土星の幸福論~あらゆる幻想を切り離したら、君が其処に生きているという真実だけで・・・~

 

土星と山羊座の精油、タロットの隠者

 

 

時は偉大な作家だよ
常に完璧な結末を書きあげる
(『ライムライト』チャールズ・チャップリン)

 

 

お行儀いいのはイヤなんだ

昨夜遅くにコンビニに水を買いに行ったら、本棚にアランの『幸福論』の新装版(かな?)がありました。

 

「幸福になる第一のルールは、自分の不幸について決して人に話さないことだ」
「相手に自分の喜びを渡すと、相手からも喜びをプレゼントしてもらえる。だから。幸福な人はますます幸福になり、なにごともうまくいく」

 

このようなことがツラツラと書かれているのですが、ようするに幸福になりたいけどなかなか満たされなくて、どうしたら手軽に幸福になれるかとか、あるいは外に求め続けるのに疲れたので自分の身近に幸福はあったと気づきたいのか、買う人の心理までは詳しくわからないのですが、いつの時代も常に一定の需要があるようです。

だけど、たまに連載している「快楽主義のススメ」で澁澤龍彦の著作を参考にして言ってることですが、幸福とは、まことに月的なもの、つまり非常に個人的な世界の話で主観的すぎて、あいまいで、どちらかというと安心安全を求める水っぽい世界です。

超個人的な世界ゆえに、例えば二宮金次郎なんかは貧困のなかで苦しい思いをし、薪を担ぎながら勉強をした偉い人とされているのですが、案外本人はその状況で幸せだったんじゃないかという話もあって、その人の幸福が何かは外の者にはわからないものなのですね。

 

そのまことにとりとめのない、ふわふわした主観性、ときに消極的な考えともなる「幸福」について書かれた『幸福論』に対し、澁澤龍彦は「そういう本の筆者は、たいてい、大学を定年退職したおじいさんの哲学者のような人ばかりです。しかし、わたしはいつも疑問に思うのですが、新時代のエネルギーにみちあふれた若者が、そんなカビくさい「幸福論」なんぞに満足していられるのだろうか。そんな本を読んで、ますますお行儀のよい、ますます飼い馴らされた社会人になっていくのは、じつに嘆かわしいことではないだろうか

 

なかなか、“おどし”をかけてきますよね(*^^*)

 

 

山羊座土星でこそ射手座土星の完成を

時間というのは幻だとも言えます。

幻だとしても私たちは現在を中心とした時間軸のなかで生きていて、過去や未来を意識して今に在ったりする。

 

もうすっかり山羊座土星のムードで、土星が12月20日に山羊座に入るまでは「射手座土星もあと少しだから、大切にすごそうね」なんて言っていたのだけど、本当は射手土星での見積もりの甘さを山羊土星で補って、山羊土星でこそ射手土星を完成させなきゃいけない、なんて話をこの間の勉強会でしていました。

 

人っていうのは、ネガティブなことを考えがちなのに、脳はネガティブなことを受け入れられないそうです。だからかな?山羊座土星が来るときに、なんか大変そう!ってちょっと身構える。そしてただ大変になるのは嫌なので、それをチャンスと考えようとする。大変だけど夢を形にするチャンスなのだと考えるのです。

 

でも、夢や期待やチャンスに乗るって、射手座土星の要素なんですよね。火のエレメントはイメージとビジョンだけでできる世界。しかも射手座はこの世のあらゆる愛着である蠍座の世界から、しがらみを断ち切って飛び出していくわけだから夢でも持たなければやっていけない。それに射手座土星を完全にできる人なんてやっぱりいなくて、蠍座にしがらんだまま中途半端に射手座で期待したり可能性にかけたり。

 

火のエレメントの見積もりの甘さ・・・・・・でも、見積もり甘くなるよね?

私は乙女座だから地のエレメントなのですが、地のサインって本当に自分の持ち物で等身大でやっていくしかないから、「自分はここまでしかできない」って限定された私を知ることにもなるし・・・・・・楽しくないんですよね。内向きでシャイだからあけすけに自分を大きく見せてアピールしていくのも苦手だし・・・・・・

だから未熟な地の人が火にとどまっているように、常に新しい刺激を得ようとしていたり何かにチャンレンジしていたり火をやってる方が楽しいのです。いつまでも着地せず結果を出そうとしない・・・・・・だけど本当は自分の限界を知ってコツコツと誠実にやっていくのが地のサイン。その生き様の誠実さを、すがすがしいまでに実行することができるはずなんです。

 

 

そうは言いつつ、わかるのです。

だって自分がうまくいってないときこそ可能性に賭けたくなるじゃないですか。これやったら何とかなる、この資格とったら新しく道が開ける、あんな素敵な人と付き合えたら幸せになれる、開運したから道も開ける、いつかきっと良くなっていく、徹夜もうツライ・・・・・・でも、まだ大丈夫、まだ若いし、まだできる、、

 

射手座土星の2年半に、こういう経験したでしょうか?

 

実際には刻々と肉体は時を刻み、徹夜もうキツイし、最近次の日に残るんだよねって思わず呟いて・・・ないけど・・・いつまでも見目麗しく(笑)いられないしね。なに言ってるんだか。

 

本当は、夢から覚めて、もうなんとかなろうと何かを頼るのをやめて、山羊座土星を受け入れて、射手座での失敗を補っていくしかない。そんなの「やっぱりつまらなさそうじゃん!」かな?

 

大丈夫です。山羊土星ができてきたら安定するし、一番、個人も組織も社会も充実していく時期だから・・・・・・

 

 

自分にとって最適な場所

とにかく「うまく生きられない」という気持ちは私もたくさん味わってきたわけですが、自分を出せば受け入れられないし、自分を押さえれば窒息してしまうと思い込んでいたのですね。だから居場所がないと感じたら、今住んでいる場所で嫌なことばかり起こったら、どこか別の場所に行きいってよく思ってきたし、仕事中に求人情報を見たり不動産屋を巡ったりもしていた。

それでも、不満に思う人も多いだろうけれど、今自分に与えられている場所が自分にとって正しい場所。すべきことがあるから今私はここにいて、何かをして、みんなと関わっている。ここでのタスクを終えたとき自ずと次の道が開けるのかもしれなけれど、とくに予兆がなければ、今いる場所が正しい場所。

 

「愛はかげろうのように」という、これはちょっとかんべんしてほしいなという邦題(笑)がついている「I’ve Never Been to Me」の中でシャーリーンはこう歌います。

 

ねぇ、パラダイスってどんなものだと思う?
それは偽り
こうありたい、こんな場所に行きたいと
私たちが作り上げる幻想よ

でも、あなたは真実が何か知っているでしょ?
それは今あなたが抱いている赤ちゃん
今朝、夫婦ゲンカした彼
・・・きっと、その彼と今夜も愛し合うんでしょう

それが真実 それが愛なのよ

 

表では笑顔でキラキラと輝いているかもしれない。

でも家に帰れば山積みの家事や介護の苦労、ふと見れば荒れた手のひらと、疲れた顔、ちょっとしたことですれ違って傷つけあってしまうパートナーと・・・・・・それが真実、それが愛なのよ。

 

 

 

誠実な輝きが頬を照らす

先週、立て続けに苦しくなることがあったのですが、そんなときに目を覚ますような言葉に出会いました。

 

幻想を限りなく切り捨てていったとき、自分の中の誠実な輝きが光りだす

 

この言葉を聞いた日、夜まで何度も頭の中で繰り返していました。そうして、私の周りにきびしい現実のなかで自分の人生を投げ出さず、人をあきらめず、今いる自分の場所で自分の持ち物で誠実に生きている人たちのことを思い出しました。私は、すぐに小賢しく生きようとする自分を恥ずかしく思いました。

 

この現実で、幻想をすべてとっぱらって余計なものを削ぎ落としたときに輝き出す誠実な光・・・・・・隠者が持つ小さな星。その光のもとで木星も希望を与え、可能性を見出してくれる。

 

アランが『幸福論』を書く一方で、アンドレ・ジイドは「幸福になる必要なんかありはしないと、自分を説き伏せることに成功したあの日から、幸福がぼくのなかに棲みはじめた」と『新しき糧』の中で言いました。

そういえば椎名林檎さんも『幸福論』歌ってましたね。

♪君が其処に生きているという真実だけで幸福なのです・・・・・・

 

 

たとえ太陽の光が太陽系を超えてどんなに遠くまで届いても、それはいつか手が届くかもしれない光で、木星がどんなに大きくても、それは現実にはならないかもしれない光です。

太陽や木星にくらべたらずっと小さい光かもしれないけれど、土星の光は本物。これがあれば私の道を照らしてくれるというもの。うなだれているあなたのそばまで寄ってきて、あなたの頬を照らしてくれるもの。

 

この3年間で隠者の星が見つかるといいよね(*^^*)

 

 

 

なんか、さっき知人とREBECCAのONE MORE KISS聴いてて、久しぶだったけど、やっぱり好きでした。「裸足のつま先は麻酔のため息」とかキュンときます。今死んだら死因はキュン死だね、なんて笑ってた。クリスマスの会話かな?(笑)

 

あっ

最近は山羊座&土星の香りとDOTERRAのアースリズムを交互にオイルトリートメントに使ってるよ!アースリズムはウッディなんだけどブルータンジーが入っているから、可憐で可愛らしいのですね、いいなぁ。

そして違う日の夜には、あたかも賢く、ゆるぎなく、慈悲深い老賢者のような山羊座と土星の香りの神聖な力で元気を回復・・・・・・でも柑橘系の元気ハツラツ!という感じではなくて、やっぱり古代の深淵な力が心と魂に注ぎ込まれるみたいで。

 

山羊座の香りはサイプレスとシダーウッド。

土星の香りはサイプレスとサンダルウッドマイソールとシダーウッド。

 

この間サインダルウッドの精油を燻らせて瞑想をしたのですが、すっごくよかったです。

香りのブレンドの比率を前に聞かれたけど、それは無理、絶対無理、言えません。というか知らないのです。

具体的な香りの質問は私にでもいいけど、本家のカウリさんで色々、なにを色々か・・・聞いてみてください!

カウリ・ホリスティック・ヒーリングHP

 

 

 

明日は銀座か新宿に連れて行ってもらいます。

あぁ消費する僕らと、消費される僕らと。

連れてって 街に棲む音!

 

そしてさらにお知らせ。

年が明けて1月に占星術アロマテラピーの養成講座を開きます。

隔週水曜日コース(24日~)と隔週土曜日コース(27日~)です。

しっかり学んで結果を出したい猛者(?)向けです。

詳細はコチラからどうぞ。

2018年1月スタート占星術アロマセラピスト養成講座

 

どうぞよろしくお願いします。

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA