2018年11月発売予定!火星手帳第2弾!~笑いあり涙あり、秘密の作成会議に潜入してきました~

火星サイクルプロジェクト 作成会議

 

 

2019年1月~2020年6月、2年の火星のサイクルを生かした
新しいライフプランニング、火星手帳プロジェクト始動!

nicoPLA.NET発の火星ワークシートの第一弾が発売され、現在も火星サイクルにのってライフプランニングをしている方たちがいます。そのワークシートも2年のサイクルを今年の末で終え、火星は年明け(元旦!)から新しいサイクルに入る。

 

第一弾で火星のサイクルを体験している方から寄せられた声や、社会で起こったこと、どんなふうに感情がみんな揺れたり落ち込んだり、そこから復活したり、自分のビジネスにうまく生かしたり・・・・・・そういったことをね、新たな発見や感動として、もっと使いやすく!もっと楽しく自分の中の12星座を育てるために!って、火星ワークシート第二弾を生み出すべく火星手帳秘密会議が開催されました!

 

秘密と言いつつ書いちゃっているんだけど(#^.^#)

 

私は「何か新しい、おもしろいことをやろうとしている人たちがいる!」と思って、さっそく仲間に入れてもらいました。

 

プロモーション大臣・・・大臣?(笑)・・・を仰せつかったので、火星手帳がいったいどのようなもので、そしてどんなふうに作成されているかをレポートします!

 

007 ダブルオーセブンのジェームズ・ボンド

 

 

狙い撃ちで(笑)

 

 

 

 

 

 

そもそもなんで火星なの?

火星は公転周期が687日で約2年、地球と同じように太陽に対して自転軸を傾けたまま公転し、一日は約24時間39分。つまり地球にコンデションがとてもよく似た星なのである。

 

ある日、火星手帳計画のボス、nico.PLANET所長のnico氏は自分のところに相談に来ているクライアントが実にうまく人生でビジネスを発展させ、自身も楽しく生き生きと過ごしていることに気づき、彼の星の動きを観察しているうちに火星の2年サイクルを上手に使っていることに気づいた。

 

「これは使える!何かおもしろいことができそう!」

 

そこから自身の観察や体験を踏まえて火星ワークシート第一弾を発売し、今回装いも新たに、さらに充実の第二弾を目指すべく、ユニークな個性あるメンバーを終結し、アイディアの練り練りしたり2019年からの重要なトランジットやアスペクトを拾ったりと極秘の作成会議が水面下で進行中なのである!ぜんぜん極秘じゃなくなってるけど(笑)

 

 

火星手帳秘密会議のホワイトボード

 

 

つびー氏がホワイトボードにやるべき事、手帳に載せる事をピックアップしていく。

どうでもいいのですが、つびーさん「鬼のつぶらや」という異名があるそうですが、それは本当ですか。
それはまだ生きてる名前なんですか。

 

12星座をより深く理解し、火星がひとつの星座に滞在する約2か月の間を、いかによりよく過ごせるか?火星だけではなく太陽を意識して活動することや、新月~下弦のタイミング(新月・満月だけではなく上弦・下弦も重要視するところが楽しいところです)、エレメント(火・地・風・水)やモダリティー(活動・不動・柔軟)の説明など・・・・・・

 

この手帳を使えば2年たつ頃には自分の中の12星座を実感し、感性を育てることができるという仕組みなのだ!

 

これはすごい。だいたい星座や月の満ち欠けなど誤解や思い込み、勘違いとともに流行ってしまっている傾向がある今の時代に、より正確な占星術の知識・体験を育てて、自分をよりよく生きるための知恵として生かせるようになるのである。

 

占星術経験者にもオススメの手帳であることには間違いありません。生きた占星術を日々の体験とともに育てていけるなんて、素敵だって私は思ったよ。

 

 

 

楽しくておもしろい・・・・・・だけじゃない!

天文歴 エフェメリス


Ephemeris(エフェメリス)

天文暦のこと。重要なアスペクトと、その度数を調べて書き出す作業をしている。

日本人は昔から月好きで有名だけど、太陽を奉り太陽の動きとともに暮らす精神もちゃんと持っていて、太陽を読む→「日読み」(かよみ)→こよみ→暦・・・というふうに言葉ができた説があります。

エフェメリスは2年分、手帳につける予定。見方も紹介します。

 

 

自分の中の火星を育てて2年のサイクルに乗れるようになると生きてて楽しいし、やるべきときにはやれる!がんばれる!

 

でも、それだけじゃない。これからの時代はどうなっていくだろう?それも読んでいく。確かなことは言えないけれど、正確に未来予測なんてできないけれど、少しでもいい提案ができるように作成メンバーは工夫して手帳にアイディアを盛り込もうとしています。

 

それを支えるのがボスの占星術・社会・人間に対する深い造詣なのだけど・・・・・・もう感じている人はいるかもしれないけれど、山羊座に土星が入り、今年の四季図のテーマはほとんど山羊、そして2019年には本格的に天王星が牡牛座に入って、時代は地の要素を強めていく。

 

 

イツカ「つまりこれからどういった時代になっていくんですか?」

nico(ボス)「社会性が強いから、社会の意識が強い人こそまどわされやすい。その他大勢に安心感を感じる人は辛い時代になってくる。立ちいかなくなる」

 

 

つまり、地は所有を意味するので、失うことを不安にする人が増えるだろうということでもある。地位、肩書、財産、自分が持っていて自分に堅実性と恒久性を与えてくれるだろうと思うあらゆる所有である。

 

そこに恐れを感じるのだから、社会は保守へと傾いていく。

 

だけど、そもそも「地」というのは「火」がなければ成長しないのだ。山羊座・土星がピックアップされているなら、山羊土星の完成のためにも火のテーマは必要なんです。

 

火のぜったいに譲らないという自分のビジョン。あくまでビジョンがあって、それも自分自身の魂に純粋なビジョンがあって、そして一歩一歩形にしていくものだよね。先にシステムや形があるわけじゃないし、形は一生自分を保証してくれるものでもない。

 

それよりも、

 

ボス「自分という存在を明るく健やかに育てていける火星の力!生きているという力を純粋に喜べること」

 

ということなんです。

 

生きているということを、純粋に喜んでいますか?

 

思い切り楽しんでいますか?

 

 

 

1年半分の未来のトランジット
人生の疑似体験

ボス、麻美さん、イツカの3人で火星と他の天体の重要なアスペクトを拾っていく作業。

水瓶・射手・乙女の組み合わせなせいか、サクサク盛り上がりあり涙ありで進んでいく(笑)

長丁場なのに楽しくて仕方ない!

作成中も楽しいことが大切。一生懸命にやるから楽しくなるんだよ。

それにしてもドラマだ!あぁ~射手座木星と山羊座土星が去っていく~

 

 

 

トランジットって、おもしろいね。

 

難しいけれど、私という存在と宇宙との間のリズミカルでダイナミックなつながりを感じて、シンクロニシティーという調和を取り戻していく。感じていく。

 

今回は火星は逆行をしないので、1年半と短いのだけど、その間に太陽と火星なんて3回しかアスペクトをとらないし、金星は4回、木星は3回・・・・・・自分が生まれた時のアスペクトが奇跡のようだね。そう思えることができる人って幸せだなって思ったよ。

 

それにしても・・・・・・射手座から木星が去っていくのをボスがいたく悲しんでね、「さようなら~さようなら射手木星~~」って大変だから火でも囲んで射手木星を送り出そうと話してたんです。

 

 

イツカ「射手木星を送る歌ってどんなですか?」

ボス「え・・・・・・・バンザーイ!君にあえてよかった~♪」

 

 

あぁ、ウルフルズですね。このままずっと~ずっと~死ぬまでハッピー♪(←木星っぽい)

 

それで今度は山羊座土星も去っていくので、そのたび悲しむ我々は長渕剛まで歌って、「君に耐えてよかった〜」って替え歌まで作って土星を送り出したのに、、、水瓶に入ってすぐに土星に戻ってきたとか……あのときの涙を返して(笑)まぁいいけどね、いくら泣いたってさ

 

そんなこんなで作成中も本当に楽しいのです(*^^*)

 

遊び心とユーモアに溢れて生きてるって、とても大事ですね。

 

 

 

好きで楽しんでやらなきゃ続かないよね

nico先生の差し入れピザ

←ボスが頼んだピザ

楽しいと“楽”っていうのはきっと違うことなんだと思う。

楽しいことがしたければ、楽はしちゃいけないんだよね。今楽しんでいる人はきっと一生懸命やってる人たちじゃないかな。

でも一生懸命やれば、きっと楽しくなるんだよね。

 

 

自分に火をつけるって、そんなに簡単じゃないときも多いですよね。

 

悩んで落ち込んで失望して、自信もなくして、そこからどうやってまた顔をあげて挑戦していくかっていうこともあるけれど。逆に何をしたらいいのかわからなくて、欠落感だけは抱えているものだから何か満足させてくれるものを探し求めるんだけど、けっきょくはそんなもの見つからなくて。

 

安心・安全な水の世界から飛びなせなかったり、みんなそれぞれ自分の心のことや健康、家族や仕事のことで悩みがあって、自分の中の火はいつだってすぐに消えてしまいそうになる。だけど、こんな状況はいやだ!こんな生き方はいやだ!・・・って、追い詰められて火がつく人もいる。

 

いろんな人がいるけれど、ネットや雑誌を開けば頭が痛くなってしまいそうな問題は多いし、災害もいつ起こるかわからないものだし・・・・・・。やっぱり人生って短いと思う。ビートルズもそんなこと歌ってたな。だから、無駄なことにエネルギーを浪費しないで、できるだけ自分の中の美しいものを生かしたいなって思うんです。

 

不安なことは多いけれど、こんなに限られた自分のエネルギーや時間を、悲しみとか諍いとか、ひねくれたりいじけたり、いつまでも怒って憎んで嫉妬したりで浪費するのはもったいないなって。

 

もし自分もそうだって思う人や、自分のエネルギーをもっと創造的なことに使いたい、自分を高めていくことに使いたい・・・・・・そんなふうに思う人がいたなら、今年11月の発売を予定している火星手帳を楽しみに待っていて欲しいと思います。

 

あと占星術をもっと知りたい!っていう人もね。

 

なんとなく楽しそうだから、っていうのも大歓迎だからね。

 

 

【次回予告】

火星手帳通信 次回予告

あらゆる火星プロジェクト活動の発信元
心理占星術ウェブマガジンnicoPLA.NET

心理占星術家nico公式サイト 心理占星術の世界
nicosmic life

 

火星手帳に関するご意見や応援メッセージはコチラから。

まったく新しいところからの試みなので、応援してくれると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA