沈黙の箱庭遊戯~眠り姫の香油/天秤座の魔法~

眠り姫の香油

 

 

私はここで、幾何学的なイメージや石や動物や
各種オブジェや、あるいはシンメトリーや
螺旋やユートピアや庭園や小宇宙などといった、
気に入りのテーマを飽きもせずに語っている。

(澁澤龍彦『胡桃の中の世界』文庫版あとがきより)

世田谷文学館で開催されている「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」を見に行ってきました。

展示には、300点を超える草稿・原稿・創作メモが並び、名前入りのオリジナルの原稿用紙に鉛筆書き、そして万年筆で修正がされた実物を見ることができます。当時はパソコンなどはなかったことを別にしても非常なメモ好きだった様子がうかがえました。

また、愛蔵の蔵書や偏愛した作家、アーティストの作品、美術品やオブジェたちも見ることができて豪華な展示でした。できればもう一度行きたいな。

ミクロコスモスとマクロコスモスを伸縮自在に往還するドラコニア・・・・・・龍の国という意味の澁澤龍彦の造語で、自分の書斎を指して言った・・・・・・プリニウスの『博物誌』を愛し、独自のスタイルで宇宙観を展開し、星好き、オカルト好きな人は楽しめるのではないかと思います。

澁澤龍彦

澁澤龍彦 ドラコニアの地平公式HP

フランス文学者であり、翻訳、評論、エッセー、小説にわたる多くの作品を執筆した澁澤龍彥。没後30年を迎える本展では、独自の文学表現活動を「澁澤スタイル」として、その創作と足跡をあらたな視点から総覧します。
澁澤はサドをはじめとする異色の文学を出発点としました。転機となったエッセー集『夢の宇宙誌』、代表作『高丘親王航海記』など300点を超える草稿・原稿・創作メモ類の自筆資料、愛蔵の美術品やオブジェ、和洋の蔵書などから、表現活動の背景と博物誌的世界の魅力に迫ります。伸縮自在な澁澤龍彥の創作世界、ドラコニアの領域にようこそ。

 

 

 

伸縮自在で無限に発展する円環のような澁澤龍彦の世界ですが、形としては一冊の本の世界であり、写真やオブジェといった、静的な箱庭世界であり、そこで演じられるフェティッシュ、陰翳礼讃の世界です。ですがそれらは決して閉ざされた世界ではなく、閉ざされているようで世界は無限の観念へと自在につながっています。私はそういうものがとても好きなので、うまくは言えないのですが今回展示を見ていても、高揚しつつ慕わしい感じでした。

「慕わしい」とは、私はノスタルジアの本来の意味するところだと思っています。

もしかしたら、ノスタルジアこそ、あらゆる芸術の源泉なのである。
(『記憶の遠近法』収録、「目の散歩」より)

芸術とまではいかなくても・・・・・・

私が写真を愛するのは、あの小さい四角の中に自分の夢の世界を創ることができるからでもあります。またそういった作家が創った夢の世界で束の間遊ぶのもとても好きです。

先日は眠り姫の香りを紹介しましたが、こちらは眠り姫の香油。

天秤座というのは活動的なので、眠り姫とは少し違うようにも思われますが、受容的なところや元型イメージとして「芸術家」というのがあるので、そういうところと眠り姫が眠る秩序と静寂の森を想定したのでした(実際に童話で彼女が眠っていたのは茨の森ですが)

眠り姫の香油

レシピ

天秤座精油・・・1滴
金星精油・・・1滴

バイオレットリーフ、マグノリア
トンカビーン、フランジュパニ、ダヴァナの精油
(各種お好みでブレンド)

バイオレットリーフやフランジュパニ、ダヴァナは手に入りにくい精油かもしれませんが、今回は完全に私個人のトリートメントに使うので好きにブレンドを作りました。このような香りを部屋でひとりで少しでも自分の描いた美しい世界に近づけるために黙々と調香する作業をしているわけですが、その魔術的時間がなんとも幸福なわけです。

そう、占星術アロマテラピーを習うというのは、同時に現代の魔女志願でもある・・・・・・などと勝手に言っている私ですが、このあたりの話はまた回を改めてしたいと思います。

毎晩お風呂上がりにスキンケアをし、最後に少しだけ香油でトリートメントをする。フランジュパニやバイオレットリーフが入っているせいか、可愛らしく、泉に咲く花の涼しげな沈黙も感じる。

こうして、ひとり深夜に作業することの・・・・・・あぁそうか、これが超越への努力を諦めて、ボードレールが言うところの「かしこには、ただ秩序と美しさ、栄耀と静寂(しじま)、そして快楽(けらく)」。

おそらく私の沈黙の箱庭遊戯も、そういったものだと思います。

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

2017-10-08 | Posted in 占星術アロマテラピーNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA