月の占星魔術

クリスチャン・アストロロジー

ウィリアム・リリー著『クリスチャン・アストロロジー3巻』
3巻から発売されたのには理由があります

 

26日、日付が変わる直前に新月です。
月のサイクルがまた新しくはじまりますね。

先日、『ひと手間かけない魚座新月&ボイド』の、グータラさん向けおススメ過ごし方を紹介したのですが、

「私、アナタみたいにものぐさじゃないの!」

という、ちゃんとやっておきたい方・・・・・・土星タイプ?・・・・・・のために、
今日は3手間かけた月に寄り添う過ごし方をご紹介します。

ところで土星というのは「隠れたもの」という意味もあって、つまりオカルトです。
土星が強い人は星読みの才能あり?!・・・・・・かもしれませんね(*^^*)

 

今回ご紹介するのは天体精油を用いた月の占星魔術・・・・・・私が勝手になのですが、名前をつけてみたものです。

参考にしたのはウィリアム・リリーの古典の名著『クリスチャン・アストトロジー』。

 

古典占星術には今のモダンと呼ばれる占星術とは違ったたくさんの要素があって、
例えば生まれた瞬間ではなく、受胎した日でホロスコープを作る方法も記されています。

 

クリスチャン・アストトロジー

 

「母の子宮内での子供の滞在表」なんてあって、ビックリ!

これで月の位置を特定します。古典はとても月を重要視しますね、月は肉体だから魂の乗り物です。

 

そして、現代でもホロスコープの天体の配置から火・土・風・水のどの要素が強いのかを計算する気質診断というのがあって、リリーの言葉によると「人体には、さまざまな良い体液と力が無限にあって、これは多種多様な星々の配置と、星々が混ざり合うことによって引き起こされる」とあります。

昔の占星家はそう考えたのですね!

 

そしてここでおもしろい魔術遊びをひとつ♪

月はCOLD&WETの天体ですが、さらに月の満ち欠けによって気質を細かく分けているのです。

 

月と占星魔術

 

新月~上弦の月 HOT&MOIST
上弦の月~満月 HOT&DRY
満月から下弦の月 COLD&DRY
下弦の月~新月 COLD&MOIST

満ち欠けによってこんなふうに分けていたのですね。

「深く考える」というのは英語でconsiderと言いますが、con(ともに)+sider(星と)、ようするに昔の人にとって深く考えることは星をじーっと見ることだったのです。すごいですね。こういう言葉を生み出した感覚から占星術は生まれているんだよ、と鏡リュウジさんがおっしゃっていました。

 

星をじっと見つめる気持ちで、この気質分けした月の満ち欠けに合わせて精油をブレンドするのが月の占星魔術です。

月を癒そうと思ったときに、私は牡牛座の月だから牡牛座精油+月、というふうに行うのがオーソドックスですが、ここではさらに満ち欠けによって生じた気質の天体精油を加えます。

ここまで細かく気にかけてブレンドすると、ちょっと魔術っぽいと思いませんか?(*^^*)

 ではさっそく新月からご紹介です♪

月の占星j魔術

月+HOT&MOISTの木星
新月というはじまりのワクワクした気持ちを、大らかな木星がさらに盛り上げてくれます。新月ゆえの迷いやすさも緩まりそうです。月精油には2種類、作用の異なる香りがあります。今回は月Bと木星。暖かな柔らかさに包まれている感じです。内側から力がみなぎってきそう!

 

 

 

  

月と占星魔術

月+HOT&DRYの火星
満月に向かってどんどん勢いがついていく!月Aと火星はフットワークが軽くて元気いっぱいな香り。踊り出したくなる!HOT&DRYは太陽でもOKです。今ほしい香りのパワーを使いましょう。

 

 

 

  

 

月の占星魔術
月+COLD&DRYの土星
満月をすぎ、「しまい時」に。満月までを振り返ります。今度は自分が得たもので周囲に何ができるか、社会に何を還元できるかを考える大人の月。勢いは落ちても、周囲とともに歩む、お互いに思いやることで、一人のときには得られなかったものが得られます。月Aと土星は個人的に大好きな香り。夜の薄いベールをまとったような品のある香りです。

 

 

 

 

月の占星魔術
月+COLD&MOISTの金星
月はますます細っていき、新月を迎える準備をします。このとき、次のステップへ移るために何かを手放したり、終止符を打つものも・・・・・・。いらないものを手放すには、地球の双子星で自分自身の価値でもある金星精油がサポート。深く静かに内観するとき。月Bと金星の香りは沈みがちにないそうなときでも、そっと抱き留めてくれるような香りです。

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

けっこう月の満ち欠けに天体のイメージが合っていますよね。

木星、火星、土星と社会天体が続いて、最後に個人天体の金星で終わるというのがキモ・・・・・・とか、ひとりで納得していました。

 

ここで少し注意事項です。

月の満ち欠けに合わせた精油選択は、きちんと裏付けのある選択法がちゃんとあります。

例えば新月のときは解毒や排泄の時期なのでサイプレスやフェンネルなどの精油を選ぶやり方があり、これはルナ・アロマセラピーのワークショップなどで学べます。興味のある方は検索してチャレンジしてみてくださいね。

そして、こういった応用は占星術アロマテラピーやルナ・アロマセラピーを学べばすぐにできるようになりますが、まずは基本を知ってみてくださいね。基本はとても大事です(*^^*)

また、本格的な占星魔術はその人のホロスコープから最も品位のよい天体を選び、その天体が昇ってくる時間や角度を計算し、お守りを作るというようなもので、研究されている方もいます。精油を用いた占星魔術は気分くらいのものかもしれませんが、せっかくなので魔女気分でやりましょう!気分って、大切です。

 

それでは、読んでくださりどうもありがとうございました。

魚座の新月を皆さんが元気で、穏やかに迎えてくだされば、と思います。

 

ズラリ天体&星座の精油はこちら↓

カウリ・ホリスティック・ヒーリングの

 

 

 

 

占星術とアロマテラピーを合わせたヒーリング・メソッド占星術アロマテラピー、心理占星術、各種セッションを行っています。

あなたの月を知るためのレッスンやイベントも企画しております
レッスンのご紹介はこちらです

プリオシン・コーストは教室の開講を4月に予定しています。
教室オープンについてのご説明

レッスンや個人セッションにご興味のある方はお気軽にお問合せください。

【参考】
よろしかったら、覗いてみてください。

占星術アロマテラピー入門講座
占星術アロマテラピーの世界
占星術アロマテラピー養成講座
カウリ・ホリスティック・ヒーリングのコミュニティー

 

アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA