「それでも自分に正直でありたい」~自己愛診断と天王星牡牛座時代、そして16日新月からのテーマ~

エレン・デジェネレス

 

「自分自身を受け入れなきゃ。連続殺人鬼でない限りね」

「それでも自分に正直でありたい」

 

 

写真はエレン・デジェネレス。アメリカの国民的な人気コメディアンでレズビアンです。彼女は子どもの頃から女の子しか好きになれない自分に気づいていましたが、保守的な南部ではそれは誰にも言えないことでした。

 

日本って、紅白に美川憲一とはるな愛とIKKOが一緒に出演して歌って踊ってたりしてたし、本当に自由です。だけどキリスト教支配の強いアメリカの田舎ではバイブルに同性愛は禁じる記述があるから、ゲイだというだけで殴り殺されてしまうこともあるそうです。

 

エレンはコメディアンとして成功し、幅広いファンを獲得していたけれど、嫌がるテレビ局を説得し、劇中で「私はレズビアンなの!」と宣言。共演女優のローラ・ダーンとキスしてみせ、いくつかのスポンサーは保守からのボイコットを恐て離れていったけれど、その回はテレビ史上に残る視聴率を記録。

 

「カムアウトしたら仕事を失うだろうと思っていた。それでも私は自分を偽れなかった。同じように苦しんでいる人たちのために」

 

そういう彼女は水瓶座に太陽を持つ。同じ立場の人たちを代弁する使命感が水瓶座らしい。彼女のジョークは決して人の悪口を言わないことでした。「コメディアンの多くは誰かの欠点を笑うけれど、それは一種のイジメよ。私は誰かを傷つけないで人を笑わせたい」

 

素敵な方だな、って思いました。

 

エレンはもとから恵まれた環境にいたわけでも人一倍強かったわけでもなく、自分が受け入れてもらえない存在であるということを常に感じながら、そして仕事で成功しキャリアも報酬も手放すのが恐いぐらい持っていながら、失うことを恐れず「それでも自分に正直でいたい」という選択をしました。

 

居場所がない、自分を認めてもらえない、自分には何の力もない、ひとりぼっちだ・・・・・・そんなふうに感じている人、日本にもたくさんいると思います。大丈夫だって、元気でうまくいっているフリをして、自分を認めてもらえず、ありのままになれなくて、恐れや幼いころの傷を抱えている、自分を愛したくても愛せない、そんな自己愛の欠如を今の時代に感じます。

 

だって、本当に自分を愛して信頼して、自分の魂を大切にしていたら、やっぱり正直に生きざるを得ないと思うのです。たくさんの人が、「私も私らしく生きたい!」って、可能性にかけてみたい!ってそう思っても、うまくいく人と、なかなかうまくいかない人がいます。その違いは何だろうね?

 

 

 

人生の影の大半は、自分が光をさえぎっていることに原因がある。
ラルフ・ウォルドー・エマソン(アメリカの思想家)

 

あなたは自分を愛していますか?

 

そう聞かれて本当にYesと思える人ってどれくらいいるでしょうか?

 

5月16日に時代のムードを表す天王星が牡牛座に入ります。トランジットは常に古いものを壊していくので、今回の天王星・牡牛座も私たちが知らない形で体験するのだと思うのですが、時代のスキマを埋める風のエレメントの天王星が時代や人と一体となって作る牡牛座のムードとはどのようなものになるでしょう?

 

勉強会では「手に職がないと生き残れない」「本物しか通用しない」、そんな話をしてきましたが、私は自己愛の欠如というテーマで書いていこうと思います。

 

等身大の、ありのままの私を認めることは牡牛座の表す意味のひとつですが、ありのままの私を認められなかったり受け入れられなかったりするので、もっともっとと資格をとったり、物を所有したり、人に気に入られる自分を演じたり、自分を大きく見せたり、自虐をしてまで興味や関心を引いたりと・・・・・・人って忙しいです。

 

 

「イツカさんに言われなくても、私は自分を愛しているし大切にしているし、自信もあるわ!」

 

 

という方も多いかもしれないのですが、自分を愛しているかどうかのテストをよかったらやってみてね。

 

 

自己愛診断

・心のなかでたえず自分をこきおろしている。
・自分はだめな人間だと思い込んでいる。
・自分を信じることがなかなかできない。
・自分に自信がない。
・自分に期待していない。
・自分の判断が信用できない。
・いつも精神的に疲れていて気分がすぐれない。
・鏡をのぞき込むと、自分の欠点や不完全な部分が目につく。
・つねに何かを心配している。
・食生活や身だしなみに気をくばらない。
・心の持ち方がネガティブである。
・自分を受け入れてもらえないという思いをもっている。
・相手にどう思われるかたえず気にしている。
・ほめられても素直に喜ぶことができない。
・心を病んでいて強い不安を抱いている。
・集団にうまく溶け込めない。
・自分の才能や能力を過小評価している。
・ずっと孤独感にさいなまれている。
・抑うつ状態におちいりやすく、わけもなく悲しくなる。
・他人に認められたいといつも感じている。
・人を喜ばせるために自分の欲求を抑圧している。
・たばこや買い物、セックスによって空虚感を埋めようとしている。

 

 

以上の兆候の3つ以上があてはまると感じるのなら、自己愛に関して何らかの問題を抱えている可能性があります。

 

今までいろいろな人に会ってきたけれど、自信に満ちて堂々としている人、仕事で成功を収めている人、お金になんの不自由もない人、多くの人に慕われている人・・・・・・でも、蓋を開けてみれば幸せかといったらそうではない人も多いものでした。

 

成功も、希望の仕事ができるようになることも、恋愛も、あらゆる目標達成とか、それらすべて、自分を愛せるようになってからで遅くはないと思います。

 

もう何の問題もないという方にはどうでもいい話だと思うのですが、自分をうまく愛せず、幼いころの傷や心の痛みで防衛してしまい、でも私らしく生きたいという方たちをプリオシンは応援していきたいと思います。大丈夫だよ、少しずつやっていこうね(*^^*)

 

 

自分を愛する、というと私の感受性に忠実な蟹座もそうだと思うのですが、今ある自分が手にしているものに気づきを向け、価値を与え、大切に育んでいく。ありのままの等身大の私を愛する。私が思う最高のものを求める、他者の評価に自分の価値を委ねずに揺らぎない美意識を持つ、体を大切にする・・・・・・そして自立する(天王星が牡羊、牡牛ときて、自立する力を個人が持つとき)。そんな意味で話していこうと考えています。

 

そして牡牛座テーマではないのですが、16日新月からの流れは新月Asc蟹座で第10ハウスの牡羊座新月。私はこうありたい!って覚悟して表明していく。太陽活動をするとき。そして18日には土星が逆行し、23日上弦ではAsc双子座、月は第3ハウス。好奇心いっぱいに私の水星が喜ぶ活動をたくさんしよう!新しいことを吸収しましょう。

 

そして30日の満月はAscが再び蟹座で月は第4ハウス。なんだかドラマだなぁ・・・・・・「汝自身を知れ」ってアポロン宮殿の神託を思い出すけれど、私に合うもの・合わないものを見極めて、私が望む環境をどれくらい作れているだろう?自分の月が安定していたらいい時期ですね。

 

5月8日からの下弦は獅子座、月は第7ハウス水瓶座、太陽は第10ハウス牡牛座です。下弦にきて自己価値のテーマ。私の個性を、自分の名前を看板にかかげるように、自分自身や作品をアピールして、そして周囲の評価にさらされてみる。どれだけ社会に居場所を作れているだろう?

 

5月15日からの新月はわりと後半サインのテーマになるから、今回の新月から下弦で「私」に意識を向ける活動をしっかりやっておきましょう。

 

新月前夜にちょうど蟹座の人から「独立すべきか」と聞かれたのでホラリーでみていたのですが、ベトナムに行って3年、共同出資で高級日本寿司店を経営しているんだって。昨年サターンリターンを迎えたばかりで、本当は独立したい、けれど自分にはまだ力が足りないから誘いを受けているところに行って勉強も続けたい・・・・・・悩むし迷うけれど、成長とともに殻を破っていく蟹座、さらに自分が望む場を求めいらなくなった人や環境、仕事や考え方を手放して冒険していく。それは今ではないかもしれないけれど、いつかその日がくるからね。待つのも宇宙に自分を委ねる尊い行為です。

 

 

 

みんなそれぞれ迷いながら自分に向き合っていますね。さて、私も天王星が牡牛座に入るし、星を読むことだけではなく本物のヒーリングや、瞑想、自分を愛するということについては体を大切にするといことも書いていきいたい!乙女座の太陽が燃えます!(笑)

 

先日、勉強会のあとにMITO先生のところへ英会話のレッスンに行ってきたのですが、その合間にヒカリエで遅いランチをとりました。体が野菜を欲していたので、ニース風サラダと寒ブリのカルパッチョをいただきましたよ♡

 

ニース風サラダと寒ブリのカルパッチョ

正直に話すと、セブンイレブンのエビアボカドのサンドイッチが中毒みたいになっていて、「これはイカンなー・・・」と思っていたところへnico先生から星の公転周期を利用してタバコをやめた話を聞いたので、さっそく私もトライ。

まずは月の28日間、次に水星の90日、金星の225日・・・・・・

現在は2週間たちました!

 

 

 

あのね、私たちはつけている仮面によって食べ方、選ぶ食べ物、体つきにも傾向が表れるんだって。そういった話も含め、ボディケア、スキンケアの話も書いていきたいと思います!

 

ニース風サラダは五穀入り、ブラックオリーブも入って美味しい♡

寒ブリも大好きです(*^^*)

バジルソースと合うんだなぁ・・・・・・付け合せの赤カブのヴィネガーで和えたみたいなやつ(料理、よくわかりません)もサッパリしてて、ほんのり甘くて、とても心地よい歯ごたえです。

 

 

 

 

 

さぁ、月曜の夜は火星会議。はりきって行ってきます!

 

そしてメール鑑定、ようやくだいたいできて、あとチェックしたら送ります!Sさん、待ってくれどうもありがとうございます!長くなっちゃって・・・・・・「イツカさん、長いよ!勧進帳?!」とか、文句は言ってくださいね。

 

ではでは、またね。

 

Love♡ ITSUKA

 

ドリンクはピーチ&ジンジャー
ハーブづくしのランチでした

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー・カウンセラー。占星術アロマセラピストティーチャー。心理占星術、仏教、神秘思想をもとにセッションや講座を開催。心の問題を丁寧に扱い、生きづらさを抱える人にも可能性が開けるような生き方を提案。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、より本質で生きるあり方を日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA