16日、水瓶座新月&部分日食~自らの真実を語り、「万物は内面でつながっている」という真理のもとに世界にショックを与えよ~

スーツを着たホモ・サピエンス

 

 

水曜日は毎月のお楽しみ、『職業占星術(Vocation)』の勉強会に参加してきました(*^^*)

 

今回も楽しく学びを深めたり、考えたり、愚痴を聞いたり(笑)できて嬉しかったな。しかもバレンタインだったから、いつも一緒に学んでいるIさんから茨城の地ビールをいただいて、私もnico先生とIさんにチョコレートケーキをプレゼントして。

 

 

バレンタインのケーキと茨城の地ビール
Iさん、ビールどうもありがとうございます!金曜日までは断酒するので(たぶん)、土曜日にいただくのを楽しみにしています♪

先月は伊豆土産のお茶コーラをもらってくれてありがとう~。お茶コーラの感想、笑えました。さすが水瓶座の発想は面白いです。

そしていつも刺激的で和やかで楽しい時間を与えてくれるnico先生、本当にありがとうございます。来月はテーマを決めて職業占星術のスキルを高めたいです(*^^*)

 

 

 

人と出会うのって本当におもしろい。

 

特別に有名人じゃなくても、才気走った個性がなくっても、「えっ?そんなことが気になるんだ?!」「へ~、そんな感じ方をするんだなぁ」って。勉強会でも「普通の人の中に変な人がたくさんいる」って話していたけれど、一歩外に出て人に会いにいけばそんな驚きとワクワクが待ってる。

 

だから、人に会うことは疲れるしストレスになることもあるけれどやめられないのです。そんなふうに自分とは違うものの出会いを楽しめるのが風エレメントの力。そうして世界を広げていく。世界を広げるのは風にしかできないのですね。

 

ということで、昨日得た新しい知識、見直したものなどを元に、16日の水瓶座新月について書いていきます。皆さんにとって何か気づきや刺激になれば幸いです。

 

 

 

 

2月16日 6時5分 水瓶座新月 部分日食

16日の水瓶座の新月は日本では見ることはできませんが部分日食です。日食・月食についての記事はコチラを参考にしてください。

「光が見えなくなる」というのは占星術的には危機とも言え、その影響はより深く、長く起こるとされます。日食で起こる可能性があることは、

 

★日食は通常の新月や満月よりも強いインパクトがあり、精神に深い変容をもたらす可能性がある。その影響も半年、場合によってはそれ以上の期間持続するときもある。

★日食は新月と同様に意識をリセットするが、突然のエネルギーダウン、方向性やアイデンティティの喪失などの危機を伴う可能性がある。

 

 

新月で起こる日食により精神的な混乱を招く可能性もあるのですが、意識のリセットや深い精神の変容を遂げるチャンスでもあります。この新月のエネルギーをあなたならどのように受け、自身を深い変容へと導きたいでしょうか?

 

 

 

Great One

水瓶座は古代エジプトまではGreat Oneと言われていました。偉大なもの、すごい人という意味です。

 

ハトホル神殿の星座図を見ても老賢者が描かれています。水瓶座の副支配星は土星。水瓶座の高度に成熟した知性を表すかのように、叡智を有する成熟した男性の姿がイメージされていたのでしょう。

 

水瓶座が今のように美少年ガニュメデスになったのはギリシアの時代に移ってからです。勝手にイケメン化した!(笑)ギリシア人は美しいものが好きですからね。

 

今回の新月図はAsc水瓶座、第1ハウスに水瓶座の水星・太陽・月が合で新月です。そして同じ第1ハウスに魚座の金星と海王星があります。積極的に水瓶座の太陽の活動をしてください。

 

風エレメントである水瓶座は、多くの人に通じる知性・論理を理解し、体系化することを目指します。そして自分の価値を元に(不動サインなので)世界に向かって刺激を与えていく、揺さぶりをかけるのが風エレメントの欲求なのです。

 

今まで自分が育ててきたオリジナルの知識や知性、深い理解や普遍的な真理、そういったもので人々を揺さぶります。水瓶座ほどエゴの虚飾をからかうのに適したサインはないそうです。風の象徴であるユーモアをまじえ、自らが生きてきた中で得た真実を人々に向けて顕にし、ショックを与え、覚醒させます。目覚めさせ、輝かせるのが水瓶座の支配星である天王星の目的なのです。

 

今回の新月は第2ハウスに牡羊座の天王星があり、水星・太陽・月はそこから60度の刺激を受けています。トランジットの天王星は一番最先端の時代意識を汲み取る集合無意識ですから、今のこの時代の胎動を感じて、何か言葉にして発信してみてください。

 

A.Iの普及と技術的臨界点による近未来における職業問題や、通信・翻訳の発展から外国語教育や英会話の仕事などはどうなっていくだろう?海外旅行やビジネスも変化していくでしょう。また、会社に雇用されずパソコン一台で稼いで暮らしていこうという人の増加、水瓶座らしく仮想通貨のことなど、そういった時代の意識を受けて感じたことはありますか?

 

そこから、人のためや社会のために何ができるかを考えたり、問題提起して揺さぶりをかけてもよいでしょう。

 

水瓶座はエゴを持ちにくく、風らしく外からのフィードバックがないと自己の存在を感じることができません。だからこそ「常に自分を中心に置く」「自分の感じ方を一番大切にする」という意識を忘れずに、そうして周囲の反応を恐れず自分の意見を打ち出してください。

 

 

 

水瓶座の温故知新

トランジットは常に古いものを壊して新しいものを生み出していきます。だから、この水瓶座の新月も私たちが想像している水瓶座らしさではない、新しい水瓶座の側面が現れる可能性があるのです。

 

なので正確に未来を知ることは不可能だとしても、未来というものが「忘れられた過去の復活」であり「忘れられた過去の再発見」であるならば、歴史に学ぶということは今を生きる私たちにとって優れた教訓になり、また、よりよく生きていくために礎にしていくものが歴史です。

 

水瓶座は温故知新の星座だといいます。温故知新とは「前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見出し自分のものとすること」「古いものをたずね求めて新しい事柄を知ること」です(新明解四字熟語辞典より)

 

古きを学ぶことで人類が作り上げてきた普遍的な価値を知り、変わらない人間の本質を理解し、この時代の風向き感じたことで、じゃあ今のこの時代どうしたらいいだろう?何が必要だろう?そういったアイディアを得ることができたなら、理想の段階でもいいので世界に向けて発信してみてください。

 

 

 

違いを楽しみ、コミュニケーションをする水星の力が人類を進化させた

現代の、とくに日本は感情がまず優先する水っぽい社会です。なのでインターネットを介しても価値観や趣味、同じ仕事をしている人と繋がることが多く、理解できなかったり、同じでないなら賛同もしないというのがほとんどです。学校生活も「友達がいない=ダサい」みたいな雰囲気ができあがっていて、そこからいじめなどの温床になることも多いのです。

 

そんな社会で本気で風をやるのは難しいのかもしれません。

 

そして効率主義や成果主義が蔓延るようになった現代では、工学や自然科学などに比べ生産性が低くクリエイティブではないということで人文社会科学が軽視される傾向にあるのですが、人文社会科学を含め人文系の教養は、批判精神を学び、発想の転換を促す力を鍛え、コミュニケーション能力を高めるものです。これらは水星の力であり、風のエレメントをやるなら水星の力がまず大切です。今回は第一ハウスで太陽・月とも合ですから、自分の水星力を振り返ってみましょう。

 

その場を繕ったり、肝心なことを隠したり、キラキラした言葉で飾ってばかりでは、水星の力をつけるどころか「言葉の悪用」になってしまいますから、気をつけてください。意識的に言葉を使う訓練でもあるのがこの新月の期間だと私は思います。

 

 

人類はおよそ700万年前に誕生したとされていますが、私たちとよく似たヒトがいくつか存在したなかで、現代まで生き残ったのはホモ・サピエンスただ一種類です。類人猿にはチンパンジーやオランウータン、ゴリラ、ボノボなど複数の種類が生き残っているのに、人類の場合は類縁の種は絶滅し、ホモ・サピエンスのみが生き残ったのです。

 

そしてこのホモ・サピエンスが生き残り、進化と発展を遂げていった理由のひとつとして言葉という「象徴機能」を身につけたことがあげられています。

 

人類が言語を獲得したのは5万年前とも7万5000年前ともいわれますが、言葉とは現実にはないものを記号に置き換えて表現することで、このような働きをするものを象徴機能と言います。

 

もちろん、占星術も天体や星座という象徴の持つさまざまな意味を読み解いていく学問です。

 

社会に向かって何かを発信していくときに、言葉を使っても、あるいは写真や絵、香りなどでもよいですが、それらアーティスティックな活動は物事を象徴化・抽象化する能力が必要で、アートというのは人類が言語を獲得したからこそ生まれたものです。

 

目の前にないものを想像によって作り出すことができる・・・・・・これが言葉のマジックで、これこそが言葉の本質であり、このような言語能力を身に付けたからこそ人類は飛躍的な発展を遂げ、様々な文明を生んできました。

 

ヒーリングやスピリチュアルな活動では直感や右脳を重要視する傾向があります。左脳を使うのはよろしくないという見方もたまに見かけます。

 

ですが、せっかくの高度に成熟した知性を持つ水瓶座の新月、言葉を見直して、それで自分の中にある価値を世界に向けて表現してみてはどうでしょうか?大多数の人に向けて発信をしなくても、周囲の人とのコミュニケーションに意識的な言葉を使ってみてください。

 

これほど素晴らしい能力を人類が発展させてきたということに、神秘を感じます。目に見えないものを創造できるのは、なんて楽しいことでしょうか。

 

 

 

魚座の金星と海王星で夢を語ろう

バレンタインが近かったせいもあってか、魚座に金星と海王星もあることからキラキラとしてロマンチックな恋愛の話で盛り上がっていたかもしれません。

 

もちろん、恋愛は楽しんでください(*^^*)

 

ただ、海王星自体のエネルギーはうっとりもしないし甘くもない、ボンヤリとか曖昧といった力ではありません。むしろめちゃくちゃ鋭いものです。インスピレーションや明晰な洞察はそもそもとても鋭いものです。

 

そして海王星を含めトランスサタニアンが個人の恋愛を応援することはありません。金星と海王星は太陽の周りを非常に美しい真円を描いて周ります。

 

つまり、太陽に忠実に使ってほしい天体なのです。自分の人生における目的、ビジネスに関して、天命や使命といったことに使ってほしいのが金星と海王星で、それが魚座にありますから、「世の中がこうなったらいいな」と夢を描くのもよいですし、自分のビジネスにおけるビジョンを開いたり、人の弱さや痛みを深く理解し、手を差し伸べること・・・・・・そういった展望を抱いてみるとよいと思います。

 

 

水瓶座の温故知新から人類の歴史の話をしましたが、それに合わせて魚座の海王星・金星を話してみると、たとえば母親が出産するときはとても多幸感があるのに、出産後は孤独や不安に襲われる、というメンタルの事情があります。

 

実はこれも人類が700万年前に獲得したシステムの影響だということが考察されているのです。

 

先ほどお話しをした人類の繁栄の原因のひとつに言語能力の獲得がありましたが、もうひとつあげられるのが二足歩行です。

 

そのため骨盤が小さくなり、赤ちゃんは脳が未熟なままで生まれてくるようになり、とくに飛躍的な筋肉もないので外敵から襲われることも多く、人類はより多くの赤ちゃんを産むために毎年でも出産できる体になりました。

 

そして、共同で育児をするということを生み出し、多くの赤ちゃんを育てることが可能になったのです。大切な自分の子どもを他の人に預けるわけですが、このことからコミュニケーションや信頼関係が発達したとも言われています。

 

こういった経緯から、お母さんは出産後、助け合う仲間を求めるために不安や孤独を感じるようなシステムが発動します。周りの人と絆を結ぶために体に備わっている機能だったのですね。

 

ところが現代は核家族化や周囲の人と深く関わらない社会になっていることもあり、このギャップからお母さんは苦しくなって育児がつらく感じてしまいます。母性も、もともと女性にあるものというわけではなく、赤ちゃんに触れ育児を経験する中でどんどん育まれていくものだそうです。

 

 

ここ最近ではお母さん同士がつながる場ができ、最新の子育てのスキルが学べるイベントも開催されてきているようです。

 

これからはそういったコミュニティーが増えて、経済的に余裕がない家庭も参加して助け合えたりできたらいいなと思います。子どもや若い人、未婚の人や男性も子どもに触れ合う場ができるといいかもしれません。赤ちゃんに触れることで母性や母性に似た新しく生まれてきた命を慈しむ気持ちが育って、幼い子どもたちへの悲しい暴力が減ったらいいな。

 

アロマテラピーをやっている方はもう妊婦さんや小さな子どもにも有効に使えるような活動をしていらっしゃると思いますが、占星術は赤ちゃんの気質などを知ることができますし、直接子育てと関係ないジャンルの仕事の人たちとも有機的なネットワークができたらおもしろいと思います。

 

 

 

海王星の力が強まっていますし、第9ハウスに蠍座の木星もあって、今まで経験したことない感情が生じたり、人との関わりで嫌だと感じる感情も体験するでしょう。そういった体験を心の器を広げて自分の内面における新大陸の発見へとつなげられる可能性もある新月。そこから水瓶座らしく人間の本質を理解したり、普遍の真理を知るかもしれません。

 

真理のひとつとして、「万物は内面でつながっている」ということがありますが、これは古くから仏教徒の知ることであり、いまでは物理学者もそれを認めています。人生ではさまざまなことが起こりますが、なに一つ単独で起こることはありません。

 

皆が皆、ブログで何かを語ったり表現活動をする必要はなく、今日、意識的に行った発言や行動が実は関係ないと思われる多くのものに影響を与えているということです。だから自分なんてちっぽけだしとか、自分のやることや言うことに誰も興味を示さないと思わず、自分が思う新月に見合った行動を意識して行ってみましょう。

 

理不尽だと思われる体験も、状況も、宇宙全体からみたらそれがどんな役割を果たしているかなど人間には知ることのできないことです。さぁそこからどのような宇宙の真理を知ることができるでしょう?それは折に触れて話していきたいと思います。

 

私たちは宇宙の一部というよりも、宇宙そのものです。万物は互いにつながりあっているのですから、自分のどんな小さな意識の変化、言葉や行動の変化もすべて影響し合っています。そんな宇宙の躍動する緊密な相互のネットワークを、楽しんでいきましょう!

 

 

読んでくれてどうもありがとう。

 

Much Love

ITSUKA

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー・カウンセラー。占星術アロマセラピストティーチャー。心理占星術、仏教、神秘思想をもとにセッションや講座を開催。心の問題を丁寧に扱い、生きづらさを抱える人にも可能性が開けるような生き方を提案。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、より本質で生きるあり方を日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2018-02-15 | Posted in 占星術, 新月・満月No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA