それぞれの人の心の中にある、美しく大きな光

職業占星術勉強会の一日

 

 

私はけっこうせっかちだから、いつだって早る気持ちを、喜びを伝えたくって、すぐにブログに書いたりしたくなる。

 

だけど最近はいったん自分の中に落とし込んで、熟成?、みたいなのをする楽しさを覚えたから、そこで見た光をもう一度味わいながら言葉を紡いでみる。

 

光は無色にしてすべての色を含んでいる、未分化なもの。切り分けられていない混然としたもの、分け隔てられていないもの。

 

それぞれの人の心の中にある、美しく大きな力。

 

 

 

14日の月曜日は月に一度の職業占星術の研究会。

 

昨年からずっと一緒に学んでいるイマイさんは、いつもセッションで思ったことのシェアや、みんなで考えるお題みたいなのを持ってきてくれて、私にとっても実り多い時間になっています。

 

 

火星ワークシートに書き込みをする今井さん

火星ワークシートに行動計画を書き込むイマイさん。

いつもトランジットの影響を反省したり、自分のネイタルチャートを振り返ったり、星に向き合う姿勢が細やかなんです。

昨年はnico先生とイマイさんの水瓶コンビによる水瓶のグチ(笑)をずっと聞いていたけれど、わかりづらく見えにくい水瓶の悩みを聞けてよかったです。勘違いされやすいサインだよね・・・

 

 

私たちはセッションのときにコンサルテーションチャートというのを立てます。これはお会いする日時と場所でホロスコープを作るわけですが、クライアントさんの状態や今何に悩んでいるかなどを読み取ることができるわけで、仕事の相談のつもりが実は結婚で悩んでいたりと・・・・・・言葉に表れないところにその人の本当の気持ちがあったりもします。

 

コンサルテーションチャートやホラリーは、その人の思った世界が反映されているので、そのチャートはクライアントさんの心とのシンクロ二シティが起こっている。そして、何が救いになるかを読み取れるときもあるし、今は答えが出せないというチャートのときもある。これから大変だということも、比較的楽になるということも、読み取れる。

 

そういった個々の情報自体が、人の最も深い望みや真の願望を解決してくれるかはまた別かもしれない。あとは対話と個人の気づきしだいかもしれない。

 

どちらにしても、コンサルやホラリーは宇宙こそ導き手であり、チャートの持ち主に何を望んでいるかをメッセージとして送ってきているように私は感じて好きだ。例えば片思いの相手との相性が全然脈なしだとしても、「あなたには他の正しい相手がいますよ」とか「パートナーとの付き合いは自分の心の問題に向き合ってからにしないさい」とか、そんなふうにいつもこの瞬間にも正しいタイミングで正しい選択を宇宙は教えてくれる。

 

あとは自分がどれだけオープンになって、そのメッセージを受け取るかというだけ。

 

 

ガルシアくん

 

 

ガルシアくん。

私を踏み台に飛び回っているときもあれば、マイペースに机に陣取っているときもあります。

 

 

 

 

 

そしてこの日は久しぶりにイイダさんも参加し、再会を喜びました!

 

共に学び合う仲間たちは大切です。何より生きた体験は最高のシェアだし、お互いの話にやさしく耳を傾けたり、かっこつけないで困ってることとか正直に話し合えるのも私はいいなぁって、本当にそう思うんです。

 

いろいろ面白くなりそうな企画もしたし、わくわく(*^^*)

 

実は火曜日は瞑想とセッションだったのですが、エッセンシャルリビングの黒田コマラさんとのセッションの前に、このような出会いと共振があったことを報告できて、気づきを深めるワークも充実し、私が「去年よりずっとクリアになっている」との感想も受けることができました。

 

この一日二日で現象面でも意識下でも、多くのことが動き出しています。

 

 

 

たまに私が「宇宙に自分を捧げて生きる」というと、すごく受身ですねと思われる方がいるのですが、「捧げる」「ゆだねる」というのは受身な態度とはぜんぜん違います。むしろ、寛大で、互いに利益のある結果を得られる。それに、ときに宇宙はびっくりするぐらいの後押しで活動を促してくる・・・・・・

 

なんであれ、宇宙が望むことはやって来させ、起こるべきことを起こらせ、それに対してなんの判断もしないし、去らせるものは去らせる。獲得と喪失という宇宙の呼吸でもある摂理、もちろん喪失には痛みが伴うこともある。大きな災害には、人間の限界のある知性では理解できないものを人々にもたらす。

 

 

 

ここ最近の星の動きや、企画していることなど、また改めて報告をしますね(*^^*)

 

情報を待っていてくださいね♪

 

 

(そういや天王星が牡牛座に入ったんだった。
あんなに書いておきながら、いざ当日になるとこのザマ。笑)

 

 

 

 

勉強会が終わり、みんなで駅に向かう。

 

私はいつもと違う千駄ケ谷駅に行き、イマイさんとお別れしたあとは目的のレストランへ。例の「いつもとちょっと違うことしてみよう計画」です。

 

BRENTWOOD TERRACE(ブレントウッドテラス)は健康や美容にこだわった、野菜料理が豊富なお店です。頼んだ料理は、

 

・有機農園で採れたケールたっぷりサラダ イタリアンドレッシング
・パン粉をふりまいたイワシのペペロンチーノ

 

 

 

 

なんか、オシャレなレストランって料理の名前が長いよね(^-^;

 

 

それにしてもケール!ケールがすごい!森の住人になったみたい!こんなに一度に緑の野菜を食べたことがありません。そしてケールは、けっこう歯ごたえがしっかりしていて、青汁の元らしいけれど苦味はなかったよ。

 

イワシのパスタはとっても美味しい!アンチョビが好きな人はたまらないと思います(*^^*)

 

 

 

とにもかくにも、兎になったかのような遅いランチを経験しました。いつもとちょっと違うどころか、違いすぎてビックリだよ・・・

 

ごちそうさまでした(*^^*)

 

 

 

千駄ヶ谷体育館の空

←東京体育館で見上げた空

16日に火星は水瓶座に入り、8月半ばに山羊座に戻り、9月に再び水瓶座へ。

今期の火星、唯一の逆行がどのような意味をもたらすか。

来月には夏至も迎え、個人は成熟し、人々と価値をシェアしていくときに、蠍座の木星は残りの期間でどれだけ心の領域を広げてくれる機会を与えてくれるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA