個性というのは、本当にそんなに大切なものでしょうか?~突如インドに行きたいバイアコンバスター~

鬼の形相で聞け

 

 

小雨が降り、また気温が下がりはじめましたね。

雲に覆われた一日でしたが、こんな日はけっこう好きで、喫茶店でゆっくり本を読んだり、のんびりどうでもよいことを喋るのを楽しんだり、何か細かいことをしたくなります。

朝、使う予定もないのにスパイスを混ぜておきたくなったりしたのは、こんな天気のせい・・・・・・でもあるのですが、他にも理由はありそうです。

14日のお昼にホロスコープを作って見ていたら、
月が天秤座の11度くらいにあります。

天秤座15度から蠍座の15度までをバイアコンバスタといいます。

一期一会的に人と心地がよい距離をとりながら広く関わっていく天秤座から、自分というものを手放して他者を理解し、深く関わっていく蠍座への移行のゾーンであるため、葛藤が生じやすいとされます。

「月がバイアコンバスタのときは皆おもしろいくらい揺れているから!」

私が師事している心理占星術家のnico先生がそう言っていたのを機に、気にするようになったのですが、確かに私自身もこの時期は気持ちが揺れやすくなるようです。

と言っても、もともと私は心が揺れやすいタイプなのですが・・・・・・皆さんはどうでしょうか?

 

2017年3月14日のトランジット

 

西半球の強調、活動サインは蟹座だけ天体がありません。

人との付き合いや社会活動にとても意識が向きやすく、木星と金星も逆行していて、周囲の人が自分より優れて輝いて見えて、自分の魅力や価値に自信が持てなくなる・・・・・・

もしかしたら、そのような状況かもしれません。

そんなときは、スルっとそこから離れて、テレビや電話といったたくさんの誘惑からも離れて、自分の心が穏やかで満たされることをしてみてくださいね。

方法は自分にあったものでかまわないので、今この瞬間、ハートが暖かくなるようなことに取り組んでみてください。

 

こちらは月の精油です。

2種類あり、レモン、ライム、ローマンカモミール、クラリセージ、マンダリンがブレンドされています。
芳香浴、バスソルト、オイルトリートメントなどアレンジして使うことができます。

月の光のような、どこか金属を思わせるシンとしてヒンヤリした香りはレモンとライム。
まるで冷たい水銀の腕で抱かれているような、不思議な安堵感です。

もうひとつは、女性性やインナーチャイルドの癒しにとてもよいブレンドとなっております。

 

占星術アロマテラピー 月の精油

 

 

ところで私はここのところ、「遠くに旅に出たい、インドに行きたい!」

そんなことを思っては航空会社のHPを覗いたり、インド旅行記を見たりしていました。

便利な世界で育った日本人がインドへ行ったら、実際どれくらい大変かは旅行記を読んでいてもよくわかるので、
そう実行には移さないのですが、気持ちとして浮かんでくるのです。

インドは、タクシー運転手が客を乗せるためなら「地下鉄は今日は休みだよ」と平気で嘘をつき、街を歩くだけで「ハロー、マイ フレンド!」と声がかかり、ぼったくろうとし・・・・・・お金を持っていそうな人からいかに巻き上げるかに関して、なんの罪悪感もなく当たり前に行われています。

道には気が狂った人も、病気の人も、たまには死体まで転がったままにされていて、本当に誰も気持ちいいぐらい気にしないで放ったらかしだそうです。

少しでも変なところがあってはいけないと気にしたり、ちょっと異質な人を見つけてはたたいたり、逆に平凡になるのが嫌で露悪的なまでに自分を演出してしまったり・・・・・・

何かにつけて人の目を気にしてばかりの日本とはずいぶん違います。

パワーが違います・・・・・・

 

ここで、社会活動に振り回されすぎないようにね、と書いていますが、
本当は誰より私自身が振り回されやすいのです。

だから、すごく月をケアすることに気持ちがフォーカスしますし、こうやって周囲にビクビクしがちな日本を離れてインドに行きたい!なんて言い出すのです。

・・・・・・困ったものです(^-^;

 

あと、個性、個性、と言われることに、
少し疲れてしまったのかもしれません・・・・・・

占星術を学んでいて、牡牛座の金星や双子座の水星は個性と教わりました。

「皆がいいって言うから」とか「流行っているから」というのは牡牛座・金星と双子座・水星にとってはナンセンスなことなのです。

周囲の評価や価値に振り回されないで、自分の感じ方を大切にし、確固としたものにしていくということに関しては、それができる人はそうしたらいいし、本質的にできないという人は、なんとかうまくやっていく方法を探せばいいと思っています。

それとは違って、もっと簡単に言われる「個性」ですね。

個性を出して、個性を尊重して、毒にも薬にもならないものより個性的なものを、というように個性的なものが好きな人は特にそういった個性を求めるのではないかと思います。

とてもわかりやすく皆と違う部分ですね。

それも、楽しいことかもしれません。生きていく上でやる気や活気が出るのかもしれません。

だけど私は・・・・・・

何もしなくたって、ただ当たり前にしていたって、

私たちはそれぞれ驚くぐらいまったく違った存在です。

だから、特別「個性」というものを打ち出そうとしなくてもよいのでは・・・・・

そんなふうに思います。

人と同じでは嫌

人とは違った私になりたい

誰よりももっと愛されたい

もっと認められたい

誰よりも知的な人になりたい

 

こういうところで、私たちの悩みは大きくなっていくのですよね・・・・・・

私たちそれぞれの、かけがえのない本質を見失ってしまうのです。

 

そういう個性を求めだすと、「アナタ」「わたし」という分離を生んでしまって、
誰かを理解して深く関わるということも難しくなってしまいます。

 

ひとつのパンが、小麦や卵、小麦を育てた雨や空気、土やその他さまざまなものと、
それを運びパンにしてお食事にして私たちのもとに運んでくれる人たちの仕事、

そういったパンではないものでパンはできているように、

「わたし」も、「わたし以外のもの」でできています。

そう思うと、「わたし」というものはどこにも存在せず、
かえって何かと比べることもなくなるし、

よほど気持ちが軽やかだったりしますね。

 

「個性」という言葉を使うときは、もう少し考えて使いたいなと思います。

 

 

おもむろに『宇宙との交感』を引っ張り出してきて、
インドの遺跡ヴィジャヤナガルを見てたりします。

「だれが・・・・・・ヴィジャヤナガルが往事は魔都で、神々や神話によって認知・守護されていたことを疑えよう」

 

あ~~・・・・・・

インドに行って見てみたいな。。

 

 

インドのヴィジャヤナガル

 

 

よろしかったら併せてお読みください。

土星を呪ってしまわないために・・・
「土星の祝福を受けるには?」

↓土星とセットで考えたい「月」のお話はこちらからどうぞ
「時には母のない子のように/居場所があるということ」

↓海王星に怯えないでやっていこう!
「海王星のトランジットやプログレスは恐ろしい?」

 

現在、心理占星術と占星術アロマテラピーをもとにした
個人セッションを行っております。

ご興味がおありの方は、お気軽にご連絡をください。

個人セッションのご説明

お問合せはコチラからどうぞ。

【参考】

占星術アロマテラピー入門講座
占星術アロマテラピーの世界
占星術アロマテラピー養成講座
カウリ・ホリスティック・ヒーリングのコミュニティー

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA