激動の時代をパワフルに生き抜くために~lonelinessの美しさと静かさ~

グニーの「アヴェ・マリア」グノーの『アヴェ・マリア』

 

 

3月5日から、今日7日まで
月はバイアコンバスターと呼ばれる「焼失の道」を
通過中です。

 

心がざわめいたり
大きく揺れたりしているかもしれませんね。

 

木星も蠍座のあるので
人と関わる中で心を揺らしながら

 

木星の射手座的な要素・・・・・・人ってやっぱりいいよね、を
体験すると同時に

 

木星の魚座的な要素・・・・・・あらゆる対人関係や
いろいろな人のあらゆる思いを受けて
心が重くなったり苦しくなったり、

 

そういった体験もします。
心が繊細に敏感になりやすいときです。

 

ですが、木星が射手座に入れば
射手の要素が純粋培養されますので

 

今は魚座的な体験をしておきましょう。

 

 

昨夜はずっと
「アヴェ・マリア」を聴いていました。

 

魂を鎮め、傷を癒す音楽だと思います。

 

 

もうすぐ冬至の季節・・・・・・一年にわたる天秤座の感性を育てる時期が
終わろうとしています。

 

悟りは一瞬にして起こるものでもありますが
天秤座体験なんて、そんなに簡単にクリアできるものでもありませんね。

 

 

 

ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント(人の潜在的な能力を開花する運動)が
世界中で目覚しい進化を遂げて

 

人の意識や自然・宇宙の真理に対する研究も
日々進んでいます。

 

もう、以前のような「ポジティブな思考をすることでポジティブを引き寄せる」
という考えは古くなってきています。

 

人の心は常に揺れているもので、
それは仏陀のような覚者でさえ認めるところです。

 

いつもポジティブでなんていられないのが普通で、
あらゆる手法でポジティブなエネルギーを保とうとしても

 

以前、ネガティブなエネルギーは
内側に俄然としてある。

 

 

 

ポジティブ思考、ネガティブ思考とは言うけれど
では何がポジティブで、何がネガティブなのでしょうか。

 

ポジティブ・ネガティブ、プラス・マイナスを対比した途端に
そこでもう、空理空論の泥沼に私たちはハマってしまいます。

 

 

「トータルに生きる」

 

 

私はそうありたいのですが
それは私の顕在意識、潜在意識、そして
宇宙あるいは大いなる自己でも呼び方はなんでもよいですが

 

そういったすべてとともに生きて
外の世界、または無と呼ばれるものと
私の中にある空間との間になんの違いもないことを知ることです。

 

それはそれぞれの人生の瞬間を味わい尽くすことだから・・・・・・

 

どんな感情や思考も
どんな短い瞬間に起こった出来事も、小さなイライラも

 

自分が生んだなら
すべて私のかわいい子どもであり

 

思考や感情に囚われてしまうのではなく

 

ただ、それがあるのをあるがままに受け入れ
観照します。

 

そうして自分にとって
辛くて苦しいと思った思考や感情も

 

自分の中の大いなるスペースの中に包み込み
溶けていきます。

 

 

 

「バーソロミュー3 大いなる叡智が語る平和への祈り」によれば
地球のこれからの数年間は激動の時代になるらしいのです。

 

そして、この時代をパワフルに生きていくためには
こういった自分の中に起こったほんの小さなことにも
感覚を研ぎ澄まし、

 

それぞれの起こった出来事や思考・感情などに意識を固定してしまうのではなく
むしろ全体のプロセスを眺め
近視眼的な態度から深い洞察の態度へと変化を起こしていくこと。

 

こういった個人の、小さいと思われるような日々の変化が
大切なことなのです。

 

そうですよね。

 

だって、社会を変えることなんてできるかな?

 

社会が変われば個人は変わるって思うから
立派そうに見える社会政策をかかげる人を選挙とかで選びたくもなるけれど

 

社会というのは単なる言葉で
本当は社会なんてものはないし
社会に魂なんかない。

 

あるのは個人だけなのです。

 

社会を変えることはできないよ。

 

社会がどんなに大きく、個人がどんなに小さく見えても
個人なら私たちは変えられる。
個人を変えるための科学があることを知れば
それは誰にでも使えるものなんだ。

 

 

みずがめ座時代だからって、
ユートピアを夢見る前に
まずは私たちひとりひとりが変わらなきゃね。

 

ひとりであるという
lonelinessの美しさと静かさを味わいながら・・・・・・

 

 

 

 

 

瞑想をするようになってから少し経った頃、
自分の中におもしろい変化が起こりました。

 

私はOSHOの教えを受け継ぐ方たちから瞑想を教わってきました。
瞑想経験は決して長いわけではありませんが、日々、気づきを深めています。

 

それは、外側には私は満たすものは何もないのだと本当に知ったときから、
内なる大いなる源泉に、本質につながりたいと思うようになって、
その思いが強く深まっていったから、私は瞑想という冒険に向かい出したのです。

 

それは本当にエキサイティングな内なる冒険で、
今でもその冒険の途中です。

 

あらゆる感情、思考、その他の自分のあらゆる反応は、
外側の何かがきっかけで刺激され起こるものですが、

 

起こった感情や思考が何を元にしたものなのか、
元となったそれは私の思い込みであり、
成長過程で自身の内面に築いてきた常識、条件付けであり・・・・・・

 

ということに気づき、感情や思考を観照し、
呑み込まれないようになってきたのです。

 

 

 

私たち人間の意識は多重構造を成しています。

 

 

トータルに在る者として

 

 

外側の思考やパーソナリティー(占星術ではAscなどのペルソナです)
少し内側に入ったところにある感情
さらに深く入ったところの強みや才能
さらに深い、サトルなエネルギーである本質

 

 

すべての層をそれぞれ体験し
気づきをもたらしていきます。

 

本質である愛や思いやり、自己信頼など
多くのものがありますが
それを感じたらさらに深く、中心へと降りていきます。

 

中心という神秘、
私たちのすべてのエネルギーの源泉とつながって
内なる神聖なスペースで永遠と一体という感覚を体験し

 

そこで癒され、滋養を得ます。

 

 

外側からのアプローチでは
私たちは解放されることはありません。

 

 

 

こういうワークを行う日々の中で
星の読み方も変わっていったと思います。

 

いわゆる、その人の天職や使命、未来を読み取ろうとする占星術から、
その象徴をどう自分の内なる世界に下ろし、世界を受け止め、表現していくか、というふうに。

 

その象徴を自分の本質とつなげ、どう育てていこう?
星の言葉に意識的に耳を傾けるようになってきたのです。

 

 

プリオシンは「星と瞑想のトータルライフ・デザインラボ」として
改装中です。

 

できあがるまでには数ヶ月かかり
見づらい箇所もあると思いますが、しばらくお待ちくださいね。

 

 

 

 

 

nicoPLA.NET 春の心理占星術特別基礎講座
どうせなら、本物を学ぼう!~4月から春の「心理占星術特別基礎講座」が開催です~心理占星術家のnico先生が4月に特別基礎講座を開催されます。

占星術の美しい構造を基礎から学び、人間への深い理解を導く心理占星術を丁寧に学んでいきましょう。占星術への情熱がすばらしい先生による、情報満載の講座です。

私も参加します。

 

☆ご質問・お問い合わせはこちらから☆

心理占星術ウェブマガジン・ニコプラネット
火星サイクルプロジェクト・公式サイト
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA