8日、水瓶座の満月&月食~必要な個性化と社会化、そして「人のことを考えるな。さもなければ、あなたは決して成長しない」~

金子國義作品 喰うことよりも喰われていく方に目を向ければ、そっちの方がエロチックじゃない?

 

 

 

8月8日、3時10分に水瓶座の満月。

獅子座の太陽に照らされた今月の満月は、部分月食です。

 

部分月食は地球の影が月の1/4までかかるけれど、その影の境界はぼやけていて、それは地球に大気があるからです。そのグラデーションが微妙な色彩を生んで、月食をより美しくしているそう・・・・・・時間的にも見るのは難しいかもしれないけれど、あとで写真や動画で見れるかな?

天気も下り坂なので、頑張ってい起きていたら空の向こうに思いを馳せてみてくださいね。

 

 

 

 

 

今では呑気(?)なものですが、昔は月食や日食は大変不吉なものとして大騒ぎでした。

ディーン・ルディア以降は「精神に深い変容をもたらす」とされ、私もそのつもりで読んでいます。

こちら↓で月の位相図と月食・日食について少し書いているので、よかったら見てみてくださいね。
「8月は月食&日食、そして天王星の逆行~深い変容をもたらし、ブレークスルーのチャンス~」

 

 

 

そうなのです、月食は意識のアンバランスを象徴するので、感情面で深い混乱をもららす可能性があるのだけど、その経験は同時にブレークスルーのチャンス!でもあるのです。

 

 

思えば牡羊座の季節、とくに火星が牡羊にいた1月末から3月頭までの間に、「これやってみたい!」「こうなりたい!」というワクワクするような私を意識して、意図や目的を持つようにしてみました。

期待が高まるような未来をイメージしたり、周囲に伝えたり、活動をスタートしたり・・・・・・バカバカしいと思えることでもどんどんチャレンジして、そのおかげで周囲の何かも変わっていったり、常識にとらわれないでとにかくやってみよう!そんな時期でした。

 

そして獅子座の季節に入り、同じ火のエネルギーを持つ牡羊座のときに宣言したことを、改めて意識して、これが私だ!と、これがやっていきたいのだ!と心底そう思えるような自分にたっぷりのエネルギーを注いで、それを世界に向けて表現し、アピールし、揺るぎない私を創っていく・・・・・・今はそういう時期です。

 

 

それが、水瓶座の満月によって、個人の個性を楽しんで表現していたところに、「私はこう!」「これをやりたい!」と言っていたところに、客観的な広い視点がもたらされます。

 

水瓶座は全体性の星座です。意識は人類全体に及んだり、人によっては国際問題や地球環境全体の問題、宇宙問題などへと視野はつねに広く大きな方へと向かいます。

 

 

自分の個性、私はこうありたい!これやりたい!・・・・・・と意図してきたけれど、それってこれからの社会で必要なものなの?自分のやろうとしていることはこの社会でニーズはあるの?自分の個性・・・考え、技術、対人関係のスキルなどは、世の中で通用するの?

 

みんなとうまくやっていかなきゃいけないし、人のためになりたい、社会に居場所を作りたい、でも、こんな自分は必要とされているの?もしかしたら受け入れられないかも・・・・・・

 

そんなふうに思えば、のびのびと個性を発揮するのも難しいし、仕事を展開していきたい人ならば、迷いが生じても当然ですよね。

 

そこへ3日から逆行しだした牡羊座の天王星が、「私らしさ」を見直そうとでも言うかのようです。

 

この時期、明確にブレない私を持っている人はよいのですが、迷いや恐れが生じても不思議はないと思います。だけどそれもブレークスルーのチャンスなので、この月食のエネルギーを受けて自分の星を育てていってほしいです!

 

獅子座という個性を獲得する星座、そして必要な個性化をうながす天王星が強調され(あくまで水瓶座の満月は獅子座の太陽に照らされたものなので)、さらに13日からは私たちにとって個性を現すもうひとつの大切な星である水星も逆行します。

 

これやってみたい!と言ったって、射手座で逆行した土星の影響で、「思うとおりにいかないよー!゚(゚´Д`゚)゚」・・・・・・そんなふうに理想が崩れる経験だってするしね。

 

だけど天王星は、土星がちゃんとできていないとただの反逆児になっちゃうから、これから自分を、自分のビジネスを社会とともに根付かせていきたいのなら、土星の社会化や、社会に通じるシステムを構築することなどを、意識してやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

さて、そもそも個性個性っていうけれど、私の個性って?

自分らしいってなんだろう?

 

自分の個性って、自分の強みって、わかりますか?

 

 

心理占星術家のnico先生のところで行われている個性化プロジェクトがおもしろそうだったので、私も少しですが参加させていただくことになりました。先生が多くの方にお会いしてところ、自分の個性や強みがわかっていない方が多くて、ゆえに自分をアピールすることが苦手だったり、アピールしても相手にまったく伝わらなかったりするそうです。

 

うーん・・・・・・

でも、私も「自分の売りはこれです!」

 

なんて言うのは、ちょっと言いづらいですね。やっぱり受動的な日本で生まれ育ったし、欧米人のようにはいきませんね(^-^;

 

 

 

それでも、ガンガンアピールできるようになる必要はありませんが、自分の中に「私はこうだ」というブレない自分をもっていたいものです。

いくつになっても迷ったり揺らいだり、そんなのは全然かまわない。だけど還るべき私。今まで私を生かしてくれたものを知っていたい。

 

 

 

 

「人間は機械だ」と喝破したゲオルギー・グルジェフは弟子たちにいつもこう言っていました。

 

 

人のことを考えるな。さもなければ、あなたは決して成長しない。

 

 

そして、それこそ世界中で起こっていること、誰もが他の人たちのことを考えている。「お母さんはどう思うだろう?お父さんはどう思うだろう?社会はどう思うだろう?妻は、夫は・・・・・・?」

 

もしこうしたすべての人たちのことを考えていたら、あなたは決して私個人にはなれない。自分の中に自分はなく、自分はただの寄せ集めになって、今後の人生でたくさんの妥協をして生きていくことになる。私の中にあったはずの野生の直感力が、決定的に死んでしまうのだ。

 

 

 

 

もちろん、そんなに純然と自分だけのことを考えて生きるなんて難しい。また他人を思ってしまって自分を殺してしまったとしても、そこで生まれる人の滑稽さや悲しさ、愛らしさは、私は個人的にとても好きです。

 

だけど、とくに周囲に振り回されてしまいがちな人は、この時期はあえて自分じゃないものは強く感じるようにして、違和感を大切にして、そうして違うものや違和感があるものを自分からできるだけなくしていってみてください。

 

そうして、これが私だというものをもった上で、人や世界と協調し調和していく、つまりこれからの風の時代を迎えた方がよいのではないかと、私は思います。

自分のやりたい!が人のためになったり、社会や自然のためになったりしたら、よいですね(*^^*)

 

 

満月・月食のお話は時間があったらまた書きたいと思います。

 

TOPの絵は獅子座に太陽と金星を持つ金子國義の作品です。

 

 

今日も読みに来てくれて本当にありがとうございます。

とっても嬉しいです!

 

 

よい日曜日をお送りください。

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-08-06 | Posted in 占星術, 新月・満月No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA