温故知新の水瓶座、火星のシェア&蠍座木星、ハートでシンクロする占星術と冥王星の逆行とかミッドタウン日比谷とかいろいろ

EDIT(h)の柚木の香りの練り香水

 

 

以前、『宇宙との交感』(G・コーネリアス/P・デヴェルー 著 鏡リュウジ/阿部秀典 訳)という本を読んでいたのですが、人間は古来よりどれだけ切実に星を見つめ、地上に生きる私たちの暮らしに結びつけてきたかが、遺跡や神話、天文学に占星術と幅広いエピソードとともに紹介されていて、大変面白かったのを覚えています。

 

瞑想を行うようになって、人間の純粋意識の可能性などに興味を持つようになってから、『サトルボディヒーリング』(リーラ/プラサード/アルヴィナ 著)を読んでオーラやチャクラについて学んでいたのですが、第4身体・直観―空の章に興味深いことが書かれていました。

 

第4身体とは、第4チャクラ、いわゆるハートチャクラのことを意味します。このハートチャクラは主に恋愛で語られる愛とはまた違った別の次元の愛と結びつく扉で、その愛は一個人に向けられたものというよりも普遍的な「無条件の愛」と呼ばれる愛のことをいいます。

 

このハートの空の次元では、なんのジャッジもなく、努力も心配も恐れもなく、深い受容の感覚が開き、あらゆる抑圧を変容させることができます。三人の著者は、この次元のフィーリングを「生きとし生けるものと、そして宇宙(コスモス)そのものとの交感(コミュニオン)」と説明しています。

 

世界各地に残る遺跡は、多くが星を観測するための施設であったり、宗教的な儀式を執り行う場所でもありました。またメソポタミア文明より古く考古学の定説を覆したとされるトルコのギョベックリ・テペ遺跡には星を読み、宇宙や神の声を聞いていたらしい痕跡が残っているそうです。

 

そうなると、古代の人々はハートを通した宇宙との交感、あまり詳しくありませんが、そういった論理を超えたコミュニケーションが活発に行われていたのかもしれません。

 

前述のチャクラの本にはさらにこのような記述があります。

 

 

「人が調和と一体感の感覚を経験しはじめるのは、第4身体のレベルにおいてです(略)このことはまだ科学的には証明はされていませんが、それでもその洞察が真実であることは体験できます。すなわちあらゆるエネルギーの物質的形態は、空という内なる核を通してつながっているということです。このことは植物や動物、人間、そして風や海や山、惑星や星々のような、生命のないものと思われているものさえもエネルギーの形態であり、空という核を通してつながっているということなのです」

 

 

このような物質を超えたメタフィジカルな話になじみがない方にはわかりにくかもしれませんが、要するにシンクロ二シティのことを説明しています。

 

心理占星術を学んですぐに意識しだしたことは、天体を石やガスの塊みたいに扱わない、生きているものとして扱う、ということでした。こういう気づき、私の中で瞑想と占星術が無理なく合わさったとき、Pliocene Coastという活動として一緒に行っていこうと思ったのです。

 

 

 

サトルボディヒーリング

ちなみにこの本です(本をクリックしてね)

オーラやチャクラに関する説明だけではなく、すぐにできるハート瞑想や呼吸法なども紹介されていて、読みやすくてわかりやすいです。

本当に、誰でもハートに繋がることができるワークが紹介されています。興味のある方はどうぞ(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

さて、前振りが長くなりましたが、東京ミッドタウン日比谷に行ってきました!

 

3月29日にオープンしたばかりの話題の複合施設です。ここで思わず水瓶座火星と蠍座木星を体感してきましたよー。

 

充実した飲食フロア、カルチャー、洋書もあり、かなり洗練された雑貨もあって、予想以上に楽しかったです(*^▽^*)

 

 

 

 

もう3階はひとつの街みたい!

 

洗練された世界とノスタルジックな演出が、混沌としているというわけではなく、違和感のない心地よい空間となって繰り広げられています。逆にインドとかアングラとかみたいなカオス感が好きな人にはお綺麗すぎてつまらないかしら?私はどちらも好きです♡

 

今、火星は水瓶座にあるのだけど、火星は風のサインにおいて本来の力を発揮できません。むしろ水瓶火星では互いの価値をシェアし合うこと、グループの平等や理念をサポートするために行動することを経験します。

 

現在、獅子座に天体がないので太陽に力を持っていないと自分の個性を打ち出せず、サービス過剰で疲れてしまうときでもあるのですが、牡羊座生まれのミッドタウン日比谷は、それぞれが個性を出し合い、この施設そのものを社会で価値あるものにしています。

 

これだけの複合施設なので、構想は何年も前に起こっていたと思うので水瓶火星の影響でできたのではないですが、ここを訪れると「こういうシェアの仕方もあるんだな」って気づくことができるのです。

 

水瓶座は温故知新の星座。古いものの価値を知っているから、新しくリノベーションすることができます。昨年4月にオープンした銀座SIXが日本の伝統文化を推している一方で、ミッドタウン日比谷はもう少しノスタルジックな大衆的文化も推しています。日比谷理容とか、居酒屋とか、夕陽が差し込んでいたら「オールウェイズ三丁目の夕日」の世界です(笑)

 

まるで、牡牛座生まれの銀座SIXは伝統という重み、ミッドタウン日比谷はなんか面白うそうだからこんな感じもいいんじゃない?みたいな、楽しそう!っていう勢いも感じます。アイディア勝負みたいな(本当は綿密な打ち合わせが相当されているはずだけど)

 

今は双子座に太陽があるし、双子の月と蟹座の水星でミューチュアルレセプションを形成しているし、この辺は大衆的な感じですよね。この時期、少し気分転換に遊びに行って、かつ世界を広げたいならオススメです、ミッドタウン日比谷(^-^)v

 

 

TOPの写真はEDIT(h)というブランドのソリッド・パヒューム(練り香水)です。実は、ちゃんと伝統に新しい風を入れて表現されたものもあって、それもミッドタウン日比谷のおもしろさです。

 

 

 

 

桐箱、ガラスと金属の容器、何より香りのデザイン、すべてが気に入ったのでショップの人にお話をうかがったのですが、このブランドはネット展開などはまだしていなく、TEMPOというお店でだけ購入できるそうです。

 

ユニークなのは、このブランド、もとは1905年に創業され、朱肉やスタンプ台をつくっていたそう!この箱や容器のデザインも、100年以上続く伝統的な製造方法が活かされいるんだって。東京の調香師、デザイナー、製造技術者などが共に協力して生み出されているというわけです。

 

天王星牡牛座と蠍座木星の参考になるなぁと、香りに感動をしながら思っていました。

 

11月8日には木星は射手座に入りますが、皆さん蠍座木星の感性はどれぐらい育ちましたか?今木星は逆行しているので、陰の木星、つまり魚座木星の要素を満たしていくのがテーマでもあります。心の領域を広げていくということですね。

 

そして、やっぱり蠍は力のあるものに触れていって、人のリソースを受け取るのが成長のポイントです。牡牛座の要素が強すぎてシャットアウトしちゃうと・・・・・・つまり先祖代々続いたうちの伝統を他のものと混ぜたくない!というようなことを言っていると、人の良いところを受け取れないのです。

 

自分の親しい人ではなく、力のある人、自分を引き上げてもらえるような人と出会う・・・・・・そういう体験はありましたか?また、自分が人生経験を積んでいる方の場合は、人を育てて成長を促すというようなこともよいですね。

 

自分に刺激を与えてくれる人たちとの出会いの中で、心のダークサイドを動かすような出会いの中で、自分の価値を人にシェアしたり交流していく。風も水も、きちんと循環していることが大切です。

 

このあたりも20日のイベントで振り返りたいと思います(^-^)

 

 

 

冥王星の逆行について

ちょうど心理占星術仲間で今度のイベントを一緒に開催するrikoさんと「山羊座で冥王星が逆行してるけど、これってどうなの?」みたいな話をしていたのですが、冥王星は1930年に蟹座の21度で発見されていますから、ちょうど去年、山羊座21度になって冥王星はハーフリターンを迎えたわけです。

 

発見されてまだ一周していないのですから、人類にとって大いに未知!なところのある天体です。

 

冥王星の地球との近さ、土星とのかねあいなど話すと長くなってしまうので、このへんは省きますが、ハーフリターンというのは満月状態ということなので、意識の中で冥王星があがってきた、自分にとって癒しきれない心の傷というものに意識が向いていった、そのような象徴も時代意識として捉えられるのではないでしょうか。

 

冥王星は4月23日に逆行し、10月1日に順行に戻ります。この5ヶ月と少しの間に山羊座冥王星を振り返ることで、どのような意識の変容が起こるでしょう?冥王星はトランジットが数年続くし、逆行を繰り返し数回ネイタルの天体にアタックすることで、トランジット冥王星のアスペクトがある人は、その天体に関することがめちゃくちゃ説得力があがるはずです。

 

冥王星が逆行したことで、社会的に力があると思っていたものや人が、近づいたらカリスマもわりと普通の人でした、みたいな現象が起こって、それほど力がないのでは?と気づきが促されるかもしれませんし、土星が山羊座に入ったことと、冥王星はけっきょくは月のためにやることから、社会で通用する価値ある人間にならなくては!って、思ってたけど、そんな生き方でいいのか?と自分の思いに忠実になろうとするかもしれません。

 

山羊座に冥王星があることで、自分の能力や価値を社会で活用できずに認められないことが、人々の不安をあおり、自分も力のある人間になろう、マジョリティー側の人間になろうとするかもしれません。しかし、等身大の私を超えた欲望には冥王星は必ずしっぺ返しをしてくるので、この逆行は自分の欲望を見返せ、というふうにも取れそうです。

 

また、心の中のものが引き出されるのがトランジットなので、土星が山羊座に入ったことで社会に通用する自己価値への欲求が強まり、それが叶えられないことが抑圧をさらに強め、先日の新幹線での殺害事件を起こした犯人のように「自分は価値のない人間」という癒しきれない心の傷が、暴力となって現れてしまう・・・・・・

 

子供の頃から「私は自分の価値とか自信とか信頼なんてあって当たり前だったから、そんなこと感じたことも考えたこともないわ」という人がどれぐらいいるでしょうか?

 

本来なら、トランスサタニアンは人助けです。失った力を起死回生で復活させ、今まで自分を守りに入らせていたものを手放して、自分の価値を人々のために使い変容していく。

 

深刻にならないで、もっと喜びと笑いを。分かち合ってもいいし、もし少しでも興味があったらハート瞑想をしてごらん。あなたの中に、眠っている宝物がたくさんある。それが芽吹き出すよ。

 

 

ではでは、長くなったのでこのへんで。

 

rikoさん、また山羊冥王星逆行話をしましょー!(*^▽^*)

 

またね♡

 

 

★四季図&夏至図、火星と金星、木星などについて研究会&シェア会します♪
ヘルシーでビューティーなお菓子とお茶付きです(^-^)

 

【イベント情報】夏至の夜に、甘い誘惑〜豊かさにつながり、夏を彩りましょう〜

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA