はかない君の重さに捧げたLove & Hate~夏至を前にノスタルジック蟹座気分~

franche lipeeのパンダクマTシャツ

 

 

 

夏至を前に、ようやく梅雨らしくなってきました!

雨の日は地球が潤んでいるんだなぁって、水の星なんだな、ってとても思います。窓ごしに雨の音を聞きながら本を読んでいるとすごく落ち着くし、水は私たちの精神を何か大きなものに溶かし込んでくれるような、そんな気持ちがします。いつも本を読んでいるわけにはいかないから、仕事や家事で忙しくしている方は移動など大変なときもあるかもしれないけれど、足元に気を付けてくださいね。

 

そして晴れた日はもう暑いのです。私は夏が死ぬほど好きなのです。

家々の屋根の向こうに夏らしいモクモクの雲がちょこっと見えたりして、夏の気配に胸が高鳴ります。わくわく。

 

夏は白いシャツが気持ちいい・・・・・・さっそく白いTシャツを着て出かけてみましたよ~

franche lippeのパンダクマTシャツ。

 

 

パンダクマTシャツ

 

 

パンダじゃないんです。

クマがパンダの真似ッコしてるんだよ。

このパンダかぶりめ!・・・・・・(笑)

 

 

 

私のように、家にテレビもなく新聞も読まず、といった世界情勢に疎い人間でも、少しネットを見れば世界中でテロや戦争、その他の暴力が毎日起こっていることはわかります。

そしてこのように世界で悲惨なことが起こっているときこそ、自分自身がいかに自由で幸せに、心穏やかにいられるかが大切なんです。それはでも、毎日が楽しくて充実していたり、夢中になれているということとは違います。逆にそういった期待や執着で縛ってしまうと、それもまた苦しさの原因になったりするのです。

なんのNOももたず、流れの中にいることが大切・・・・・・

 

 

 

 

宇宙の調和とともに生きることを決めた人には、大宇宙のあらゆるエネルギーがその人を助けるためにやってくる。

 

 

ようやく私も最近、そう実感をもつ出来事が増えてきました。いえ、宇宙はいつだって完璧だったのです。それは自分のちっぽけな頭で理解や解釈をしようとしたから、しかも人生をコントロールしたり画策しようとしたりしてしまったから、そのエネルギーを歪めてしまった。

 

世の中どうなるかわからないし、占星術で未来が読めたらいいよね………と、私もそう思っていました。ですが、世の中がどうなるかは自分ではどうにもならないから、せめて有利に自分を作っていくという考え方は積極的なように見えて実は受け身であることに気づいたのです。

 

 

それは、ホ・オポノポノのあらゆる出来事は「100%自分の責任である」という考え方が腑に落ちるようになってから特にだと思います。この考え方によれば、例えば仕事の収入が上がらないのも、従業員がやる気を出さないのも、迷惑な人がいるのも、自分の責任です。

子どもが問題を起こすのも、近所の犬がうるさいのも、妻が自分の仕事をわかってくれないのも、そう。

並んでいたら割り込みをされたり、いいように自分が利用されたり、生きていればいろいろな問題が起こると思いますが、それはすべて自分の中にある潜在意識の記憶が再生されたもの。つまり、自分の責任なんです。

 

 

割り込みされても、騙されても、性的な被害に一方的にあっても?!

 

 

はい、100%自分の責任として引き受けます。ここだけしか説明をしないと納得できないかもしれませんが、このハワイの伝統的なヒーリング・ツールの考え方がわかると、100%自分の責任として引き受けることで、自分の人生が主体的に生きられるし、誰かや何かや世界のせいにしたりすることもなくなります。

そして問題を生じさせている記憶をクリーニングすることで、自分だけでなく周囲の人やビジネス、世界からも問題の記憶を消去できるのです。

 

 

 

先日の夏至のチャートを読む勉強会はたいへん面白いものでした。

 

そこで私は星を読み、理知の力を使って生きていく方法を教わりました。と、同時に私は自分の中から情報をクリーニングすることで、自分をゼロの、ニュートラルな状態にし、宇宙のエネルギーを自分にふさわしい形で受け取れるようにします。そこに努力や意志の力は必要ありません。意志の力による努力は97%は失敗すると実験結果が出ているのです。

 

私はもともとバリバリに科学畑の人間でしたから、ロジックが好きです。考えたり、乙女サインらしく分析することが好きなのです。それが情報をクリーニングするという、分析とは相反することをし、ある意味、知性を捨てるようなことをなぜ行うかというと、理性や知性はじつは大してわかっていないからです。

 

私たちが1秒間に顕在意識で処理できるのは15bit、それに対し潜在意識では1100万bitのことが毎秒起こっています。つまり、実は私たちは何が起こっているかよくわかっていないのです。一生懸命理解して、成功を実現しようとしたり失敗を防ごうとしたりするけれど。宇宙の意志ははるかに大きい……

 

批判したり、闘うのは簡単なんです。それをやめて、自分にしがみついているものを手放して、宇宙の流れに任せる。

 

 

ちなみに余談だけど、アゲマンはフロー(流れ)の状態にある女性のことを言うそうです(*^^*)

本当、女性が解放されると男性も解放されますね。

 

 

夏至のチャート読みはまた改めて書きますね。

 

 

 

 

21日13時24分、太陽は蟹座に。夏至の日です。

いつもあれこれ考えないで、思い浮かんだ話を書いていますが(いちおう季節には合わせる)、蟹座の季節にどんなお話を紹介しようかと私自身楽しみです。エロから暴力まで、露悪趣味では文章は書きませんが、それでも自分が書きたいことを書いてきて、何度か読みに来てくださっている人はある程度、耐性もついていると思うので、私も気楽に自分の好きなことを書いていきます。

 

自分の好きなこと!

 

そう、蟹座は偏愛をする。自分の好きなものしか好きになれない。いいなと思うものしか受け入れられない。水のサインはそれだけ内発的。しかも蟹座は支配星が記憶や過去、感情、母と子を司る月ですから、思い出す必要もないほどに自分の内側に潜んだ記憶に忠実です。

蟹座は陰サインですから、双子座期に体験した外部での出来事をいったん内側に吸収し、閉じ込め、そこで精査して自分にとっているものといらないものを徹底的に分けます。純化させるというテーマを蟹座は持っているのです。

支配星の月の影響で、蟹座はもっとも拒絶に弱い星座だと言います(母と子の関係に由来しているのでしょう)。蟹座期は、自分にとって内発的なテーマを純化して、自分の求める感性を磨く。人とのつながりを求めるのは風サインも同じですが、水のサインは自分をみずみすしくさせるかどうかが大切です。今やってるそれが、あなたにとって有益なように見えても、心が殺伐としてきているのなら、この蟹座期に見直してみよう。

周囲に成熟した蟹座の人がいるのなら、お茶でもご一緒して蟹座のエッセンスを感じてみるのもいいかもしれませんね。蟹座期には自分というものを大切にする力を育てていきましょう。だってこの後、太陽の季節、つまり外に向かって自分をアピールしていく獅子座の季節が待っているのです!

 

 

蟹座というのは、同じ水サインの魚座や蠍座と比べると、より人と向き合うより個人的なドラマとつながる星座なのです。個のサインであることと、支配星の月の影響もあって、その人の孤独やノスタルジーとつながることを求めます。

ですから、私のブログはイベントやセミナーのお知らせも今のところしていませんし、こうすれば成功する的なHOW TOのような内容でもないので、私の書いたものにあなたの月が反応しなければ、興味を持ってもらえないのだと思います。たまに水星的なことも書くけれど・・・・・・占星術は月と水星と土星が強いとよいとも言うので、当たり前かな?(*^^*)

 

 

月・・・・・・私たちの記憶。

今では記憶は脳がするのではなく、私たちの60兆にもおよぶすべての細胞が記憶システムを有してることがわかっています。

 

月は、記憶、過去、そして感情、心、魂・・・

 

人間の、とても繊細で複雑な部分。

 

 

今日は私が昔、とても切なく感じたノスタルジックな音楽、Spiral Lifeの『Love & Hate』をご紹介させてください。

 

 

Love & Hate
作詞:FREAKS OF GO GO SPECTATORS. 作曲:FREAKS OF GO GO SPECTATORS.

 

はかない君の重さに 捧げた Love & Hate

 

何の言葉も理由も持てない僕は
内なる優しい余情で語りつくそう

 

 

Spiral Lifeってぜんぜんリアルタイムじゃないんですけど、フリッパーズの後追いしてるときなんかに出会って、それでカーンときちゃったのがこのLove & Hateです。遊ぶのが好きでフマジメが好きなフリッパーズはかわい子ぶりっコもねらってやってたけど、Spiralはパーフリっぽい音楽を冗談みたいにやって、かと思ったら他愛もなく真剣なポエムをやる・・・・・・つまりイヤなヤツなんである(笑)

ちなみに私はイヤな、めんどくさい人間が好きだというどうしようもないSEX(と書いてサガと読む)がある。

 

 

人のココロといのは複雑です。ホントは複雑じゃないかもしれないけれど・・・・・・

 

お互い好きなのに傷つけあったり、

好きなのに、だからこそ?離れていこうとしたり。

 

Lone & Hateはぜんぜんラブラブしてなくて、Spiralのヒトの悪い部分に私の月が反応しちゃったもんだから、すごくわかっちゃうというか、そんな曲です。ノスタルジー。慕わしいということ。

 

 

例えば僕がここから飛び立つなら
君は僕の好きな菜の花畑で笑ってて
はかない君の重さに 捧げた Love & Hate
嘘をつくための嘘を しるした Love & Hate

 

 

何の言葉も理由も持てない僕は、内なる優しい余剰で語りつくそう・・・・・・

ここでいう「内なる優しい余情」や「はかない重さ」というのは、君の思い出や記憶です。

 

嘘をつくための嘘を しるした Love & Hate…

 

 

何の行為も 答えももてない僕は
内なる優しい 余情でしか語れなくて

 

はかない君の重さに 捧げた Love & Hate
嘘をつくための嘘を しるした Love & Hate

 

消えていく言葉の中 捧げた Love & Hate
とりとめもなくつづった 君への Love & Hate

 

さよなら Love & Hate
さよなら Love & Hate

 

 

「内なる優しい余情」や「はかない重さ」というのは、君の思い出や記憶なのですが、この歌ではそれすらサヨナラしてしまうので、どうにも悲劇的な救われない曲です。

 

だけど音楽は天国的でたいへん美しいのです。

 

 

最初から、私が君にしてやれることなんて何もなかったんだと・・・・・・そんなことに気づいてしまった夜に、月の光はやさしいものですね。

 

 

それでは、ノスタルジックに蟹座の季節をお送りしたいと思います。

 

またね(*^^*)

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA