魂の変容と甘美な解放をもたらす、新しいはじまりの時~11月18日蠍座新月~

魂の変容と甘美な解放、蠍座新月

 

 

すべては何を渇望するかにかかっている

11月18日、20時42分に蠍座の新月。

Ascは活動サインの蟹座で、IC上には火星もあり積極的に場づくりをしていく。どのような場づくりをしていくかというと、自分の情動を深いレベルで揺さぶられるような、新たな場所、人との出会いを求めて積極的に動き出す・・・・・・そんな予兆を感じる新月。

その過程で、こだわり続けたものを断ち切るような動きや、等身大の自分を超えた欲望に対してはしっぺ返しが来るかもしれない。

 

この新月は第5ハウスで起こり、創造的な活動、自己表現、遊び、投機、ギャンブル、子ども、そして契約上の義務を含まない恋愛にも関係し、恋愛に関しては木星と金星も蠍座にあることから、深い感情的なつながりを結ぶほどに多幸感を得られるでしょう。

第5ハウスは本質的に自分が特別でかけがえのない存在だと感じることを求めるときに向かう場所。この機会に、自分がかけがえのない存在だと感じられる場所、それを気づかせてくれる人やワーク、そういったものに参加することは大切です。

 

木星の豊かな表現力や外向性、金星のコミュニケーションは、12星座のなかで最も内省的で内側へと向かっていく星座である蠍座にあって決して快適に力を発揮できるわけではありませんが、感情体験によって変容が促され、関係性を通じて真の霊的なつながりへと発展していくことができます。

 

 

魂の変容と、甘美な解放

蠍座が求めること、それは物事の核心へと至ること。魂を顕にすること。そしてその顕にした魂を他者と共有することをさらに求めている。

蠍座にある天体は深み増し、強烈に強い感情を求め、隠されて見えない物事の真相を探求する。

 

深い無意識のレベルにおいて、恐れや痛みも顕にし、ヒーリングや変容のプロセスを可能にする。

蠍座が支配する火星はIC(イムム・コエリ)の近くにあり、ここはホロスコープの中で最も私的で隠された場所。自分にとって最も保護された場所であり、同時に宇宙との最も重要なつながりを経験する場所でもある・・・・・・

 

 

魂を変容させる出会いを求め、新たなはじまりの時が来ました。

明け渡しと癒し、自己表現とヴィジョン、叡智と愛、解放、洞察、分かち合う温かい心の融合の冒険のはじまりです。

 

沈黙の内に留まり、静けさを楽しみ、あなたがあなた自身の内的マスターとなるような変容をとげるチャンスです。

 

あなたの魂を変容し、甘美な解放をもたらす・・・・・・そう、古代ギリシアではプシュケーは魂と心と蝶を意味する言葉だった。どうしても魂は羽を、翼を持ってしまうのか・・・・・・地に堕ちて人間になってしまった私たちからは翼は剥がれ失せ、そしてたくさんの分離と矛盾と乖離を生んだという。

 

この蠍座新月で深みに降りるほどに、やがて射手座の季節になれば見えざる翼で、さかしまに働いた重力で、はるかな天上へと魂は翔け昇っていくのかもしれない・・・・・・

 

 

 

蠍座の香りはパチュリとシナモン。

占星術アロマテラピーは魂の変容と覚醒を促すホリスティックなヒーリング・メソッド。

個人セッションなどご相談内容に合わせてお受けしています。

養成講座は来年1月から開催です。個人的に短期での講座も行っています。スケジュールが調整しにくい方は対応できますのでお問い合わせください。

 

 

蠍座と冥王星の精油

 

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA