず、光でできている世界で、私たちの理解を超える色と音楽があり、とても美しい世界。多くの魂が「本当の家」と考える場所です。

 

 

霊媒と予言のレジェンド、エドガー・ケイシーの転生占星学によると、「転生間惑星滞在」という概念があり、ケイシーの説くところは、私たちは死後、それまでの霊的成長に応じて、また、次回の転生の必要な精神的特性を培うために、太陽系内のいくつかの惑星の霊的次元に滞在する、というものです。

 

これは、太陽系内のそれぞれの惑星が、魂の成長にとって必要な学びの場を提供してくれるためです。宇宙の摂理はその魂にとって、最もふさわしいコースを設定するのです。

 

そして、魂に強い影響を与える惑星は東の地平線に上昇する惑星か、または南中の位置にある惑星であると述べています。ケイシーのホロスコープでは天王星が東の地平線に上昇し、月が南中の位置にあります。彼は直前の転生間にいくつかの惑星を滞在しましたが、その最後の滞在が天王星であり、地上への誕生に際しては天王星から飛来したと述べています。

 

ちなみに、私は天王星が南中しているのですが、確かに天王星っぽいと言われることがありました。心理占星術では問題提起をすることなど天王星の働きのひとつにあげられますが、ケイシーの天王星の解釈では、建設的な方向で現れれば非常に強い意志力を発揮することが指摘されています。

 

また、几帳面さ、整理整頓好き、直観力、サイキック能力、オカルトに関する興味なども天王星の特質に帰せられています。ただし、ネガティブに発揮されると、極端さ、強情、自己中心性、わがまま、怒りなどになってしまいます。

 

転生占星学については、改めてまたの機会に紹介したいと思います。

 

 

パラレル宇宙論パラレル宇宙論

 

 

 

広大な魂の旅があり、今の肉体が生まれるまでの間にも生命が連綿と受け継いできた記憶があり、その肉体もその時の魂の記憶を保持し、それを次の転生へと引き継ぎ……

 

宇宙の謎というものに目を向けた時、私というひとりの人間がどれだけ壮大な存在かがわかると思います。

 

このことを実感したら、「どうせ私なんて」「私なんてとるに足らない存在だ」というようなことは思えなくなります。そして、嫌いな人や苦手な人であってさえも、同じく魂の旅をして地球にやってきた仲間であり、互いに多くのことを体験しにやってきたのです。

 

嫌なこと、辛いこと、苦手な人……そのようなことも、自分が体験するすべては、自分の魂がいい方にしか向かっていません。だから、どのような自分であっても、毎瞬毎瞬、感じる自分は、魂の意識設定において最高のシナリオの自分しか体験していないということを受け入れることで、起こった出来事に抵抗しなくなります。

 

それだけで生きていくのは格段に楽になるはずです。

 

すべての瞬間にYES!ということ、これを体験することを設定してきたんだと理解すること。そして、なりたい私がいるのなら、それは並行現実としてすでに存在しているのですから、その私がするだろうレスポンスを常に返していくことです。

 

以前、未来を変えたければレスポンスを変えることと書きましたが、それはこういう理由からなのです。

 

 

宇宙の神秘を紐解いても、答えは見つけられないのかもしれません。

 

アメリカの思想家テレンス・マッケナは「肝心なのは答えを見つけられないことではない、答えに向き合うことだ」と言いましたが、真実を本質から知ることを自分に許し、真実に向き合うことを怖れずに心を穏やかに、旅を楽しみながら、躍進しなくてはならない……

 

そんな時代が来ているのだと思います。

 

 

 

私たちはどうして生まれてきたのでしょう?

 

なぜ地球に生まれたのでしょうか。

 

また、何を目的として生きているのでしょう?

 

 

この思い通りにならない地球で、私も、あなたも、すべての体験が魂にとっての最高のエンターテインメントであり、そうして出会いが生じ、魂の交流を深めていくことができることに感謝をします。

 

あなたが困難な人生を選んでいるほど、魂の乱れを修正する能力、振動数をあげる能力は高くなります。

 

最高で最善の今をわかること、「自分は完全ではない」「こうでなくてはならない」を手放して、自分を充分に愛してください。

 

どんなに社会的に成功をしても、お金をたくさん稼いでも、素晴らしい発明をしたり多くの人に称賛されたりしたとしても……愛することを学ばなければ、何も学んでいないのと同じです。

 

私たちひとりひとりが、自分を愛して、そして人だけではなく動物や植物、鉱物や物にいたるまで愛せたら、きっと世界は変わっていきますね。

 

 

多次元存在として生きる話は次回も続きます。

 

 

いつか

 

 

★個人セッション

生きづらいという方、迷いや悩みがある方、魂の課題や使命を知りたいという方、セッションを行っております。

コチラのページに詳細があります。

ご相談内容にそって、心理的、肉体的なケアのご提案や、日々どのような心の在り方を維持していけばよいか、セッションのコースに合わせ具体的で現実的なフォローも充分に致します。

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA