8日蠍座下弦の月~神の摂理に身を任せ、ビジョンを打ち出していく~

  山本直樹✖松尾スズキ『破戒』前兆など気にするものか。
たった一羽の雀が落ちるのにも、
神の特別な摂理がある。
・・・・・・覚悟がすべてなのだ。

 

 

 

8日0時53分、下弦の月。

 

蠍座の月は第12室にあり、人と関わるほど深い心の内側にあるあらゆる感情や記憶が表に上がってきて落ち着かないという時期。

 

蠍の月はどうしても他者を意識するし、自分は自分ですから!ってなれないのです。私という価値に他者の意識が入ってくる、だから心が外のことに脅かされやすい時期。

 

自分の気持ちいいことだけしていたい月としては不完全なのですが、やっぱりそこにテーマがあります。

 

心地よさは傷つきやすい、それでも月は第12室にあることもあり、起こったことはただ受け入れていく。どれだけ私の心の器を広げていけるだろう?

 

自分のダメな所、認めたくない所も大切な私の一部です。そこに苦しい・不安・焦りなどがあるとしたら、心の内で抵抗が起こっている証拠、起こるに任せるというのができていない証拠です。

 

だから、自分の内面を常に穏やかに整えていく意識は必要。外の世界がどれだけ慌ただしくても、深い静寂の内に在ることができるようにトレーニングしていきましょう。

 

第1室にある蠍座の木星、人と積極的に関わっていくこと。人に揉まれる中でエゴを手放し、自分の価値を差し出していけば、さらに価値を引き出されるでしょう。人間っていいよね、という体験をする一方で水の星座らしい心を揺さぶられる体験、木星の魚座要素も体験するでしょう。

 

起こることを受け入れ、心の抵抗をなくし、手放していけるか。

 

 

 

そして第1ハウスの射手座火星。蠍座だけど木星も第1ハウスにあるので、自分のビジョン、情熱を持って行っていること、やっていきたいこと、そういうことを自分と世界と人を信頼してどんどんアピールして打ち出していこう!

 

嫌なこともうまくいかないこともあるよね。生きていれば思い通りにならないことなんて、いくらでもぶち当たるし、でもそれらにも感謝して、そういう「喜ばしくない出来事」が起こったときに、苦しいならとことん苦しんで、でもまた一歩踏み出すなら自分が楽しいこと、ワクワクすることからはじめて、そうして喜ばしくない出来事でさえ、人生の、この世界の美しいタペストリーの一部なんだって思えるようになったらいい。

 

自ら進んで、安全地帯をあとにして、行動あるのみ!不安に襲われても、手放して、ゆだねて、ビジョンを打ち出していく。第3室に水瓶座の水星・太陽・金星のステリウム。水瓶的にユートピア思想を文字や言葉で語ってもいいし、理想に向けて勉強してもいいですね。

 

ビジョンを持つというのはね、何か具体的な未来像が開けて浮かんでいるということばかりではありません。ビジョンとは肉体的な目で見る以上のものです。そのために、自分の本質とハートでつながっていること。そこに批判や不満があればビジョンは明晰さを失い、強みや才能を発揮できなかったり、何かを選択するときも葛藤ばかりするようになって、自分はどこに向かえばいいのか太陽の目的を見失ってしまうでしょう。

 

ビジョンが開けば、今取るべき行動がわかり、人からのアドバイスに振り回されてしまうこともなく、あるがままの自分を受け入れ、伸びやかに射手座らしく自分がいいなと思うことを広めていけるでしょう!

 

 

 

今度、占星術アロマセラピスト養成コースを受講する方がトランジットを学んで、今自分に起こったことが星とどう関係しているかを自分で調べてみたと連絡を受けて嬉しく思いました。

 

トランジットは今ここにある宇宙の秩序に自分をすり合わせていくことです。常に古いものを壊し、何か新しいものを生み出していきます。変化しつづけるというのは宇宙の真理のひとつですね。

 

星との関係に単純な良い・悪いはなく、その星と星との意味合いをどう成長させていこうかと意識的になるのです。受身な姿勢ではなく、積極的に自分の星を生きることをトランジットは教えてくれます。

 

 

トップ画像は松尾スズキ×山本直樹の『破戒』。

 

山本直樹はエッチ漫画の大御所ですが、私は高校生の頃に山本作品や吾妻ひでお先生などの漫画を密かに読んでいました。大人からしたら嫌な高校生です。でも隠したって子どもってどこからか見つけ出して読んじゃうよね(笑)

 

『破戒』は松尾スズキの文章と山本直樹の絵がとても合っていて、ふたりともドライで冷めてるからかな?とくに松尾スズキの言葉は悟っているようなものがあります。

 

「前兆など気にするものか」って、トランジットは前兆を読んでいくものでもありますが、どんなに小さなことにも「神の特別な摂理がある」というのは、本当にそのとおりで、占星術をやっていてもそれを感じていくことができます。

 

そして、覚悟がすべてなんだね、けっきょく、どうしてもね。

 

 

 

 

 

・2月22日よりカウリ・ホリスティック・ヒーリングの占星術アロマセラピスト養成コースがスタートします。

隔週木曜日14時〜で、一回3時間×10回のプロ養成コースです。詳しくはコチラをご覧ください。

 

・個人セッション承っております。

心理占星術、占星術アロマテラピー、各種ヒーリングをもとに魂の傷を癒し、意識を変容させ、自らの本質を輝かせて生きるためのセッションです。

仕事、心の病、健康など現実的な内容から、魂の目的などスピリチュアルな相談にものっています。

ご質問、お申込みはコチラからよろしくお願いします。

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2018-02-09 | Posted in 占星術, 新月・満月No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA