集合意識のコントロールから逃れて楽しい未来を生きるために~潜在意識を超えていかなくては自由になれない~

 

ピンクのガーベラ

 

 

昨日は晴れて、風は少し強いものの髪を遊んでいくその様子がなんとも気持ちのよい日でした。

 

実は今、弁護士にお願いしている問題があって、必要な書類を揃えたりしています。相手方は急に音信不通になったり、メールのみで契約解除を伝えてきたりするので少し驚きますが、8ハウスに月と冥王星がある私としては、こういった相手の火星を受け止めることも成長に必要なことなのだと思っています。

 

自分が傷つけられた!と思うと、つい相手を攻撃したり裁いたりしてしまいそうになります。私はずっとそういう自分がいたので、うまく人と付き合えなかった時期が長いのですが、今は相手をやり込めたいとか、そういう気持ちはありません。

 

自分の見方が誤っていないかな?という問いかけもしなはら、落ち着いて向き合っていこうと思います。

 

 

 

今この瞬間のいのちに触れる

前回、核による各国の交流について記事を書きましたが(「ヘマで世界は3回滅んでいる!」参照)、なぜ争いや暴力がなくならないのかというと、それは私たのハートの奥深く、たくさんの層で埋もれたところに「怖れ」という鋭い刃物があるからです。

 

禅僧ティク・ナット・ハンは著書『怖れ』の中で「憎しみ、怒り、怖れなどの燃え盛る炎は、慈悲だけが鎮めることができます」と書いています。

 

慈悲はスーパーマーケットに売っているわけではないので、ハートの中にある慈悲の種を、瞑想や、自分にとって最もハートが開く実践で生み出していかなくてはいけません。

 

春になり、花が咲き誇っています。美しい花は私たちを楽しませてくれますね。

 

このときに、花だけではなく大地と空にも思いを寄せるのが瞑想であり、慈悲につながる実践です。マインドフルネスによる洞察があれば、空を含んだすべてが、その花を創ったのだとわかります。

 

実感としてすべてがつながっているということがわかり、一輪の花は、私たちの人生をより生き生きと豊かにしてくれる菩薩なのだと感じるそのとき……本当の感謝が生まれます。

 

 

インタービーイング 相互存在インタービーイング……相互存在
すべてが関わり合っている

 

 

 

今年は地球規模での変化があります

2019年は経済や各国の争いだけではなく、地球規模での変化という意味でもタフな年になるだろう……そんな予測を1月にしました。

 

様々な要素が気候の変動に影響を与え、気候の変動は南極の氷を300倍の速さで溶かしています。氷が溶ければ海の塩分濃度を下げます。すると、海流に影響が出て、スピードが遅くなったり、モスクワのような寒いところに暖かい海流が流れ込んだりします。

 

そういったことから、2019年は干ばつ、大雨といったように両極端の現象が起こることが予測されているのです。

 

地球は重力の関係で若干、楕円形をしていました。ところが氷が溶け海水が増えることで、地球の核に向かってプレッシャーを与えていたものが海の方に散り、地球のそのものの形が変わってきています。真円に近くなってきているのです。

 

するとプレートが動かざるを得ないので、マントルが薄い部分は火山活動が活発化すると考えられます。太陽系全体の温度も上がってきていて、その影響も地球に及ぼされ変動が起こります。火山活動は活発化し、大きな地震もあるとのことです。

 

日本は地震がよく起こる国なので、皆さん、準備だけはしておいてくださいね。

 

 

 

目覚めを促す天変地異

変化というのは常に破壊的なものです。天王星や冥王星が一瞬にして破壊をもたらし変化を促すように、一個人の力ではどうにもできないように思います。

 

しかしながら、変化というのは大きな視点で見れば、常にポジティブです。

 

現代の地球人一人一人の意識は、「こうでないといけない、こうならなければいけない、どうせ無理だろう、どうせこのぐらいだろう」というものが代表的です。

 

それが72億人すべてとはいかないまでも、何十億人という人間の集合意識になってできている、これが人類の意識です。つまり、地球社会の意識は、人類の意識そのものだといえますね。

 

ですから、今の世の中には幸せになる方法やツール、望む目標を達成するためのコーチングなどがいっぱいあるのですが、どんなに頑張っても、「こうでないといけない、こうならないといけない」=「なろうとしてもなれない」という意識が、根っこのところにあります。

 

こういった人類意識は、長い間、権力者たちが社会をコントロールするために利用してきました。私たちが不安に陥る否定的な情報を植え付けて、権力者たちにとって都合のよい社会をつくってきたわけです。

 

一人一人の集合意識が、「人生は思い通りにならない」「変えられない」「限界がある」というふうに、所詮はうまくいかないものという集合意識ができてしまったのです。

 

心の中に怖れや不安、相手に対する疑いがあれば、それは自分に起こったことでしかないように思えても、やがてそういった意識が集まり、世界中に憎しみや争いを蔓延させています。

 

だからこそ、もし本当に平和や穏やかさ、安らぎや繋がりを求めるのならば、まずは私たちが自分の心にしっかりと向き合わなくてはいけません。

 

そして、地球では人間が一番であるという間違った意識が、自然を再生不能になるまで破壊をしてまで自分の利益を得るという生き方を生み出しました。

 

地球の集合意識は人類だけではありません。水も植物も動物も、昆虫や微生物、土や鉱物などあらゆるものたち、すべての意識体の集合意識です。

 

自然災害と呼ばれるものには様々な解釈があると思いますが、エゴの意識で自分たちばかりを優先してきました人間に、ここ近年の天変地異の多発は、「地球には人間だけではなくて、すべての生命があるよね」と目覚めるよう教えています。

 

 

 

犬の感謝では意味がないと思います

天王寺の白い花

 

すべての生命が尊い、すべてに感謝して生きよう……スピリチュアルな世界では聞く言葉ですが、頭だけでわかっていても意味がないことですね。

 

いい言葉を言えばよいものを引き寄せると、無理にポジティブにしたって、それは怖れに根差したポジティブなのです。私たちは人生のシナリオを持って生まれてきているのですから、根っこに不安があれば「まだ不安や怖れを経験するのが足りてないんだな」と、何度も苦しい状況を引き寄せる可能性があります。これを「逆引き寄せの法則」と言うそうですよ。

 

引き寄せはともかく、私も頭だけの理解で生き物に慈しみをもとうとしたことがありました。ですが、このやり方では自分が苦しくなったときにすぐに他の生き物たちへの愛情を忘れてしまい、自分の悲しみや不安に振り回されてしまいました。

 

そういう自分を変えてくれたのはティク・ナット・ハンの教えです。

 

すべての瞬間において意識的であることは難しく、すぐにマインドレス(笑)になったりすることもあります。それでも、生のすべてに心からの慈しみというものを感じられるようになってきました。

 

私たちは怖れがあるから、力が欲しいと思い、権力やお金に頼ります。国も、資源に頼ったり騙したりしてきたわけです。本当は日本なんて、人材と文化、知性こそ大事なのに……です。

 

資本主義は支配者にとってとても都合のいいものです。昔は王様のために戦うのが大義で、敵の首をとってきたらヒーローになれましたが、現代社会でそれをやったら超危険人物です。

 

その代わりにとった手法が、「多くを所有した方が幸せ」という価値観を植え付けることでした。そのような戦後のビジョンも近年では終わりを告げつつあるようですが、いまだ根深く残っているからこそ成功ビジネス、潜在意識ビジネスが流行るのですね。潜在意識を超えていかなくては、私たちは楽に自由になれません。

 

 

私たちが生きていくために必要なものって何でしょう?

 

ひとりひとり違ってよいと思います。あなたが、「これがないなら死んだ方がまし!」と思うものは何ですか?

 

未知の探求?愛?つながり?貢献や暖かさでしょうか?チャレンジや勇気かもしれませんね。

 

この交通量の多い都会で、植物は今いるところで、自分と世界を信頼して、ありのままに咲きます。私たちもこのように生きられたら……争いは減っていくのではないでしょうか?

 

自然に学ぶことはたくさんありますね🌼

 

 

 

 

地球が快適な人口はたったの5億人

地球と癒し

 

分離の時代が終わり、ユニティの時代へ……。

 

愛と調和の世界へ移行している真っただ中ゆえに、災害といった大変なことがたくさん起こっています。地震兵器や気象兵器、鳥・豚インフルエンザは人為的な災害です。兵隊を使わずテロを起こさせる便利なものとして使われます。

 

私たち個人にも、国や地球にも言えることですが、より高次の意識に目覚めだすと肉体の意識が問題を起こすことがあります。肉体の意識は変化を嫌うので、あえて人間に恐れや不安を感じさせ、テロのような暴力を生み出すのです。

 

ところが、それらを起こしている人たちの多くはそれなりの正義のもとにやっていたりもします。

 

国連の推計によると、2055年には世界の人口は100億人を突破します。このままでは地球が破滅してしまうため、人口を持続可能なレベルまで減少させようとしているのです。

 

地球を休ませ、快適に暮らせるであろう理想の人口はたったの5億人です。

 

この「人口を5億人にする」という目標は、アメリカのジョージア州にある「ジョージア・ガイド・ストーン」という石の建造物に8か国の言語ではっきりと書かれています(日本語は入っていません)

 

アメリカで唯一、遺伝子組み換えではないトウモロコシがハリケーンで壊滅されたことがありましたが、これも人工的に起こされたものでした。

 

より大いなる意志(グレーター・スピリット)は、こういった人たちを操って人口を減らそうとしているのかもしれません。高次元の宇宙意識に善悪はないからです。

 

 

 

 

植物に敬意をはらう

山高神代桜

 

 

山高神代桜は樹齢2000年ともいわれ、日本三巨桜のひとつです。

 

年老いた腕のような幹は、実にたくましいですね。

 

現在では桜といえばソメイヨシノですが、ソメイヨシノはクローン技術のようなものでつくられた桜です。他にも観賞用に様々な手が加えられているため、40年をすぎると劣化がはじまり、すぐに倒木の危険が訪れます。

 

また、美しい桜を見るために人が集まるので、根の周りの土が過剰に踏み固められてしまうのです。土が硬くなると根の細胞が窒息し、栄養も水分も充分に吸収できなくなってしまいます。

 

樹木にもっとも大切な土壌も、都会では状態がよくありません。

 

原生林の質の良い状態の一握りの土の中には、50億の細菌、2000万の放射菌、100万の微生物、20万の菌糸などが存在して、森の中のあらゆる生き物たちを育てています。都会だと、植物の健康によい土壌ではないのに、懸命に生きていますね。

 

加えて、最近ではWiFiや携帯の電波に、24時間、植物たちは晒されて、研究でも有毒性が明確に示されているそうです。

 

暗くなるべき夜に明るいのも、植物にとっては光害となります。

 

私も、植物が好きで精油やハーブを使います。道で出会う花や木を見るのが好きです。ですが、もっと私たちは樹木の立場に立って考えなければならないのだと思います。

 

しっかりと環境を管理している自治体もありますね。そういった地域ではソメイヨシノもとても元気に長生きしているそうです。

 

私はセッションに植物療法を取り入れたり、占星術アロマテラピー®の講座を開催しています。いつも問題を解決しようとして一杯だったり、頭で常に先を考えて生きてきた人たちが、星と植物によるサポートで自己認識を深め、痛みを癒し、ゆるんでゆとりが出てきたところで意識が変わっていったらいいなと思います。

 

これから、高度な科学技術に裏打ちされながらも自然と一体化した暮らし、なんていうのが実現していったらいいな😊

 

そうして働かなくても生きていける時代になったら、みんな何をするだろう?

 

私は、こだわりの絶品豆腐をつくって、夜はそれをつまみに一杯飲めるお店をやったり、そこで映画や本の話とか5次元や宇宙人の話とかしたりしたいなぁ。豆腐をつまみに宇宙とつながる!(笑)

 

気づいたら宇宙人が来てたり!豆腐、食べないけど(笑)

 

世界中、どこにでも行きたいように行けたら、いろいろな国のおもしろい人たちに会いに行こう!

 

 

時代が二元性からユニティへ移行する、シフトのときは両極端なことが起こります。

 

例えば戦争、同時にアセンション、次元上昇する人たちが現れるなどです。自分がどれだけセンターにいられるかですみやかに移行することができるかが決まります。

 

センターにいる人のことをスピリチュアルな道を歩むと言ったりしますが、それは違います。私たちは、もともとスピリチュアルな存在が人間を体験しているだけなのです。

 

両極端な時代が終われば地球の重要な部分に大気中で乱れが起きて、宇宙人とのファーストコンタクトがいろいろな場所で起こります。

 

宇宙人とのコンタクトによって、私たちは、実は人間が魂が進化する物質である肉体の中に入ったものなのだと理解するのです。

 

そんな楽しい未来を迎えたい人は、これからの時代、集合意識がたどろうとしている道から逃れてください。

 

人類はユニティの時代に、さらに飛躍を続けます。そのためには古いシステムの決まりきったやり方を捨てなければならないのです。

 

どのような結果になるのか期待をしたり、予測をしたり、期待通りにならないと不安を抱いたりする。もしこうだったら……と自問自答したり、秘密を隠すのにエネルギーを使ったり、そういった葛藤や集合意識が持つパワーから逃れて、私たちは後世に残るような新しい高次元DNAコードを持つようになるでしょう。

 

私は今、人生のシナリオが書き込まれた12重DNA螺旋に、植物のエネルギーがどのように作用するのか研究中です。

 

植物のエネルギーは微細なので、有効なのではないかと考えているのです。

 

 

 

植物と自然環境の話をしていたのに宇宙人の話にまでなってしまいましたが、皆さん、これからの時代を意識的に楽しんでいきましょう。

 

 

いつか

 

 

星と植物が好きな人へ
占星術アロマテラピー®の入門講座を開催します!

 

占星術アロマテラピー®入門講座

開講日:2019年4月14日(日)
時間:14時30分~16時30分
参加費:8000円
持ち物:筆記用具

 

※テキスト、オリジナルミストをお持ち帰りいただきます。
※参加希望の方は、お申込みの時に母子手帳に記載されている出生年月日、時間、場所をお伝えください。
※申し込み時のお名前は、生まれたときの名前でお願いします。
※申し込みをして2日以内に返信がない場合は、送受信のミスが考えられます。
お手数ですが、メールアドレスへ直接お申込みください。

 

★お申込み・お問合せはコチラのフォームか、下記アドレスよりお願い申し上げます。

mocomoco.mitsuneko@gmail.com

 

 

 

★個人セッションを行っております

生きづらいという方、迷いや悩みがある方、魂の課題や使命を知りたいという方、セッションを行っております。
コチラのページに詳細があります。

ご相談内容にそって、心理的、肉体的なケアのご提案や、日々どのような心の在り方を維持していけばよいか、セッションのコースに合わせ具体的で現実的なフォローも充分に致します。

 

 

 

The following two tabs change content below.
イツカ

イツカ

名前:イツカ  ヒーラー、心理占星術家、神秘家。禅僧ティク・ナット・ハンや神秘主義的教えをベースにセッションやワークショップを開催。多次元的なヒーリングと、内的な葛藤、過去世の問題、幼少期のプログラミング、転生間の魂レベルの課題など、多くの側面からアプローチをし、自らの内なる力を発揮できるようサポート。最先端の医療や食の事情を発信、美容、瞑想、呼吸法など魂と肉体の意識を統合し、日常とひとりひとりの内的な調和、自身と他者を生かす在り方が地球との共存可能な世界を導くというビジョンのもと、日々の歩みとともに実践している。
アドセンス

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-6530303901137473”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA