天王星牡牛座入りに向けて・・・榎木孝明さんの古武術教室に参加~ワクワクする未来へ!~

榎木孝明 古武術教室

 

 

昨日は俳優の榎木孝明さんによる古武術教室に参加してきました。

榎木さんは劇団四季に入団後、俳優として活躍し、もう芸歴は40年以上になるそう・・・・・・佇まいや声も、そこにいるだけで穏やかで心地よく、とても素敵な方でした。

 

この古武術教室は、榎木さんが6年かけて構想した時代文化みらい機構のプロジェクトのひとつとして行われているものです。古武術というと、ナンバ走りなどわずかなことしか知らない私ですが、昨日は体軸や気を操る榎木さんのデモンストレーション、そしてお話から、力に力で対抗するものではなく、相手の力に逆らわず、受け流し、何も無理のない体の動きを実際に見て体感することができました!

 

 

「私の提唱して来た古武術は、特別に訓練したり修練を積まなくても、意識を変えるだけで誰もが出来る身体体操です。介護や普段の生活にも活用出来るのはもちろん、スポーツへの応用も色々と考えられます。一旦古武術的身体を手に入れますと、筋力、体力、そして年齢を超越して、一生を快適に過ごせることと思います。」
(時代文化みらい機構HPより)

 

 

参加者は一般の方から、ダンスや歌を仕事にしている方、弓道をされている方、20年以上も空手の修行をされている方(!)、日本の武術に惹かれ、何十年も日本で武術に親しんできたという外国の方(日本語、とても綺麗でした)・・・・・・など、私のような素人から、プロフェッショナルな方まで多岐に渡っていて、場は始終なごやかで、本当にいい時間でした。そこで得て持ち帰ったものも大きかったから、参加できてよかったな(*^^*)

 

 

 

 

 

 

そういえば、私は昔少しダンスを習っていたのですが、ヒップホップのような筋力で踊るダンスではなく、そこで教えられたのは「地球に逆らわない」ということでした。ジャンプするときも筋力で地面を蹴るのではなく、地球の重力に従って大地の底まで引かれるように沈み込み、その反動で飛ぶというものです。

榎木さんが仰っていたことも、逆らわない動きだったと思います。

 

実際に江戸時代まで日本人がしていた行動様式は、ナンバ歩きや飛脚走りと呼ばれるものを代表に、日本人の体に無理がないもので、この動きで山歩きなどするとあまり疲れないって言っていました。明治時代になって西洋の文化を取り入れたところから、筋力トレーニングや現代の歩き方・走り方が普通になったのですが、今では古武術の動きが見直され、アメフト選手が相談に来たりもしているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

一同、「オーッ」と感嘆してばかりのデモンストレーションです(*^^*)

参加者同士で古武術の動きや、言霊を利用した身体活用も教えてもらいました。「ありがとう」「愛しています」といった言葉はエネルギーが高いので、寝ている人を起こすときに言うと相手の人をすんなりと起こすことができます。

一方、「このクソ野郎」とか「馬鹿野郎」とかはもちろん、いけません(笑)

 

これらも今では「骨振動としてよいエネルギーが体に伝わる」ということも含め、科学的にも解明されてきていますね。

 

 

 

時代文化みらい機構さんの活動には榎木孝明さんの広大な構想があるようですが、私は日本本来の精神文化を思い出し、それを次世代に継承し、そして世界へ波及することを目的としています、という言葉に興味を持って参加を決めたのです。

 

天王星が牡牛座に入る2018年、そのときには日本の文化や物づくりにフォーカスすることが日本が日本としてやっていくには重要になると思っているのですが、以前にもブログで書いたけれど、日本らしいきめ細やかなサービスで売ったものの成功しなかった会社があるように、表面的な形を整えてもそこに日本人の精神性がなければ、何も生きてこないのではないかと思います。

 

日本は世界で一番古い国であり、他の国で盛んに侵略や破壊、戦いが行われていた頃、縄文時代は1万5000年も戦いも破壊もない世界でも類を見ない文化でした。

 

私たち日本人のDNAには残酷な破壊や侵略、力で押して戦うというものはないのではないでしょうか。力で力に対抗しても、日本が他国と争ったときに対等になれるわけがありません。日本は日本のしなやかな強さを、受けて流すような強さを持てたらいいと思う。だけど政治や外交に私たち個人が直接影響することなんてできないし、そうなると個々人の意識を変えていくしかありません。

 

参考:オリエント博物館「カミとヒトのものがたり」に行ってきました!&10月の木星蠍座入りイベントのご紹介

 

 

 

 

質問時間に「占星術を行っているものです」と説明して、日本人の精神性について答えていただきました。普通だと占星術やっているなんて、まともに相手してもらえないのだけど、お話もスムーズに言わないことまで汲んでわかってくださり、有意義な話を聞くことができました。

 

日本人の精神性なんていうと、真面目過ぎちゃう感じで、榎木さんもあまりこのあたりは詳しく話さないでイベントを進めていましたが、核にあるのはやっぱり日本人の精神性への思いなのだと私は感じます。

 

 

 

時代文化みらい機構では「ワクワクする会」を発足しています。

もちろんPlioceneでも応援していこうと思っています(*^^*)

 

榎木孝明さんの「一般社団法人 時代文化みらい機構」HP

 

 

あなたが人生で本当にやりたい事は何でしょうか?
私はこの会の活動を通じて「今を生きること」そして「ワクワクすること」を提唱したいと思います。

人は社会の単なる一個の歯車ではありません。
何故なら誰しも無意味にこの世に生まれて来たわけではないからです。

あなたにも生まれて来た本当の理由があります。
そして必ずあなたを必要とする社会があります。

ただしそれに気づくのは、自分の為だけではなく人の為、
世の為に自分に何が出来るのかを考えた時です。

この会では中々日常の生活では味わえなワクワクを実践、体感し、
ご自身もワクワクを提供して頂きたいと思います。

あなたもこの会に参加して本当の自分と出会い、そして人の為、
世の為を実行してみませんか?!

(ワクワクする会、榎木孝明さんのメッセージより)

 

 

 

いきなり人の為、世の為になれなくても私はいいと思う。自分のことで精一杯だったり、不安や悲しみに暮れているときもあるからね。自分はそこそこ元気でもニュースを見れば先が心配になってしまうときもある。これだけ情報が溢れ何が正しいのかわからないし、マスコミは嘘の捏造してばかりで弱体化している。

未来はどうなるかなんて、神様だってわからないんだよ。

 

でも、ワクワクできたなら、困難にも立ち向かおうって気持ちになるかもしれないよね。

 

 

私もたまにはワクワクをブログで発信しようと思います。

 

 

簡単に編集してYoutubeにUPしてみました。
編集が綺麗じゃないけれど、よかったら見てみてね(*^^*)

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA