唇って、実はね・・・・・・~冬至の季節のおすすめスキンケアと、太陽⇒土星⇒木星という血液のサーキット~

リップスクラブカサカサ唇にはリップスクラブ

 

 

東京に帰ってきてから、本当にあっという間に時間が過ぎて行きます。

 

瞑想をしているときの、自分の中心とつながり、その瞬間にただ存在しているという時間のない次元から、日々の行為や目標に向けて具体的な行動をしている自分へ。そこにギャップはなく、どちらも同時に体験しているものなのだけど、気持ちの中にはもっと記事を書いたり企画を起こしたりしたいという思いがあります。

 

そのひとつがスキンケアとメイクです。

 

私は大学で発生生物を研究していたのですが、卒業してからは舞台活動と撮影業をしてきました。生物や科学と同じぐらい映像や写真、ファッションやメイクも好きだったのです。でも、映像好きなせいかコンサバや今流行りのファッション・メイクを追うよりも、より自分の世界観を演出するようなものが好きでした。

 

ここでちょっとした小話なのですが、フランス女優とアメリカ女優の違いって、わかりますか?

 

外見や人種としてのマインドの話ではなく・・・・・・「美しさの秘訣は?」と聞いたときに、「とくに何もしてないわ。たくさん水を飲んで、よく眠るくらいかしら」と答えるのはフランス女優。聞けば通っているエステサロンから美容法まで教えてくれるのはアメリカ女優。

 

なんて違いです(笑)

 

まぁ、がむしゃらに力んで結果出してます、なんてお洒落なフランス人からしたら格好悪いのかもしれませんね。日本でもヌケ感メイク、なんてありますよね。

 

 

 

このストレスフルな現代社会でキレイごとだけで美しくなんてなれない!美は努力・・・・・・それは、そうなのかもしれないけれど。

 

だけど、力んでスキンケアをするよりも自分を緩んで許して解放して、本当に身体に優しくできて心を癒せて、明日への活力になるような、周囲にも微笑んでいられるような、自分がいちばん素直に楽しくできるような、そんなケアをしたいなと思います。

 

自分でコスメを作るのも好きだけど、市販のものだって手作りでは作れない素敵なものがあるし、忙しい人とか面倒くさがりさんには、毎回作るというのも難しいし(私みたいに!)、よいものを上手に利用しながら季節の移り変わりに沿ったスキンケアとメイクをしていけたらいいな(*^^*)

 

 

 

でも、私は現在は自然派コスメだけおすすめするということはしていません。ナチュラルなものを中心に使いつつ、自然派コスメだけをオススメすることがないのは・・・・・・今の自分に強烈に力を与え輝かせるものがあるのなら何であれ、それを使えばよいと思うからです。

 

安心安全なものと健康維持は、自分がやりたいことをしていくためにも大切ですが、どんなに酒ヤケていようと、それで喉がかすれてハスキーになろうと、自分を鮮烈に生きる人の苛烈な輝きには心を強く打たれるものがあるからです。ジャニス・ジョプリンのようにね。

 

 

ジャニス・ジョプリン

 

 

 

ジャニスの話を書いていて気づいたのですが、私がスキンケアやメイクで感じたいもののひとつは、それがナチュラルなコスメであれ何であれ、躍動する命そのもののパワーのようなもの。それを外に向かって表現するときの生命力の横溢や、喜悦のようなものなんだなって、感じました。

 

 

そうそう、昨日お話していた男性がとてもハードな会社で働いていて、以前は仕事のストレスを晴らすためにテキーラ飲んだあとにバーボンとウィスキーを飲み、ドクターストップがかかって25kgダイエットして、でも過労で泡吹いて倒れた・・・・・・!

 

ギャーッ

 

 

これは苛烈に生きてるのではなくストレスの間違った発散なので、本当に、男性にも自分自身の身体を大切にしてほしいです(>_<)

 

 

 

 

 

唇って、実はね・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

冬至期のおすすめスキンケア

冬至の時期は12星座でいえば山羊座・水瓶座・魚座の時期、月相でいえば21~28の下弦の時期です。ここでは自分ではないものは手放して、より成熟していきます。心と身体にとってデトックスの時期なのです。

 

そして今はトランジット土星も力を持っていますが、冬至点からはじまる山羊座の支配星・土星には乾かす・冷やす・硬直させる、といった性質があって、適度に乾いた皮膚やガッチリした骨、指先を守る爪、頭を保護する髪などが土星的な性質を受けるところです。

 

生体を保護するために土星の乾かす・冷やす・固めるという働きは大切ですが、過剰に働くなど間違った方向に作用すると生体を衰えさせてしまいます。乾燥しやすい人は冬至の期間、保湿などのケアを心がけてくださいね。

 

 

唇も乾燥して荒れやすくなる季節ですが、唇って、実は皮膚ではなく内臓なんです。唇が赤い色をしているのも、粘膜なので血管が透けて見えているからなのです。

 

とてもデリケートな部分なので、刺激の強いものをつけると色素沈着を起こしてしまいます。TOPの写真はリップスクラブ。たまにでいいので、シュガーと植物オイルたっぷりのスクラブでやさしく唇をマッサージしてあげましょう。

 

リップクリームを塗っても潤わない、口紅を塗ってもすぐに落ちてしまう・・・・・・そんなときはシュガースクラブで古い角質をオフしてあげてください。唇がプルンとして復活しますよ。

 

ヒマシ油、オリーブオイル、ホホバオイル、カカオバターなど保湿作用があって、なるべく天然のものでできたスクラブを選びましょう。手作りコスメの知識がある方は自分で作ってみても楽しそうですね(*^^*)

 

 

太陽⇒土星⇒木星というサーキット

血色のよい肌、赤みを帯びた唇になるには血液に酸素が十分含まれていることが大切で、それには血液中の細胞が若くないくてはならないと言われています。

 

この血液の濾過を行うのが脾臓という器官で、左の肋骨の下に位置しています。伝統的に脾臓は土星に関係する器官です。

 

血中の酸素は、全細胞数の3分の1を占めるといわれる赤血球によって運ばれ、体内の細胞に酸素を共有します。心臓(太陽)から送り出された血液は1分間に約300ミリリットルも脾臓(土星)に入り、古い赤血球を分解し、後に血液は肝臓(木星)に送られ残った廃棄物が取り除かれるのです。

 

柔軟性を失った老いた赤血球は毛細血管を通り抜けることができなくなるので、こうした古い赤血球を分解し、血液を浄化するのが脾臓なのです。

 

星と身体の話もおもしろいですよね(*^^*)

 

 

ところで写真の女性はマリリン・モンローですが、彼女は通っていた精神科に行くのにいつも遅刻をしていました。なぜかと言うと、彼女はメイクを完全にしなければ先生に会いにいけなかったので、ルージュだけでも5色を使い分け塗っていたのです。

 

魅力的な唇と眠たげなスリーピー・アイ。トランジスタ・グラマーな身体と舌っ足らずな喋り方で、多くの人を魅了しましたが、彼女の心はひとり迷っている幼子のようなものでした。その不安定なアンバランスさが、また魅力を生んでいたのだと思います。

 

彼女は本当に精神的に不安定だったのですが、当時ハリウッドでは精神科に通うのが流行っていて、けっこういろいろな人が普通に通っていた、そんな時代です。

 

 

引き続き星とメイク&スキンケアについて書いていきたいと思います(*^^*)

 

 

そうそう、お問い合わせがあったので2月半ばぐらいから占星術アロマテラピー®養成講座をスタートします!

 

詳細はまた追ってお伝えしますね。楽しい楽しい星とヒーリングの学びを体験しながら深めていきましょう。

 

 

マリリンモンローが口紅を塗っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA