冬至と満月①~真の意図は太陽の光によって増幅される~

ホワイトセージ
ホワイトセージ

22日、太陽は山羊座に入り冬至を迎えました。

23日には月は蟹座で満月。

より純粋な私の意図をこの地上で形にしていくために、マニフェスト(宣言)をするには最適なエネルギーが宇宙からもたらされていたと思います。

儀式にふさわしい場をつくる

私はノウイングの皆さんと遠隔で「葛藤をリリース」し「意図」を指令として発信するという儀式を行っていました。

TOPの写真は儀式にふさわしい「場」をつくるために燃やしたホワイトセージです。ホワイトセージは乾燥させたものに火をつけるとお香のような香りがします。ネィティブアメリカンの間では、この煙によって空間の悪い気が浄化され、さらに天に煙があがることで、人々の願いが神様に伝わるとされてきたものです。

空間もエネルギーなので悪い気が滞っている場合もあり、それを浄化するというのも大切なことなのでしょう。ですがそれよりも私は、「それ」つまり「創造主の意図」(=魂の意識)がが成される場であるということに対し「礼をつくす姿勢」としての場づくりの意識が強くあります。

真の意図は太陽の光によって増幅される

冬至は一年でいちばん太陽の光が弱くなるときです。太陽の周期によってつくられた二十四節気では起点となる太陽のスタートラインということですね。

冬至を境に太陽のエネルギーは力を盛り返していきます。いわば太陽の復活の日であり、日本でも昔から祝われてきました。

古代の人々は太陽の恵みに感謝して、世界の安定と繁栄を祈り冬至に祭事を行っていたようです。紀元前2500年ごろに祭儀が行われていたイギリスのストーンヘンジには今でも夏至や冬至に日の出を見ようと毎年多くの人々が訪れます。

古代遺跡ストーンヘンジで
冬至を祝う人たち


このような祭儀に使われていた古代遺跡のある場所は特殊な電磁場を帯びるようになっているらしく、人間は磁場の変化を感じ取る能力があるので、そこでイニシエーションを行うことで日常意識を超えた世界に入ることができたのでしょう。

すべてのものが母なる地球が発する磁場とシャーマン的に共鳴をしているのです。

そしてこのような儀式やセレモニーは、特定のリーダーが率いるというよりもグループのみんなが平等に貢献します。

古代、集団でワークをしていた人たちは月齢に従って儀式を執り行っていましたが、彼らは決して闇夜では行いませんでした。

叡智の道を実践する人々は、真の意図は太陽の光によって増幅されるということを知っていたからです。

叡智の実践である儀式が魔術や妖術に堕落してしまったのは中世ヨーロッパに入ってからで、願望が人を従わせるよなものになってしまったことが原因です。

叡智の祈りというのは、人々がより大いなる結果や啓示を得られるように自らが「資源」となる意識をもった人によって行われ、その発信した意図が地上で現実化するというものなのです。

自分の太陽のビジョン

自らの魂の意識を目覚めさせ、魂の目的を生きることを覚悟し、その意図を発信するには最適な日のひとつが冬至です。

ノウイングの方の説明によると、この儀式は通常は夏至・当時・春分の日・秋分の日に行うとのことでした。夏至と冬至は太陽のサイクルの変換ポイントで、春分と秋分はバランスの取れている日であるというのが理由です。

今回はちょうど女性性のサイクルから男性性のサイクルに入るので、この変換ポイントである冬至に静止ポイント・統合・バランス・覚醒の状態を通過します。統合のエネルギーを通過する地球という私たちの肉体の意識の源に、力を借りて後押ししてもらう日が冬至なのですね。

皆さんは何か意図をしてみましたか?

11月26日に太陽が木星に追いついたときが、本当の射手座木星のスタートでした。そのあたりからより明晰に自分の太陽の目標をもてていましたか?

この一か月の間に、自分の人生の目標や長期プラン、こうなりたい・こうありたい!という私の理想像……そのビジョンは浮かびましたか?

このあたりはなかなかデリケートだし、占星術のおもしろさの醍醐味でもあるので明日の射手座木星イベントでもお話をしたいと思います。

私たちの真の意図を形にしていくために、その理想を追求するために孤独な期間をすごさなくてはならないかもしれません。自分の理想がわかってもらえなかったり、何の反応もないという経験もするからです。

それでも自分を信じて理想や意図を発信して、主体的に行動をしていけたなら……きっと今、歓びを感じられない環境にいる人も、未来をつくっていけるでしょう!

冬至と満月の話は次回に続きますね(*^^*)


★新しいサイクルを迎えるための小さな会やります!

◆日時:2018年12月29日(土)18時~20時30分
◆場所:北参道 ニコラボ みらいづくり研究所
◆金額:3000円 赤い食べ物&赤いデザート&赤い飲み物&赤いふうせん付
◆内容
・サイクルの振り返りから、自分の弱みと強みを考える
・次のサイクルのテーマと注意点
・次なるサイクルの目標の宣言
・風船飛ばし

→お問い合わせ お申し込みはこちらから!

※nicosmic lifeのブログ「新しいサイクルを迎えるための小さな会やります!」はコチラからどうぞ!

★各種個人セッションの説明はコチラ

仕事、人間関係、心の悩みなどご相談ください。

イベント、セッションのお申込み・お問い合わせはコチラからお願いします

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA