「考えるな、感じろ」~牡牛座期には正しいか正しくないかで判断するのをやめる~

ガラスの醤油さし

 

二日間ほど暖かい日が続き、今日はまた春らしい穏やかな花曇りの東京です。

先日のポカポカ陽気の日には、強風で猟師さんが海に出れない地域もあったり、北海道ではなんと大雪だったそうですね。私の家にはテレビもなく、ネットのニュースもそれほど見ないので、お客様にお聞きして初めて知りました。

昨日は二人の方とセッションを行ったのですが、仕事や健康の悩みなど見させていただきました。

おひとりの方は少し前に無呼吸症候群になり、またアレルギーも多くのものに反応を示すようになって、今月から病院での検査が続くとのことです。

お会いしてお話していると感じるのですが、男性の多くは自分の私的な感情に気づきにくいのではないかとも思います。趣味がアートや読書などの場合は別かもしれません。意識の大半を仕事がしめる割合が多いからでしょうか?

 

そんな中、4月20日の今日、6時27分頃に太陽が牡牛座に入りました。

牡牛座は12星座の中でもっともシビアな審美眼を持つサインです。
自分の絶対的な価値観に基づいて、感じて、貪欲なまでに心地よいものを集めます。

世間で流行っているからとか、皆がいいと言うから、ということではありません。

今はネットやテレビ、雑誌など間断なく情報を与えてくれるものに私たちは囲まれていて、そこですすめられているものに乗ってみたくもなりますが、またそれを知らないと時代遅れのような気がするかもしれませんが、牡牛サインが示すのは、そういうことではないのです。

「いいよ」とすすめられたら試してみてもよいでしょう。ですが、自分は楽しくない、心地よくないと思ったら、それはキッパリ捨てる。もう少し続けたらよくなるかもと思っても、「なんかシックリこない」という自分の内的な感覚に絶対的な信頼を置き、それを磨き上げて育ててください。

この一か月、ひたすら自分の感覚にフォーカスして、そして私はこれが好きだし心地よいけど、私の中の何からこの嗜好が生まれたかを探ってみてください。磨き上げる、審美眼を鍛える、とはそういうことでもあります。孤独なトレーニングですが、ここで育んだものはあなたの財産になります。必ず。

 

 

私の周りに牡牛座の方がほとんどいないので、至近な話で申し訳ないのですが、昨年から私は作家さん手作りの器や雑貨をたまに買うようになりました。

私は第4ハウスのカスプが牡牛サインなので、自分の暮らす環境を徹底的に自分が好きなもの、気持ちのよさを感じるものでいっぱいにしたいのだという貪欲な欲求があるのだと思います。地のサインなので、土の器や木製のもの、織られた布などを好むのも、非常に納得がいきます。

 

 

すり鉢とすりこぎ

 

 

これは、上野から谷中へ歩いているときに、ふと気になって入ったお店で出会ったスリコギとすり鉢です。TOPの写真のポッテリしたガラスの醤油さしもそうなんですよ。

世間は風の要素でできていると以前、私は授業で教わりました。

たしかに、情報や規則、秩序、調和、コミュニケーションなどで世間は保たれているように思います。論理的に考えて行動するのがよしとされる時代ですね。

その話を聞きながら、同時に私は世界はもう感性の時代に入っていると思いました。

生きていて苦しい、楽しくないと感じ、心や体に問題が生じだした人がたくさんいます。そうして、ひたすら努力して頑張って周囲に認められるようにふるまって・・・・・・というそういう生き方の苦しさから抜け出して、もう正しいか正しくないかで判断するのをやめる時代になったのですね。

 

感性を優位にする時代です。

ブルース・リーが言うところの「考えるな、感じろ」の時代です。

二年後に天王星が牡牛サインに入るのですが、それも自分の中の牡牛要素をどれだけ充実させているかで、自身を打ち出していくパワーとして使えるのではないかとも思っています。

 

この牡牛座の一か月、自分が好きか嫌いか、それを素敵だと思うか、本当に心から心地よさを感じるか、何か自分は今やっていることに違和感を感じていないか、ということに繊細に細やかに体と心の感覚を鋭敏にして取り組んでみましょう。

とくに「違和感」を感じてください。なぜ私は違和感を感じるのかを、です。

 

 

牡牛座は誕生してから2歳前後までの何でも口に入れる赤ん坊になぞらえることができます。

赤ん坊はお母さんの腕に抱かれ、乳房に吸い付き、お乳を口に含んで栄養を摂取し、快感を感じ、母の暖かさかや心を通わせることで安心感を得ます。貪欲なまでに自分を満たすものを求め、この世に定着できる場を作りあげていくという、生命にやどる本能的な欲求が牡牛サインにはあります。

つまり自分の感覚、とくに口を通して自分を生かすものであるかどうかを見極める、それが本物かどうか揺らぎない基準で判断するがゆえに、そのブレなさから12星座一シビアなサインとなるのです。ブレないためにはアレコレ試してみる好奇心や他のものを受け入れる柔軟性などはいらないのです。

 

この時期、本物を見つけてください。

飽きたら他を探せばいいや、ではなく、繰り返し吸い付きたくなるようなものです。

骨の髄まで味わい尽くしたくなるようなものを、見つけてみましょう。

 

牡羊座のアストロパワーフード カレー

 

それにしても、家であまりご飯をいただかないのに随分と器などが集まりました。

このように徹底的に美意識を育て上げろ!なんて書いておきながら、私は第5ハウスが双子だし天秤も強いし、太陽はミュータブルの乙女なので、ひとつのことをずっとやっているのは合いません。

専門家にはなれないタイプだと思います。

今の仕事だって、たくさんの人と出会えて、それぞれの人生と、その本質に出会える楽しさから続けていられるのだと思います。

 

少し、夢があって・・・・・・

どこかにスペースを借りることが出来たら、そこで星や、その他いいなと思うもののイベントが開けたらと思います。今はそういったことをしている方々もいて、私もやってみたいなぁと感じます。

自分がおもしろいと思う方を招いてみたり、器だけはたくさんあるので、飲んだり食べたりしながら小さいパーティーをしたり。

 

もし叶ったら、遊びに来てくださいね(*^^*)

 

今日も読みに来てくださり、どうもありがとうございます!

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-04-20 | Posted in 占星術No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA