人間の力を超えた、見えない大自然の力・・・シンクロ二シティの時期読み集大成と、恋バナ&夜のnicoラボ

nicoラボ時期読み講座&乾杯

 

 

水曜日は月に一度のお楽しみ、時期読み勉強会でした(*^^*)

 

三重円を駆使して、トランジット・ソーラーアーク・プログレスを総合的に読み込んでいきます。教えてくださる心理占星術家のnico先生が自らの集大成というこの占星術の学びは、今までの知識や技術、自分自身の経験や人間感、時代をとらえていく力や想像力などを総動員して読み込んでいきます。

 

占星術の常識を一度捨てる必要があるときもあるし、「今こんな時期ですよ」というのを言葉できちんと表現できるようにならないといけない。天体やサインが持つ象徴の様々な側面を、この場合ならどんなふうに表れてくるだろうか?と、さらに多面的に読んでいく新しい驚きや発見の多いエキサイティングな学びの時間。

 

とくに今日おもしろかったのは「その能力を得るまでにどのような過程があっただろうか?」という視点を持ってトランジットを読むということ。冥王星が来て無力感を感じるほど底をつく体験があり、そこから復活していく力、苦しい体験なはずだけど、でもそれを乗り越えた先にどんな成長が待っているだろうか?

 

そしてトランジットで「時」を読むことはできるのだけど、それまでにその人の「意図」はちゃんと育っているだろうか?「意図」と「時」が揃っていたとしても、その人を後押しするような「環境」からのサポートはあるだろうか?

 

この日は小室哲哉氏の引退表明に至るまでを皆で読み込んでいったのですが、物事というのは起こるべくして起こるのだと、三重円で星を追いながら、星の象徴を読み解きながら、そのような宇宙の法則をまざまざと目の当たりにした気持ちがするのです。

 

帰り際、松下幸之助の言葉をふと思い出しました。

 

 

「何ごとをなすにも時というものがある。時・・・・・・それは人間の力を超えた、目に見えない大自然の力である。いかに望もうと、春が来なければ桜は咲かぬ。いかにあせろうと、時期が来なければ事は成就せぬ」

「待てといわれればあせるのが人情である。だが、自然の理はわがままな人情には流されない。冷たいのではない。静かに時を待つ人には、暖かい光を注ぐのである。おたがいに時を待つ心を養いたい」

 

 

最後に見ていたソーラー・リターンズも含め、その人の意図や大切な天体がわかったら、その天体が動くポイントなどを見て時期を定めていく。だけどその時期が来るまでは向き合わなくてはならないこともあるし、コツコツ地味な努力を続けなければいけないときもある。起こる出来事を抵抗せず、ただ受け止めるという心の器の広さを試されるようなことばかり起こる時期もある。

 

だから、こういう「待つ」という時期が、表向きには派手に何かが起こっていなくても、まるで畑を耕すかのように大切なんだと思う。私たちはつい焦って変わりたい、飛躍したい、現状から脱却したい!・・・・・・そんなふうに思うけど、その思うように動けない時期も実はすごく大切なのです。

 

だから今、一人クヨクヨしている時期の人もいるかもしれないけれど、そんな「今」だって大切な時だから、それを力に、心の栄養に、していってくださいね(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

ところで、この日は大阪の丸尾さんが勉強会に参加していました!

 

年末の火星イベントでお会いして以来の方で、まさか時期読み講座でお会いするとは思わなかったし、お話ができて嬉しかったです(*^^*)

 

最後に丸尾さん差し入れのビールで皆さんと乾杯しましたよ~

 

ジョエル・ロブション

うろ覚えだけど、ジョエル・ロブションという三ツ星シェフとエビスビールが組んで作ったビールなんだって。

ビール、久しぶりに飲んだけどおいしかった~。皆と楽しく乾杯できたし、あの空間だから特別おいしかった気がします。

あと黒ビール、ワインもあって、差し入れが豪華でした。私も今度なにか差し入れます(≧∇≦)

 

 

 

 

そして何がきっかけでああなったのかは忘れちゃったのだけど、恋愛、セクシャリティの話とか、ぜんぜん高尚じゃないかんじでヤイヤイ話してて、メチャクチャおもしろかった~!あと不動サインの(というか水瓶座の)話ばかりしてごめんなさい!(笑)

 

そうそう、以前ブログに書いたラブドールの記事をnico.PLANETさんに加筆修正して載せていただきました。よろしかったらご覧下さい。

 

好き?好き?大好き?~ラブドールと職業占星術というワーク

 

この原稿、ちょっとした思い違いでKさん(男性)が書いたとつびーさんが誤解していたって話に爆笑しました(≧∇≦)

 

 

エロティックな話って何か口に出してはいけない雰囲気があって、癒しの世界だととくに誰も口にしないし・・・・・・女性メインの世界だと、そういうこと言わない方がいいような空気ができあがってしまうのかもしれません。

 

でもとっても楽しかったし、火星プロジェクトにセクシーな魅力を開花する活動も入れて欲しいなぁって言ったけれど、本当です。自分のセクシャリティに責任を持って生きていく方が元気でるし、恋バナとエッチな話は楽しいし。。

 

「夜のnicoラボ」

 

開催を待っています(^-^)

 

 

 

シド&ナンシー

シド&ナンシー

その人の魅力を開花させるにはどうしたらいいか、色気を出すには?男性としての、女性としての魅力とは?恋人をどうしたら作れるか?自分を大切にしてくれる人と出会うにはどうしたらいいのかな?

 

などなど、個人の努力でなんとかなることから、神のみぞ知る、なことまで様々ですが恋にまつわる人間のドラマは味わい深いですね。

 

 

直接セクシャルな話に結びつけなくても、その人が本当に心から楽しんでいるときや、生き生きしているとき、純粋な想いから行為しているとき、覚悟を決めたとき、そんなときにもその人のエロス(生命力)は放出されます。

 

 

昔弱って入院していたときに、エロティックな写真集を見ていたのですが、自分が衰えていく恐さから無意識に性・・・・・・というより「生」を求めていたのだと思います。

 

 

あと、牡羊座と蟹座の話でちょっと盛り上がりましたが、私は影響を受けたアーティストは牡羊や蟹座の人が多くて、そのひとり鈴木いづみさんは蟹座なんです。

 

彼女の「恋」に関する発言は、

 

鈴木いづみ

 

「両方とも幻滅を経験していて、「わかってしまった時点」からはじまる恋愛がロマネスクな私の夢」

「失恋しても、空はきれいね」

 

 

 

 

 

 

ではでは、楽しい時間を皆さんどうもありがとうございました!

 

nico先生、つびーさん、丸尾さん、お疲れ様でした。

 

また学びを深めて参りましょう(*^^*)

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2018-02-22 | Posted in 占星術No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA